凪のお暇

凪のお暇ネタバレ最新38話確定【凪と母親の展開予想】

凪のお暇 38
スポンサーリンク
Pocket

2019年9月26日発売のEleganceイブ掲載漫画『凪のお暇』最新38話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

慎二の働きもあって、徐々に凪は母親の呪縛から逃れようとしていると思いますね!

これは、かなり良い兆候ではないでしょうか?

やはり、なんだかんだ言って慎二の存在の大きさに気づかされるような展開になりそうな気がしますが、どうなんでしょうか。

それでは、2019年9月26日発売のEleganceイブ掲載漫画『凪のお暇』最新38話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

スポンサーリンク

凪のお暇ネタバレ最新38話「慎二の登場でどうなる?」

桃園が登場かと思いきや、慎二が出てきて動揺しまくりです(笑)

凪の頭に触れながら、今日のことで色々変更あったことを言います。

それをケータイにメールしといたんだけど見たと言っている慎二。

そんなメールに全く気が付かなかった凪は、慌ててトイレに行って、メールをチェックするのでした。

 

なぜ慎二が登場することに?

桃園ではなく、慎二が来たのには訳がありました。

実は朝に桃園が骨折して、入院してしまったとのこと。

それで、急遽代打を頼まれたのでした。

凪と慎二の過去の関係についても、スナックバブルのママがバラしていたようですし(笑)

慎二はこの連絡を受けたときに、実家で兄の部屋を片付けていました。

トイレでメールを確認して、やっと状況を把握したようです。

しかしながら、今日まで凪がイメージトレーニングしてきたことが全部パーになってしまい、かなり焦ってますが大丈夫でしょうか。

凪は自分の母のことを思い返すと、居ても立っても居られなくなり、慌てて席に戻ります。

そんな心配をよそに、慎二と凪の母親はかなりいい感じの雰囲気に。

凪の母が席を立った隙に、凪は2人の設定や流れについて慎二と再確認します。

しかし、慎二は一つだけ変更します。

急遽行き先を“水族館”へ変更したのです。

場所が変更されたことで、慌てふためく凪。

慎二は自分の自虐交えたスペックの披露に、凪の母親は完全に乗せられていますね(笑)

凪は、そんな上っ面だけのスペックでは、簡単にはいかないと言います。

かなり目をギラギラさせて意気込んでいた凪でしたが、母親の表情を見て思わずビックリしてしまうのでした。

 

水族館で凪と母親は上手くいく?

水族館に到着した後も、しゃいだりして、慎二が提案して3人で記念写真を撮影しています。

こんな意外な母親の姿に凪はかなり驚いていました。

凪の中では、これまで清廉潔白で厳しく正しくて、そしてめざといというイメージでしたが、今見ているのは真逆!

その時にふとバブルママに言われたことを思い出していました。

それは、清廉潔白で厳しく正しくめざとくて、全部お見通しで全く死角ないのお母さんっていうのは、凪の頭の中で勝手に大きな存在にしているのでは?というものでした。

結局、仮想敵なので無敵だと言います。

そんな話を思い出して母親を見たら、もしかして本当はこの人に一貫性は無くて、ただ単にはしゃいでいて、娘の彼氏のスペックに心踊るような、普通の母親に見えてきました。

凪は母親に、もし私が慎二と結婚したら東京に来たい?と聞きます。

すると、凪の母親はかなり嬉しそうな表情で、戸惑っていますね(笑)

それを見た凪は、慎二に「うちのお母さんは実はごく普通の人間なのかもしれない」と青ざめた顔で言います。

慎二はかなり冷静に、自分にとっては唯一無二の親でも、他人から見たらどこにでもいる普通のおじさんとおばさんだと言います。

そして、凪に対して厄介な親とも仲良くなるコツを教えます。

慎二は、親もしょせん人間なんだと認めて、それでみくびって見限って、やり過ごすことが大切だそうです。

しかし、凪は今更そんなことできないと言い、相手が人間ならもっとできないと慎二に伝えます。

そして、あろうことか母親に全て嘘だったとバラしてしまいます!

そんな凪を見て慎二は、愚かだと感じたようですね・・・

 

スポンサーリンク

凪のお暇ネタバレ最新38話「凪と母親はどうなる?」

桃園のことを心配しましたが、まさか骨折で入院とは・・・こんな大事な時な時に・・・

恐らく彼は、遠足前に熱を出すようなタイプなのかもしれませんね(笑)

 

凪と母親の展開は?

桃園が骨折してくれたことによって、慎二が代打で登場して、凪のビンチを救いましたね。

個人的には、桃園が登場したらどんな計画を組んでも失敗は目に見えていたと思います。

そうなれば、例え元カレであっても慎二のスペックは事実です。

ですから相手を信じさせる力も、行動力もありますよね。

恐らく、桃園では違和感も無く凪と呼んだり、細かい完璧な仕事は確実に無理だったでしょうね(笑)

誰しも、良くも悪くも子どもというものは、親をどこか特別視しているでしょう。

それは、小さい頃に植え付けられたイメージが大きく、大人になっても変わることはありませんからね。

凪が最後に全部嘘だと正直に告白した理由は、諦めないで変わろうとしている証でもあるでしょう。

とはいえ、蛙の子は蛙。

子供は親に似るとは言いますがなんとも皮肉めいていますよね・・・

凪は母のようになりたくないと、頑張っているようですが、母親を達観視してあしらえば良いというアドバイスの慎二。

これは、慎二の家庭事情も深く影響していると思われ、失踪した兄の荷物整理をしていて、立ち去る母が泣いているみたいな家庭だからドライなんでしょうね。

これは一体何を意味するのでしょうか?

もう兄は帰ってこないと諦めた涙なのか、こんな時にも帰ってこない父親に対してなのかはこれから明かされそうです。

 

慎二と母親の関係性も注目!

凪が勝手に作り上げていた、虚像の鉄の女である母親は紛れもないミーハー女子でした。

慎二のマジックトークで、いとも簡単に浮かれていましたからね。

これまでの凪のイメージからすれば、ちょっと腑に落ちないところですが、逆に言えばようやく本音を言いあえるような親子関係になれるチャンスです。

しかし、安心するはまだ早いです。

想像とは真逆の現実を突きつけられた母親は、その反動でいつも以上にメンタル的に制裁下す可能性もあるでしょう。

正直に告白した凪は大丈夫でしょうかね?危うしです。

ボランティアの代行彼氏を演じる慎二はこのような状況で、このトンチンカンな行為にどう対処して、母親との関係を築くのか?笑ってごまかすか?

もしかすると、要領がいいですから、それすら嘘だとトークで立て直すかもしれませんので注目です。

<<凪のお暇39話に続く

 

スポンサーリンク

「凪のお暇 ネタバレ 最新 確定」まとめ

ここまで、2019年9月26日発売のEleganceイブ掲載漫画『凪のお暇』最新38話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

桃園の代役で慎二が登場した時は、どうなることかと思いましたが上手く母親と打ち解けていて安心しました。

しかし、まさかの最後に全部打ち明ける凪・・・

まさかの展開でしたが、これは吉と出るのか凶と出るのかが今後の展開の大きな注目ポイントでしょうね。

そして、慎二の家庭の問題も浮き彫りになっているので、慎二の問題もクローズアップされていくのではないでしょうか。

関連サイト:Eleganceイブ公式HP/ウィキペディア/ドラマ公式サイト

スポンサーリンク