ベルセルク

ベルセルクネタバレ最新359話確定【ガッツとキャスカの関係性】

ベルセルクネタバレ最新358話確定
スポンサーリンク
Pocket

ヤングアニマル掲載漫画『ベルセルク』最新359話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

連載とはいえ数か月間連載が止まることもある、ベルセルクですが巨人属との戦いなど見どころが非常に豊富です。

石柱の回廊の出現など、これからどうなるのか気になる展開になっていますので、皆さんと一緒に見ていこうと思いますよ。

それでは、ヤングアニマル掲載漫画『ベルセルク』最新359話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

スポンサーリンク

ベルセルクネタバレ最新359話「妖精島が味方になる」

ファルコニアの鷹の団は、巨人の王を倒したことで、一帯を制圧しました。

このように、これからも掃討していくと思われ、どんどん勢力拡大していきそうです。

東は巨人の王を討ち平和を実現さることに成功しています。

ということは、これからも3体ほど他の王と戦う可能性は高いと思いますよ。

巨人に限ったことではないですが、ギリシャ神話に出てくるのは怪物が多くて、目立つ印象ですよね。

次回からはケルベロスだとかキマイラになるのかもしれません。

そして、最終的に地獄とも称されているタルタロスが出てきて、大きくストーリーが進んでいくことでしょう。

思い出してみると、ガニシュカが魔王となって自我を失っています。

このことから、本当の深淵が現れるとしたら・・・

流石のグリフィスたちであっても、劣勢になる可能性はあるでしょう。

 

ガッツの行動はどうなる?

キャスカが目覚めたことで注目されているのは、ガッツは次にどんな行動を起こすことになるのか?ということです。

キャスカはようやく自我を取り戻したようで、一安心しましたが、ガッツと会うや否な、わああと叫び再びトラウマを思い出してしまった描写があったのは心配要素っです。

これで再び心が塞ぎこんでしまったら、全然話が進まないですからね(笑)

さらには、ダナンとファルネーゼとシールケの苦労が水の泡になってしまうので、流石にもうそろそろキャスカが正気を取り戻して、物語を進展していってください!

もしそうでなければ、キャスカはここでお留守番って事もありえてますからね。

やはり憎きグリフィスを追いかけて、船旅に出ることになるのでしょうかね?

20万ものクシャーン軍を追い払ったグリフィス率いる鷹の団。

それにガッツが一人で勝てるはずもないですから、ガッツ側も最低、軍と呼べるだけの兵力を持ちたいところ。

もしかすると、妖精島にいる彼らが力を貸してくれるのかもしれません。

妖精島という場所には、妖精やらユニコーンやら動き樹や魔女がいます。

妖精島の彼らが何かに似てるなと思っていましたが、映画のロードオブザリングを彷彿とさせます!

これだけ魅力的なキャラクターでありながら、これっきりとなるかもしれないというのは残念でなりませんので、ガッツの味方として活躍して欲しいですね。

ファルコニアと対峙していく事になることは、間違いないんじゃないかと思えます。

その起爆剤として、期待されるのが大魔導師の誰かからまた予言なるものが発表されたりするのかもしれませんね。

 

さらに事態は混迷を深める

フォルコニアは強くなったと本当に感じます。

そして、自分自身も強いことはさることながら、人を使うこともできるようになったのは、かなりの成長であると感じます。

内政問題についての討論の文字数が多くて読むのが疲れたと思います。

国力は国民の人数と土地の広さで決まると言われているようですが、グリフィスの演説も素晴らしいもので、これこそカリスマという感じでした将来をも感じさせました。

見据えた回である雰囲気がりました。

今後ガッツ、グリフィス、キャスカが、どんあ再会と展開を見せてくれるのか?気になりますね。

予測できない展開なんかが起こるとも十分に予想されますね。

その頃にはきっとガッツについていくという旨をグリフィスに対して、言える様になっているかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

ベルセルクネタバレ最新359話「ガッツとキャスカ」

短いフレーズと挿絵とから第358話がどんな内容のものか気になります。

展開を予想していきますと、グリィフィスにより王都ファルコニアで要人を集めて会議が催されることになりそうです。

この会議の内容が今後の展開に大きく影響することは言うまでもないので、大きなターニングポイントになることは間違ないでしょうね。

 

ファルコニアの会議で話す内容は?

もしそうなれば、話し合われるのは第2のファルコニアを建設する話や、まだ平和的平定していない他の土地をどのように統治をしていくのか?

また、巨人討伐で武勲をあげたものの評定会議なんかもやらなければならないですよね。

他には、違う場所に休みなく遠征していき、バッサバッサと討伐を繰り返すというような、そんな展開もあるかもしれません。

巨人と新生鷹の団の熱い戦いが繰り広げられた後、新生鷹の団が狂人に圧勝するであろう終わり方になっています。

なので、新生鷹の団が今後どのような動きをして行くのか、その動向からも目が離せないですね。

もちろん、ガッツ達がグリフィスの新生鷹の団との戦力差を埋める為に、仲間をどうやって増やすのかなどの内容になっていくのではないでしょうか。

 

ガッツとキャスカの関係性は?

読者が一番知りたい『うわあああ』の声の主って誰なのでしょうか?

おそらくこの声の主も明確になってくることでしょう。

これまで何度も一悶着あった、ガッツとキャスカとの関係も注目ポイントの一つになると思います。

二人の間の溝が解消されずに、悪化てしまう感が否めない気がします。

もしそうなってくると、ベルセルクの終結が遠のいてしまうことでしょう・・・

さらに最新話で恐れていることといえば、掲載する内容がとても短いということではないでしょうか。

実際に第356話の巨人は、わずか9頁で終わってしまってます。

なので、その掲載量の少なさに他のブログでも批判されていたようですよ。

今回もかなり期間があいているので、ベルセルクファンの期待は非常に大きなものであることは、三浦先生もヤングアニマルの編集者の方も十分に理解していると思います。

<<360話に続く

 

スポンサーリンク

「ベルセルク ネタバレ 最新 確定」まとめ

ここまで、ヤングアニマル掲載漫画『ベルセルク』最新359話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

ガッツがどのような行動をとることになるのか非常に気になるところではあります。

ベルセルクの基本的なストーリーは、ガッツがグリフィスに対して恨んでいるということです。

なので、個人的にはガッツも仲間を引き連れてグリフィスと対峙していくのでは?と思っています。

また、最新話が少しでもボリュームがあるように祈っています(笑)

関連サイト:ヤングアニマル公式HP/ウィキペディア/ベルセルク公式サイト

スポンサーリンク