花のち晴れ

花のち晴れネタバレ最新110話確定【音の叔母さんが登場】

花のち晴れ 101
スポンサーリンク
Pocket

2019年12月8日発売の少年ジャンプ+掲載漫画『花のち晴れ』最新110話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

季節もクリスマス一色で、晴と音が近づくシーズン突入です!

懸念材料だった、音の叔母さんも隣町に住んでいるようなので、それほど心配にはならなそうでよかったと思いますね。

それでは、2019年12月8日発売の少年ジャンプ+掲載漫画『花のち晴れ』最新110話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<花のち晴れ最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

花のち晴れネタバレ最新110話「音の叔母さんが登場?」

街はすでにクリスマス一色になっています。

街角には大きなクリスマスツリーが飾られており、4人は毎年クリスマスを自分たちはどんなふうに過ごしていたのかを思い出していました。

毎年、晴の家で5人そろって飽きもせずにパーティーしていたことを思い出します。

やはり、コレクト5は仲良しなんですね!

 

西門からの誘い

そんな話をしていた所、一茶のスマホに西門総二郎からお誘いの連絡が入ります!

実はつくしの一件がきっかけで、知り合いになったようですね。

それから2人は連絡を取り合う仲になったそうです!

確かに、一茶と西門の境遇や家柄は似ているので、意気投合したのだと考えられますよね。

華道家でありながら、名前が茶人の名前という奇抜さも忘れられない要素になったでしょう。

西門らしい誘い方もかっこよかったですね!

そんな一茶は、ウキウキ気分で総二郎の元へ行きます。

そして、杉丸はトレーニングがあるからとその場を立ち去って、残された愛莉と海斗。

杉丸の気遣いもよかったですよね!杉丸にもいい人が現れてくれると嬉しです。

ふたりっきりになった愛莉と海斗は、夜景を見ながらいい感じの雰囲気です。

晴と音にばかり気を取られていましたが、この2人もかなりラブラブなんですね!

 

音の叔母さんが登場

その頃、音と晴は音の家で急接近していました!

しかし、音が耐えられなくなって、そのまま廊下で膝から崩れ落ちます。

かなり純粋な恋愛を見ているようで、こちらまで心が洗われるよな気がしますね。

一瞬、沈黙が流れて、2人は照れながらも、気まずさを感じています。

そして、晴は音を自分の家に誘い、晴の家でこの続きか?と思われたところに、「ピンポーン」と誰かがチャイムを鳴らします。

現れたのは、音ママの姉である妙子おばさんでした!

さすが、ナイスタイミングですね!

いきなりの叔母さんが登場したことで、晴は緊張を隠せないようです。

しすぐに礼儀正しく挨拶をして、その甲斐あってか「ちゃんとした素敵な子じゃない」と安心させられたようです。

そして、いっぱい遊びに来てあげてといい、叔母さんは隣町に住んでいるのであまり見に来られないと言います。

晴の想像では、かなり怖い叔母さんを想像していたことでしょう。

ただ、そのイメージはいい意味で裏切られ、優しくて感じが良かったため拍子しています。

叔母さんは、音の様子を見て、挨拶だけするすぐに帰っていきました。

晴はこれからの自分達のことについて話し、父親としっかり向き合うことにするようです。

音は、道明寺のように世界中を飛び回るようになるのか?と心配しています。

そして、晴はこのまま一緒にいると、次は自分の気持ちや行動が止められなくなると確信したようで、そのまま帰ることになります。

晴も本当に純粋でいい奴です。

晴の忘れたストールを届けに音が、追いかけてきて、そしてそのまま晴に抱きつき、自分も一緒についていくと言い出します。

 

スポンサーリンク

花のち晴れネタバレ最新110話「それぞれの恋が進展?」

いつの間にか一茶と西門総二郎が仲良くなっていて、連絡を取り合うようになってたとは驚きました!

よくよく考えてみると、2人はキャラ的にもよく似ていますからね。

親しい関係になるきっかけは、十分にあったと思うので何ら不思議ではないです。

 

コレクト5の恋はどうなる?

愛莉と海斗との関係もとっても良い感じで、落ち着いたカップルでしたね。

本当にこの2人はお似合いで、音と晴とは違った雰囲気で、ラブラブシーンは見ているこっちも癒やされますね。

なので、個人的にはもう少しこの2人のエピソードが見たいような気がしますね。

ひとり残った杉丸でしたが、2人に気を使って帰るのは、せつなく思えてきました。

本人はトレーニングがあると行って立ち去っていましたが、本当は愛莉と海斗に気を使ったからでしょうね。

杉丸は今は筋トレが全て、女の子に興味はないのかな?と思いますが、そのうち誰かと恋におちてほしいです。

となると、杉丸はF4でいう美作あきらのような立ち位置かもしれませんね。

花男では美作の恋愛は、ほとんど描かれていませんでしたが、花のち晴れでは、杉丸の恋愛は是非とも描いてほしいですね。

2人で筋トレデートでもするのでしょうか・・・

 

叔母さんもいい人キャラで安心

せっかく良いムードだったのに、やっぱりタイミングよく妙子おばさんが登場しました!

個人的な考察では、かなりたちの悪い叔母さんが登場すると思われましたが、実際にはかなりいい人オーラが漂う感じの人でした。

ただ想像していたよりもかなり感じが良くて、キャラもいたって普通です。

反対するどころか、2人の気持ちを尊重して、温かく見守る感じが伝わってきたので、味方になってくれそうですね。

しかも、妙子おばさんは隣町に住んでいるので、今後もそれほど登場する回数は多くないと思われます。

また、晴の様子を見て、頻繁に様子を見る来る感じでもなさそうですから、どんどん2人の距離が縮まっていくことでしょう。

 

神楽木家と音

それにしても、音が一人暮らしを初めてから、本当に晴は日に日にいい男感が増しています。

自分の気持ちを抑えて、音の気持ちを優先し、考えて常に行動しているところが最高ですよね。

今回も、自分の気持ちを止められなくなるからと、帰るあたりは本当にかっこよすぎます!

音は、「えっ?」みたいな反応でしたが、気持ちが高ぶってしまい、ついに音も自分から行動に出てしまいましたね!

晴は自分を止められないと音に忠告していたにも関わらず、それを知ったうえで晴を追いかけてきたわけですから、この後の展開は非常に気になります!

もう叔母さんが来ることもありませんからね・・・

さすがにここでまたお預け状態じゃ物足りないですから、このまま晴の家でイチャイチャ状態の続きが見られるかもしれません。

また、晴が父親と向き合うという話をしていたので、音も神楽木家と何かしらのハードルが現れるかもしれませんね!

とりあえず、クリスマスが終わるまでは、このいい雰囲気のままでいて欲しいと思います。

<<花のち晴れ111話に続く

 

スポンサーリンク

「花のち晴れ ネタバレ 最新 確定」まとめ

ここまで、2019年12月8日発売の少年ジャンプ+掲載漫画『花のち晴れ』最新110話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

今回は幸せオーラが凄く伝わるような展開の連続で、ニヤニヤが止まらない回でしたね。

懸念事項だった叔母さんに関しても、かなりいい人みたいなので反対どころか、背中を押してくれそうな感じです。

また、ついていくといった音と晴はこの後、どのような進展を見せるのか?ここは最大の注目ポイントでしょうね。

関連サイト:週刊少年ジャンプ+公式HP/ウィキペディア/ドラマ公式サイト

スポンサーリンク