花のち晴れ

花のち晴れネタバレ最新104話確定【つくしを迎えに来たのは誰?】

花のち晴れ 104
スポンサーリンク
Pocket

2019年9月15日発売の少年ジャンプ+掲載漫画『花のち晴れ』最新104話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

牧野つくしが登場してから、驚きの展開となっていますね。

プライベートジェットに乗り込んだ牧野つくしですが、その後どうなったのか気になる所ですよね・・・

やはり、長い間道明寺とも会えていないので、ストレスや寂しさもあったのでしょうか?この後の展開は、牧野つくしメインで進みそうです。

それでは、2019年9月15日発売の少年ジャンプ+掲載漫画『花のち晴れ』最新104話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<花のち晴れ最新刊14巻発売日予定いつ?あらすじ・感想も紹介

 

スポンサーリンク

花のち晴れネタバレ最新104話「つくしを迎えに来たのは誰?」

プライベートジェットに紛れ込んだ牧野つくし。

かなり爆睡しているようで、寝ている状態で皆に見られているにも関わらず、全く起きる気配はありません。

飛行機に乗っているメンバーは、本当にこの人物は道明寺司の彼女なのか?牧野つくしなのか?と半信半疑のような感じですね。

そんな中で、海斗はメンバーに「本人だ」と伝えています。

実はこのプライベートジェット機に乗り込む時に使ったパス(通行許可証)を見せました。

その証拠を見てメンバーはやっと本人であることを認めました(笑)

 

つくしが目覚める?

勝手にジェット機に乗り込んできて、爆睡しているつくしに対して、晴は暴言を吐いていますね。

すると、そんな晴の声に反応したのか、つくしが目を覚まして立ち上がります!

これには驚く一同。

しかし、つくしは踊りながら、何やらブツブツ念仏みたいなことを唱えて、再び爆睡するのでした。

飛行機が日本に到着すると、晴が突然、音の家に一緒に行くと言い出します。

しかし、音は今日は来てほしくないと言います。

音の話だと、親にLAに行くときに晴のことは話していなかったので、晴がいきなり家に来たら、収拾がつかないことになりそうだと思っているようです。

そんな音の言い分を聞いても、晴は納得がいかないようです。

そこに、やっと起きたつくしが現れて、晴に対して飛行機に乗せてくれたお礼を言います。

つくしはそのままどこかへ行こうとしますが、音は呼び止めて、自分の家に招待します。

結局、3人だったら晴も音の家に来てもいいとのことらしく、3人で音の家へ行くことになります。

音が住んでいるアパートに着くと、外観を見てつくしは親近感が湧いていました。

この時点で、完全に二人は意気投合しており、晴は置いてけぼり・・・

家に帰ると誰もいないようでした。

つくしはスマホの着信履歴を確認すると、青ざめますがこれは分かり切っていたことでしょう。

晴はLAから逃げてきたつくしにガッカリしたと言っており、それを聞いた音は止めようとします。

すると、つくしは自分がLAから逃げてきた理由を語り始め、長い間司に会えないことが辛いと吐き出し、時々今の生活にくじけそうになると言っていますね。

そんな話をしていると、突然ドアから誰かの声が聞こえます。

 

花沢類がやってきた!

現れたのはなんと花沢類でした!

前回の登場では、花沢類は非常階段で登場しています。

英徳学園卒業後もお気に入りの場所だったようで、牧野つくしとも出会った屋上の非常階段に時々訪れているようです。

そこへ神楽木晴が駆け込んだ非常階段にいたのが、花沢類でしたね。

偶然出会って会話をすることとなりますが、花沢類は覚えていません・・・

実はLAの椿から連絡をもらって、ずっとつくしのことを待っていたとのことです。

どんだけ牧野のことを好きなんでしょうかね?早く花沢類にも幸せになって欲しいのです。

この突然の登場に一番驚いていたのは晴でしたね!!

