赤髪の白雪姫

赤髪の白雪姫ネタバレ最新110話確定【白雪に白薔薇を差し出す1人の男】

赤髪の白雪姫ネタバレ最新110話確定
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2019年8月24日発売の月刊LALA掲載漫画『赤髪の白雪姫』最新110話のネタバレ確定・あらすじ・感想をご紹介していきます。

前回白雪たちは、ルギリア家の当主と会う事を求めていました。

苦戦するかと思いきや、すんなりとその願いはかないました。

それを叶えてくれたのは、ルギリア家家来シュウ・グラトリでした。

そんなシュウは「一晩立てば月の形も変わるもんでしょ」と意味深な言葉から察するに、何やら思惑があるようでした。

当初は会うことに否定的であったのにもかかわらず、オビを尾行してまであった理由とは何だったのか気になるところです。

また取り次ぐと言ったのにもかかわらず、何故に夜会絵の招待だったのかも謎が深まるばかりです。

そして貴族のパーティーに出ることとなってしまった白雪たちが、どんな行動をするのかも楽しみですよね。

そこで今回は、2019年8月24日発売の月刊LALA掲載漫画『赤髪の白雪姫』最新110話のネタバレ・あらすじ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。

<<赤髪の白雪姫最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

赤髪の白雪姫ネタバレ最新110話『エイセツ様主催の夜会へ招待された白雪達』

 

夜会に緊張する白雪達

新種であるフォスティリアスを植える許可を得るため、白雪たちはエイセツへ謁見を希望しました。

するとオリオルドに訪れていた家来である、シュウと知己を得ることに成功しました。

さっそくシュウの屋敷を訪れるた白雪たちではありましたが、突然エイセツ主催である夜会へ招待されてしまったのであった。

なんとも煌びやかな服装に着替えた白雪たちは、ルギリア邸へと到着していました。

なのですが広間まで案内したシュウは気を使ってか否か、エイセツの身が空く頃に呼びに来ると去っていってしまったのだった。

そんな中で白雪は、夜会の趣旨を聞いていないため呼び止めようとしていました。

しかし、不可解なぐらつきを感じ倒れそうになってしまったのであった…。

 

まさかのシュウからの求婚?

体勢を崩しぐらついてしまった白雪の後ろにいたのは、緊張しきったリュウの姿が…。

緊張のあまりリュウは、白雪の長いドレスの裾を踏んでしまったのであった。

オビに声を掛けられたことで、リュウは自分のしでかしてしまった失態に気づく。

そして、慌てて裾の汚れを落とそうと腰を落としたリュウ。

その瞬間、オビは思わずリュウの行動に目をぎょっと見開いた。

片膝を地につけ、白雪を見上げるその姿。

それはまさに求婚のソレであった…。

そんな姿に一瞬遅れて、周囲の貴族たちが面白がるように2人を見物しだす。

シュウが求婚と言う言葉を使った事によって、リュウは初めてそのことを理解したのであった…。

 

白雪たちに興味を示したエイセツ

リュウは、敬礼でもするかのようにびしっと立ち上がった。

そんなリュウに対し白雪は、大声で裾を直してくれたことに対してのお礼を告げた。

そして、リュウも顔をまっさをにしながらも、大声で白雪の話に乗っていた。

シュウは、咄嗟の機転でその場を乗り切った白雪たちを笑いながら去って行ってしまったのであった。

そんな、貴族らしくはない白雪たちの姿を見る人物がもう一人…。

奔放さのある白雪たちに交換を示したのは、その主でもあるエイセツその人であった。

エイセツは、白雪たちがどんな人なのかと想像をめぐらしていたのだった…。

 

スポンサーリンク

赤髪の白雪姫ネタバレ最新110話『思いがけない人物との再会』

 

