スキップビート

スキップビートネタバレ最新273話確定【モー子の強さは男前でかっこいい】

スキップビート 273
スポンサーリンク
Pocket

2019年8月20日発売の花とゆめ掲載漫画『スキップビート』最新273話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

キョーコと蓮が偶然再会するというハプニングがありながら、逃げ出してしまいましたね・・・

キョーコはもっと自信をもって良いのでは?と思いましたが、やはりトラウマになっているのでしょうかね。

そんな中、モー子も絡んでどのような展開になっていくのでしょうか?

それでは、2019年8月20日発売の花とゆめ掲載漫画『スキップビート』最新273話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<スキップビート最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

スキップビートネタバレ最新273話「主演はいわくつきの人物?」

キョーコは話を聞いてもピンときてないようです。

そこでモー子さんが「アンタ会ってるわよ ミスターデュリスよ」と言います。

ここまで言われても、まだピンとこないようです。

「どちら様もセンキュウパーティー改めグレイトフルパーティーでマリアちゃんに招待されていた『トラおじ様』よ」

キョーコは目を丸くしています!

脳裏によみがえってきたのは、かのパーティーでパンパカパーンとなってるトラおじ様だったのです。

 

トラおじ様の正体は?

タレント部主任・椹がキョーコに頼みとは、奏江がアメリカの仕事を獲得するために、日常の英語会話の練習につきあって欲しいというものでした。

「大親友」として、その英会話の講師は受けたいところだったのですが、キョーコの英語は商業用で自然体ではなく、日本語でいうと敬語の部類になるとのことです。

打ち解けにくい英会話になるのではないかと心配していますが、グイグイ行くよりいいかもしれないとのことで、問題ないそうです。

というのも、主演男優がヤマトナデシコ幻想を抱いているようです。

その祖父はなんと、以前パーティで会ったミスターデュリスで、マリアちゃんに招待されていた『トラおじ様』だったのです!

かなり破天荒な人でしたが、キョーコにとっては好ましいおじ様だったみたいですね。

少し話をさせてもらった時に『プロモーター』って言っていたことを思い出したようです。

しかし、そんなスゴイ人だったなんて知らなかったようです!!

社長の友人だということは、やっぱりただのお調子者でノリの良いただのおじ様ではなかったようです。

勝手にそんな評価をしていたトラおじ様は、実は「勝利者の父」と呼ばれるほどの腕前をお持っているそうです。

 

主演の俳優はいわくつき?

主演内定の俳優の名前は、セドリック・D・ベネットということで、キョーコが思い出していたのは、いまわしい事件でした。

その事件とは自分に薬を盛って、陥れようとした森住の今の想い人だということです。

打ち合わせが終わると、モー子がキョーコの異変に気がついて、心配して声をかけてくれました。

「何か考え込んでるみたいだし、それにセドリックの名前聞いてから、ずっと変な顔してる」

セドリックが嫌いだったかと聞かれますが、実際は嫌か好きかも正直よくわかんないとのこと。

好き嫌いよりもセドリックをめぐる背景にひっかかっているようです。

森住さんの想い人であるということが、フクザツな気持ちになっているとのこと。

この思いを告白するキョーコですが、モー子さんは意味が分からないと一蹴。

「…森住ナントカは敦賀さんの想い人ってのは勘違いだったんでしょ?なんでアンタが凹むのよ(怒)」

「…だから…っそこが複雑なんだってばあ…っ」

森住が敦賀の想い人だったということは、実際は勘違いだったにもかかわらず、なんで凹んでいるのか聞かれ、キョーコは複雑な気持ちを告白しています。

とはいえ相手が、人間性に問題のある森住じゃなかったのは、不幸中の幸い?という感じで良かったですが、あんなに悩んで自分の気持ちを抑える努力をしたのに…!

そんな気持ちだったと告白したキョーコに対して、奏江が言った言葉は、

「……つまり

なによ嘘つき!!

随分と移り気が過ぎるじゃない‼

よりにもよって、あんな妖艶とはこうだと‼

体現した様な大人の女性に流れるなんて‼

所詮あんたも下半身が本体のただの雄猿だった訳!!

だまされたわ!!

ってアンタは思ったと。」

怒涛の如く今の気持ちを代弁してくれましたね(笑)

「気をそらしてあえて、あやふやにぼかしておいた醜い気持ちを、的確に形にしないでぇぇええ!!!」

モー子の言葉に顔を押さえて、発狂しているキョーコに、しれっと優しい言葉をかけています。

非難するような気持ちになってしまっても、自己嫌悪する必要はないと言ってくれていましたからね。

それなのに、カバンを握りしめながら、自己嫌悪する言葉を泣きそうな顔で言っているキョーコなのでした。

 

スポンサーリンク

スキップビートネタバレ最新273話「蓮とまさかの遭遇?」

ちょうどそこに通りかかったのは、マネージャーと敦賀蓮でした。

蓮がキョーコに話しかけようとして歩み寄ろうとするも、『香奈と蓮の結婚肯定』の被害妄想が炸裂していたキョーコは、猛ダッシュでその場から逃げるように離れてしまいます。

本当にタイミングが悪いですよね・・・

まだ、蓮と会う時じゃないと個人的にも思ってしまいました!

 

モー子が心強い!

キョーコは

「ダメです!!!全然ダメですっ

私今!!!

とても忙しいので!!!」

失礼しますーーー!!!と逃げ去るキョーコを蓮は追いかけようとしましたが、そんな蓮を遮るように、壁を蹴りつけたのが奏江のハイヒールでした。

奏江の目は、蓮を睨みつけていました!

このあと、奏江がどのような一言を発するのか非常に気になる所です。

キョーコを守ってくれる最強の姉御と言っても過言ではないですよね!

また、蓮もなにか言いたげでしたので、どんな言葉をかけるつもりだったのか非常に気になる所ではありますね。

 

弱気なキョーコ

やはりまだ蓮に対する苦手意識があるようです。

なぜそこで妄想するのか?なぜそこで逃亡するのか?キョーコらしいといえばそうですね。

仕事以外の場面で、特に自分の恋に対しては本当に弱気になってしまうのがキョーコですね・・・

これはショータローが原因というよりも、どちらかというと母親に捨てられたからという側面が多いような気がします。

そのため、自己肯定感がなかったということもあると思いますし、自分が愛するのは問題ないですが、他者からの愛情が怖かったりするのかもしれませんよね。

ここで頼りになるのがモー子さんではないでしょうか?

いよいよキョーコの為にひとはだ脱ぐのでしょうか…!?

姉御!! お願いしますという所ですが、どのような展開になっていくのか非常に気になる所ではありますよね!

<<スキップビート274話に続く

 

スポンサーリンク

「スキップビート ネタバレ 最新 確定」まとめ

ここまで、2019年8月20日発売の花とゆめ掲載漫画『スキップビート』最新273話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

キョーコと主演俳優の複雑な関係や、蓮との遭遇など様々な要素がてんこ盛りになっているので、大きな展開になっていくことでしょう。

それにしても、モー子の強さは男前でカッコイイですよね!

連が今後キョーコと普通に話せる時が来るのか?恐らくその時は、キョーコも弱気な部分を克服していることでしょうね!

関連サイト:花とゆめ公式HP/ウィキペディア/スキップビート公式サイト

スポンサーリンク