そして、このごちゃごちゃのタイミングで、音の両親が帰ってきて、今後の展開は全く分からないものになります。

しかし、音とつくしがここまで意気投合するのは予想できませんでしたね。

音は優柔不断なので、つくしと合わないと思っていました。

過去にも晴と天馬、一体どっちなのか?という感じの時期もありましたからね。

また、とにかく突き進むつくしとは逆に、鈍すぎる一面もあります。

優柔不断な上に鈍いとなると、つくしとは正反対で、救いようがない気がしますがこれからどのような関係になっていくのでしょうか?

 

スポンサーリンク

花のち晴れネタバレ最新104話「音と晴が遠距離?」

音のアパートにつくしが来ること自体予想外ですが、さらに花沢類まで来て今後の展開は謎です・・・

それにしても、花より男子の続編ですが、豪華な演出で楽しませてくれますね。

卒業してから時間が経っていても、つくしのことになると高い行動力を見せる花沢類は最高ですよね!

そして、相変わらず優しさの塊みたいな人です。

とはいえ、つくしと花沢類が登場した副作用で、音の晴の存在が・・・

皆さんも薄く感じてしまうのでは?

ただ、晴はつくしのイメージは相変わらず悪いですが、花沢類の登場によってテンション最高潮ですからね!

 

音と晴の展開はどうなる?

今の状況で、つくしと花沢類がいるとなれば、晴も音の両親に挨拶もままならないでしょう。

このアパートに6人いるのは、かなり息苦しいですしね。

現状、この場では晴の名誉挽回は無理そうなので、先になりそうですね。

また、音と晴が離れ離れになるという展開の可能性もあるようです。

音がLAに言っているときに、両親が話していた内容がその真相となることでしょう。

ちなみに、音のお父さんが3人で暮らしたいと言っていたこともあったので、きっとそれ関連の話をするものと思われます。

しかし、3人で暮らすとなると2人はしばらく遠距離恋愛になる可能性も?

それとも、可能性は低いですが音が一人暮らしを始めるような展開もあるでしょう。

個人的には、一人暮らしパターンの方が展開が面白くなりそうですが、裕福な生活をしていたものの、父親の事業失敗により貧乏生活を送っている状況から考えると、厳しそうですね。

コンビニでバイトをしながら生活しているので、一人暮らしの可能性は低いと思われます。

 

他のF4は再登場する?

「花より男子」より2年後が描かれた「花のち晴れ」には、元F4メンバーが全員が登場していますが、2年後どんな仕事をしているのでしょうか?

まず、道明寺司ですが、実家は大財閥なのでケタ違いの大金持ちであることは間違いないでしょう。

道明寺財閥の御曹司なので、このまま近い将来は道明寺財閥を継ぐことになるでしょうね。

今回再登場した花沢類は、実家は花沢物産で裕福です。

とはいえ、マイペースで何を考えているのか分からない自由人なのは相変わらずです。

なので、仕事はしてない感じがしますね・・・

また、F4の中で「花のち晴れ」に一番登場している率が高いのが西門総二郎なんです。

弓道のシーンが多いですが、家元にってしっかり本業もこなしていそうですよね。

最後に、総合商社美作商事の社長の息子である美作あきらは、高校生の時から副社長を務めるなど、仕事の才能はピカ一。

仕事ができる男なので、他にも手広く何か事業をやっていてもおかしくなさそうですね。

 

スポンサーリンク

「花のち晴れ ネタバレ 最新 確定」まとめ

ここまで、2019年9月15日発売の少年ジャンプ+掲載漫画『花のち晴れ』最新104話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

牧野と花沢類の印象が強すぎて、音と晴の印象が少なく感じた回でしたね。

しかし、音の生活環境が変わる可能性もあるので、晴との関係性も変化していくのではないでしょうか。

また、脱走した牧野を迎えに来た花沢類は、どのように牧野と接するのか見ものです。

関連サイト:週刊少年ジャンプ+公式HP/ウィキペディア/ドラマ公式サイト

スポンサーリンク