パーフェクトワールド

パーフェクトワールドネタバレ最新49話確定【妊活の結果】

パーフェクトワールド 49
スポンサーリンク
Pocket

2019年10月25日発売のKiss掲載漫画『パーフェクトワールド』最新49話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

2人の未来は決して良いことばかりではないようで、本当にリアルな悩みや苦悩の連続というような展開になっています。

つぐみと樹の子どもはどうなってしまうのでしょうか・・・

そして2人が出した答えも気になる所ですので注目です!

それでは、2019年10月25日発売のKiss掲載漫画『パーフェクトワールド』最新49話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<パーフェクトワールド最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

パーフェクトワールドネタバレ最新49話「妊活の結果は?」

先生によると、「鮎川さん、検査の結果なんですが・・・・」

前回までの治療では着床していたものの、今回の検診ではその反応が消えていました。

結果的につぐみは化学流産をしてしまったのです。

化学流産って聞きなれない言葉ですが、着床した受精卵が育つことなく、そのまま自然に消えてしまうというものが化学流産だそうです。

この原因はというと、ほとんどは染色体異常によるものが理由になっており、つぐみと樹に限らず誰にでも起こり得ることなのです。

残念ながら防ぐ手立ては、今のところありません。

 

自分を責めるつぐみ

つぐみは家に帰ってからもずっと泣きっぱなしです。

泣きながら樹に「ごめんね、何でダメなんだろう。なんで・・なんで・・・赤ちゃんできなかったら」と言っています。

樹はつぐみに対して、「落ち着いて」と言い、謝らなくていいからと慰めています。

樹はつぐみの肩に手をかけますが、つぐみは思いっきり樹の手を払いのけてしまいます。

「落ち着いてなんかいられないよ!!もうあと一回しかチャンスないんだよ!?他の人としては違うんだから!!」と気が気ではない様子です。

つぐみはそう言い放った瞬間に我に返り、やってしまったと後悔します。

樹は謝るのは俺の方なんだからと言って、もし自分じゃない人だったら、つぐみはこんなに辛い思いしなくて済んだのかもしれないと言います。

つぐみは、ち・・ちがう、ちがう・・といいます。

私になんてことを言ってしまったのだろうか、それで樹を傷つけてしまった。

でも、つぐみはこの数か月のうちに樹じゃなかったら・・・・と私は本当に1度もそんなふうに考えなかったと言えるだろうか?と思っていました。

つぐみの心の奥底にあった想いが露出して、さらに自分のことが本当に嫌になってしまっています。

本当は結婚して今が一番楽しい時期のはずなのに、私何かを失い始めている・・・

そんなときに、つぐみのもとに妊活仲間であるアヤさんからの連絡が入ります。

内容はというと、「話したいことがあるから、近々会えないかな・・」というものでした。

そんな LINE を見て、つぐみはもし妊娠報告だったら、それを笑顔で祝福できる自信がない・・・

とにかく、今はもう気持ちが、不安定なようですね。

そんな、半ば自暴自棄になったつぐみを見て樹は、気分転換に思い出の場所へ誘い出します。

そこは、2人が初めて再会したあの居酒屋でした。

つぐみは、再会したあの時のことを思い返していました。

樹にときめいたこと・・車椅子に乗る樹を見てショックを受けたこと・・いろんなことを思い出します。

そして、変わらず美味しい料理はつぐみをいつのまにか笑顔にしていました。

つぐみは、大切なことを忘れそうになっていたことに気が付きます。

樹はつぐみに、私たちの始まりのことを思い出させてくれるために、この場所へ連れてきてくれたんだと思いました。

昨日あんなに酷いことをしたというのに・・・

この人はどんなときも変わらず優しくいてくれる。

つぐみはこの広い東京で、2人が再会したことはきっと奇跡・運命だったに違いないと思います。

そんなふうに2人が思って、再び最後の治療を頑張る決意をつぐみは決心したのです。

樹がここまでせっかく、残してくれたチャンスを無駄にできない。

もう運命に身を委るしかない。

 

新たな選択肢とは?

つぐみはまた、同じ治療を一からやり直すことになります。

そして今回も前回と同様に胚盤胞まで育ち、胚移植を行います。

意識しつつも、2人は出来る限り、いつもと変わらず日々を過ごすようにしました。

奇跡は起きるかもしれないし、もしかしたら起きないかもしれない。

しかし、それは私たちの力ではどうしようもできないこと、つぐみは割り切れるようになっていました。

再び、診察室へ呼ばれるつぐみ。

先生が今回の治療の結果を発表するようです。

つぐみの心臓はドクンドクンと高鳴り、2人で確信した「子供が欲しい」という気持ちは・・

「着床はしませんでした」

これで終わりか・・・・

つぐみは丁寧に、今までのお礼を先生に伝えて、「この結果は残念でしたけど、治療したことに後悔はありません」と言いました。

外で待つ樹に、つぐみは涙ぐみながら、口元を引き締めて、「やっぱり願っても願っても、叶わないことがこの世界にはあるんだね・・・」と言います。

それを聞いた樹は、つぐみに手を伸ばして、二人は手をつなぎます。

つぐみはふと、樹はこんな気持ちを考えていました。

もしかすると、障害を負った時からずっと感じてきたのかもしれない。

樹の落ち着きや優しさの根源は、そこから来ているのかもしれない。

だとしたら今回の治療で、樹の気持ちを少しは知ることができたのかもしれない。

次の日の朝、つぐみは再びアヤさんのLINEで目が覚めます。

アヤさんはこれまで「先にできていたら・・」と思うことが嫌ということが理由で、妊活友達は作らなかったそうです。

ただ、今回は特別に石橋さんの頼みということで、つぐみに会ってくれたようなのです。

その時は「絶対に産む!」という感じで、つぐみを追い詰めていたのではないかと後悔していたようで、謝りたかったということでした。

そして、出会ったあのときはアヤさんも治療中でしたが、結果はダメでした。

それからアヤさんも妊活を辞めて現在に至っているようです。

つぐみはアヤさんも自分と同じ、不安の中にいたのだと共感しています。

アヤさんは続けて、私達夫婦は特別養子縁組を考えてると言います。

つぐみは、特別養子縁組について考えたことも無かったので、驚いています。

私たちは諦めた自分たちの子供のことにもう一度向き合うことになる?

 

スポンサーリンク

パーフェクトワールネタバレ最新49話「ハッピーな展開になる?」

2人の過酷な運命に、涙が出てしまいますね・・・

やはり、結婚年齢が上がっていることもあって、つぐみやアヤさんのような方が年々増加傾向にあるようです。

そんななかで、つぐみは新たに、特別養子縁組という制度について知って、新たな選択肢になりうるかもしれません。

樹とつぐみの二人はこれから先、どのように自分たちの将来の子供と向き合って、選択していくのでしょうか?

 

ハッピーな展開になる?

ここまで、化学流産やアヤさんも治療がうまく行かず妊活をやめたなど、悲しい現実ばかり突き付けられています。

そして、新たな選択肢としてアヤさんが教えてくれた、特別養子縁組。

このままどういう展開になっていくのか?と思ったら、不妊治療につづいて養子縁組になっていくようですね。

あまり知られていない仕組みなので、興味ありますがとにかく言えることは、2人が幸せになってほしい!それだけではないでしょうか。

そろそろハッピーなエピソードが読みたいですからね(笑)

 

新たな壁にぶつかる

新しい選択肢を得る事になったことで、光が見えてきました。

ホントに現実的な漫画というか、フィクションで上手くいくということがありません。

特別養子縁組の話になっていくことでしょうが、マッチングや養子縁組でのあれこれなど、新たな壁にぶつかるのは間違いないでしょう。

新たな問題にぶつかった時に、樹とつぐみが乗り越えられるのか?というところに注目ですね。

<<パーフェクトワールド50話に続く

 

スポンサーリンク

「パーフェクトワールド ネタバレ 最新 確定」まとめ

ここまで、2019年10月25日発売のKiss掲載漫画『パーフェクトワールド』最新49話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

2人の妊活は失敗に終わり、光が閉ざされたような展開になりましたが、特別養子縁組という新たな希望が見えてきました。

ここまで暗い展開だったので、そろそろハッピーな2人が見たいと思いますね!

また、どのような選択を2人がしていくのかも注目です。

関連サイト:Kiss公式HP/ウィキペディア/ドラマ公式サイト

スポンサーリンク