まさかのヒサメとの再会

夜会など初参加であるリュウ。

そんなリュウを気遣いつつ、白雪は夜会に参加していました。

しかし、周りの貴族たちは赤髪からも白雪に気づいているはず。

にもかかわらず、不自然といってもいいほどに誰も近づいてこないのであった。

そんな空気に白雪は、王城での夜会とは微妙な雰囲気の違いを感じていた。

しかし白雪は、その理由が何なのか分からないでいました。

そんな中で、白雪の背後から一人の男が近寄ってきました。

突然、白雪は背後から声をかけられ驚き振り向きます。

すると、そこにはヒサメの姿がありました。

心臓をバクバクさせながらも白雪は再会の挨拶をする。

それに対して、ヒサメは何故かオビだけが呼ぶお嬢さんという呼び方を口にするのであった。

ミツヒデの大親友であるヒサメが、そのことを知っていることに、オビは手紙の内容を読まれたとに気づいたことで珍しく慌てるのだった。

もっとも、ヒサメは一行に取り合うことはしませんでした。

しかし、白雪達をとある彼女の元に案内したのであった…。

 

居残りのゼンとミツヒデ

その頃、居残り組みのゼンとミツヒデの2人。

木々とヒサメが、うまくやってくれているのかと心配をしている様子です。

ゼンは夜会へと招待されていなかったため、自分も行きたいと呟いていました。

しかし、すかさず無理だとミツヒデは言い放つのであった…。

ゼンはウィラント内で、三組に分かれて行動中な現状を面白がってはいました。

しかしながら、何も起きないことを願いつつもゼンはそのままソファーで眠りにつくのであった…。

 

スポンサーリンク

赤髪の白雪姫ネタバレ最新110話『白雪に白薔薇を差し出す1人の男』

 

木々との再会

一方、夜会ではヒサメに案内された白雪が木々との再会を果たしていました。

久しぶりに再会することのできた白雪は、木々の手を取ります。

そして、突然の再会に素直に喜んでいました。

また、白雪は木々にいつか髪を切って欲しいと願っていました。

すると木々もまたそんな白雪の姿に対し、柔らかな笑みを浮かべつつも了承するのであった…。

 

2人が夜会に参加した理由?

そんな木々との再会を喜ぶも、白雪はゆっくりとしていることもできない状況。

そこで白雪たちは木々たちに、ここへと至るまでの経緯を話しを始めました。

そして同じく、木々とヒサメもまた2人だけで夜会へと参加した理由を白雪に告げるのでした。

互いの状況を話していると、広間の方から賑やかな音楽が流れてきたのです。

そこでヒサメは、ここでよからぬ噂を立てられないためにも、堂々と踊ろうと白雪を誘い手を引いたのでした。

白雪は拒否をしようにも、そんな間もなく連れて行かれてしまったのだった。

そんな白雪とヒサメの踊りをオビが見守っていると、そこへシュウが戻ってきたのであった…。

 

白雪に白薔薇を渡す男とは?

シュウが戻ってきたことで、遂にエイセツとの謁見かとオビは気を引き締めようとしていた。

しかしながら、シュウはエイセツにはすでに声をかけていると話すのだった。

舞踏会の中で何をと思いながらもオビは、白雪たちに視線を向けました。

するとそこには、白雪に白い薔薇の花を渡す一人の男の姿があったのだった…。

<<赤髪の白雪姫111話に続く

 

スポンサーリンク

『赤髪の白雪姫 ネタバレ 最新 確定』まとめ

今回は、2019年8月24日発売の月刊LALA掲載漫画『赤髪の白雪姫』最新110話のネタバレ・あらすじ・感想をお届けしてきましたがいかがでしたでしょうか。

夜会への招待も木々たちとの再会と、次々と起こるイベントが目白押しと言った感じでしたね。

白雪は木々との久々で偶然の再会に素直に喜んではいたようですが、またもや唐突の事態が起こることとなってしまいましたね…。

シュウの言葉から察するに、白雪に白い薔薇を渡していた男こそがエイセツのような気もしていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

とはいえ白雪たちはエイセツと、どのような出会いをして、どのような事が起こってしまうのか、次回が楽しみで仕方ありませんよね。

そんな気になる次回の赤髪の白雪姫『第111話』が、掲載されるLaLa発売日は9月24日になりますので、お忘れなく!!

関連サイト:月刊LALA公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク