プラチナエンド

プラチナエンドネタバレ最新45話確定【咲と明日のその後の展開】

プラチナエンド 45
スポンサーリンク
Pocket

2019年10月4日発売のジャンプSQ掲載漫画『プラチナエンド』最新45話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

最終決戦が迫る中で、ナッセの特別な能力が明かされていますね!

そして、何と言ってもピラミッドまで来た2人の恋の行方はどうなっていくのでしょうか?

また、米田の動きもきなくさいですから、それぞれの動きに注目していきましょう。

それでは、2019年10月4日発売のジャンプSQ掲載漫画『プラチナエンド』最新45話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<プラチナエンド最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

プラチナエンドネタバレ最新45話「米田の思惑とは?」

秘密を語りだす、オガロとナッセ。

オガロはナッセだけが特別天使なのだといいます。

明日に期待してるとオガロが言うと、驚いた米田でしたが約束通り白の矢を修滋に渡すと言います。

オガロは特殊な能力を持っているのは、天使はナッセであり、さらには自分の神候補である明日に触れることができると明かしています。

普通の場合は、天使も人間のお互いはふれあうことができないです。

すなわち、お互いに干渉しあえないのです。

しかしながら、ナッセは特別であっさりと架橋未来に触れられるそうです。

その行為は、とんでもないことだとナッセは自覚していないようですね。

 

人間の運命を変える行為

そもそも天使が人間触れられるということは、天使が人間の運命を変えてしまえることを意味しています。

オガロはナッセの特別な力に気づいていないようですから、天使としての資質もわきまえていないと不満に思ているようですね。

まさに天使の役割を越えた行為であり、天使がすべきではないとオガロは考えています。

オガロはナッセ嫌いなのか?と思ってしまいます。

確かに、天使同士は仲間でありライバルですからね。

しかしながら、神候補に矢を直接刺す行為だけはできないと言います。

米田はそれを聞いてなにかを考えているようで、世論・・・

ツイッターのようなSNSで、リスクを負わないのに偉そうな目線で、批評している人たちのタイムライン。

これは世論ともいえないものかもしれないですが、米田はそんなところで大人気なのです。

ネット上では、米田以外の神候補を批判する書き込みが多く受けられます。

咲ちゃんはもう米田が神になれば丸く収まると思っているようです。

そもそも、神候補ってなんだろう?と疲れた様子ですね。

向の死を嘆き引きずりながら、神を決めるため犠牲になるのが神候補なのか?と疑問を持っています。

しかし、ナッセは笑顔で否定して、神候補に選ばなきゃ皆死んでた人だと言います。

弓木に刺した赤の矢の効果が、あと2日で切れると咲ちゃんが言います。

明日は次は星に赤の矢を刺して、咲ちゃんから翼と矢を渡すようです。

作戦としては、星には警視庁の偉い人に矢を刺して、警察の代表として行くように指示します。

あと6日で赤の矢の効果が切れることになる、南河のことは放っておくようです。

 

夜のピラミッドへ

咲ちゃんはこんなことをやって、意味があるのかと疑問を持ち始めているようです。

ミライたちは赤の矢の処遇を、次の話し合いで決めるようにしたようです。

咲きちゃんは明日に次の話し合いで場合によっては、明日が神になるという覚悟はあるかと確認しています。

明日はうんと応じて、話し合いの前にふたりで話がしたいと言います。

咲ちゃんは改まってなんか話があるのでしょうか?

もしかすると、もう死にたいからとか言って、躊躇せずに殺せとかいう話なのでしょうかね?

明日と咲ちゃんはふたり夜のピラミッドの頂上へ。

ストーリー展開で、いつの間にか明日が切れ者になってます!

しかしながら、今のメンバーを見てみると明日しか仕切る人いないですよね・・・

米田は首相に電話してあることを伝えます。

それが、新国立競技場で神選びの中継を行うというものです。

予定通り星に矢を刺し、星は弓木に赤の矢を刺して翼を授けたのでした。

すでに矢と翼の数は分からないですが、数てきには米田チームのほうが総数は多いのかもしれません。

米田は、首相官邸へ自ら赴きます。

首相に赤の矢を刺して、そして有能な大臣に優先的に刺すようにと伝えています。

直接会いに行ってのは、電話では信できないという表れかもしれませんね。

刺してから命令しても結果的には同じだったような気がしないでもないです。

 

南河の思惑とは?

南河は早百合と久しぶりに再会しています!

早百合は神選びがどうなるか怖いと感じているといいます。

しかし、みんなは人の気持ちのわかる優しい人であり、心配することはないと説明しています。

夜空に飛び立つ明日と咲ちゃんの姿が、星に見えたようですね。

早百合は世界の平和を願って、南河は早百合とのキスを願ったのでした。

この2人の関係がどうなっていくのか気になりますよね。

気になったのは、南河の目が怖いことです(笑)

もしかしてまだ出番があるという伏線でしょうかね?

それか、米田がなんか仕込んだという可能性も?

個人的には、このふたりの掛け合いは、ただの再会シーンで終わりという展開は考えにくいと思います。

これは、なにかの伏線になっているのでしょうか?

 

スポンサーリンク

プラチナエンドネタバレ最新45話「明日と咲の決断」

刺さった人間は、33日間魅了させることができるのが赤の矢の効果でしたよね。

しかし、ひとりにつき一度しか効果がないのです。

すでに他の神候補の矢が刺さっている場合は、先に刺さってる方が優先されるようになっています。

そのことから、弓木が刺した星の矢の効力が切れるタイミングで誰が撃てばいいのかの確認していたようですね。

 

矢を誰に刺すのか問題

しかし、一度にたくさんの人に刺せるという訳ではありません。

刺せるのは14本という上限が決まっています。

なので、誰が誰に刺したか、何本使っているのかをちゃんと覚えておくことが重要になりますね。

それにしても、米田教授は翼があって総理のところまで行きます。

そして、総理に赤の矢を刺しましたことによって、総理を従順にできるようになっています。

しかし、この行為をよくよく考えたらかなり恐ろしいですね・・・。

 

咲と明日はどのような展開に?

咲と明日は2人で話したいと言って飛んで行ってしまいましたよね。

これまでも、咲を守りたいと明日は色々頑張ってきました。

なので、個人的には報われてほしいとも思っているのですが、なんせ神候補達は問題のある人達の集まりですから、今後の展開が思いやられます。

確かに、ナッセが言っていたように、天使が現れなければ死んでた人達ですからね。

そして咲は、ピラミッドの上で何を語るのかで、新たな秘密も明かされるのでしょうか?

<<プラチナエンド46話に続く

 

スポンサーリンク

「プラチナエンド ネタバレ 最新 確定」まとめ

ここまで、2019年10月4日発売のジャンプSQ掲載漫画『プラチナエンド』最新45話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

米田の動きがかなりクローズアップされており、その動きが今後の展開に大きな影響を与えていきそうです。

そして、咲と明日がピラミッドで何を話して、決断するのかが注目ポイントになるでしょう。

問題がある神候補たちそれぞれの思惑もどうなっていくのでしょうか?

関連サイト:ジャンプスクエア公式HP/ウィキペディア

スポンサーリンク