赤髪の白雪姫

赤髪の白雪姫ネタバレ最新112話確定【エイセツの恋は本気】

赤髪の白雪姫 112
スポンサーリンク
Pocket

2019年10月24日発売のLaLa掲載漫画『赤髪の白雪姫』最新112話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

エイセツの一目惚れによって、自体が良からぬ方向へ進んでいきそうな気がします・・・

これに巻き込まれる形になった、白雪ですがどのようにかわすのか?

このパーティで一波乱ありそうな感じがビンビン伝わってきますね。

それでは、2019年10月24日発売のLaLa掲載漫画『赤髪の白雪姫』最新112話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<赤髪の白雪姫最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

赤髪の白雪姫ネタバレ最新112話「エイセツの狙いは?」

白雪の前に現れた人こそ、エイセツ本人だったのです。

白雪は挨拶をすると、エイセツはぐいぐいと押し気味に来て、差し出されたバラを受け取りました。

エイセツは、白雪がリリアス封鎖の時に白雪が活躍したことがきっかけで、かねてから会ってみたいと思っていたということだそうです。

そんな初対面からの、いきなり庭を2人で歩かないかとの誘いが・・・

 

エイセツが白雪にアピール?

エイセツの思わぬ誘いに、白雪は驚いてしまいます。

しかしながら、今回のパーティーはエイセツが主催の夜会であり、誘いを断る勇気もありませんでした・・・

ということで、半ば強制的に2人で庭を周ることになってしまいました。

そんな時に気が気じゃないのがオビでした。

白雪のことを守るように言われているオビは、2人にバレないよう隠れながら見張ることになります。

リュウは木々とヒサメといるように伝えて、その頃庭を散歩する白雪は、エイセツにオビとの関係を聞かれていました。

白雪は「ヒサメさんの狙い…!」だと思いましたが、とてもいい人ですと笑顔の模範解答で答えました。

そして、エイセツの言葉で、フォスティリアスの話が駆け引きの材料になってしまうのでは?という懸念が生まれました。

その言葉が、「花を受け取ってくれて、こうして誘いを受けてくれただけで十分だ。」というものでした。

果たして、白雪はハッキリと断って仕切り直すのが正解だったのか、どうなのか・・・

白雪は考えていたところで、エイセツに先を越されてしまいました。

するとエイセツは「頼みがあって来たんだろ」と言いました。

しかし、白雪はこの場でフォスティリアスの話をしたところで何も解決しないし、うまくいくはずがない。

それに、エイセツの狙いが分からない。

「今、この場でする話ではありません」と白雪ははっきりと口にしました。

そんな頃、夜会に残っていたリュウにエイセツの側近・シュウが声をかけてきました。

シュウが夜会の後のことを説明しようとしたところで、咳こんでしまいます。

 

シュウの容体は?

突如、咳をし始めるシュウに一同が心配しています。

辛そうに、ゴホゴホと何度も何度も苦しそうに咳をするシュウに周囲の視線が向きます。

その咳込んでいるシュウは、リュウを指して「宮廷薬剤師だから心配はいらないと」と言って、周囲を安心させようとします。

シュウの言葉にリュウは、特に反論することなくあっさり事実と認めて、別室へと移っていくのでした。

そこに、庭を散歩していたエイセツと白雪が戻ってきます。

戻ってきたエイセツは、シュウが倒れたと聞くと、急に取り乱して慌てだし、白雪に対して宮廷薬剤師の力で助けてくれと請うています。

一方、別室ではシュウがリュウの治療にあたっています。

これまで無理に咳を繰り返したことが原因で、喉を痛めたようで薬を処方しています。

嘘だとバレていたと気づいたシュウが驚いていたとき、白雪とエイセツが現れます。

エイセツは夜会に訪れた、貴族達へ事の経緯を説明することになりますが、周囲の貴族達は白雪達の有用性を認めると同時に、ゼン殿下との付き合いも悪くないと感じているようです。

そう、これがエイセツの狙いだったようです。

騒動は直ぐに収まりましたが、演技のシュウが今日中に回復することはないといいます。

もし、ここで白雪達が帰ろうものなら、容態が悪化して、最悪の場合は白雪達が原因とされる可能性もあります。

ということで、白雪たちは帰るに帰れなくなってしまいました。

そして、貴族の思惑に宮廷薬剤師という名前が利用されたことに対して、猛烈に怒りを見せる白雪でした。

 

スポンサーリンク

赤髪の白雪姫ネタバレ最新112話「エイセツの恋は本気なの?」

まさか、エイセツの家来シュウ・グラトリが急に体調を崩したのは、演技だったようですね・・・

その最大の目的が、白雪をルギリア邸から逃がさないで、帰さないことでした。

宮廷薬剤師として治療を施してしまいましたが、シュウの体調が良くないと言っている状態で、患者を残して帰ることはできませんよね・・・

 

白雪たちのパーティーはいつ終わる?

もしこのまま帰ったとして、容体悪化という情報が出れば、処方を誤ったという疑いをかけられかねないですよね。

宮廷薬剤師の仕事を、個人の恋愛の出しに使われたエイセツの狡さと賢さは凄いですね・・・

しかし、利用された事実に白雪は怒っています。

この話を訊いたオビと木々は戦慄しており、いち友人として本気なのが分かっているのかもしれません。

白雪たちのパーティは終わらないでしょう。

少なくとも白雪の気が晴れるまでは続くのではないでしょうか?

 

エイセツの狙いは他に?

初対面の白雪に一目惚れしたかのように迫る、エイセツの狙いは本当に恋だけなのでしょうか?

ここまで周到な準備と戦略は、どう考えてもそれだけではないと思います。

積極的な口説きにしろ、庭へ連れ出したことも、全てはシュウの演技に対しての布石に思えてなりません。

もちろんこのような展開も予定通りと言ったところでしょうね。

しかし、エイセツとしてはそこまでしてゼン陣営と関係を持ちたかったのでしょうか?

このあからさまな作戦には、同意なき役者に仕立てられる形で巻き込まれた白雪は珍しくブチキレていましたからね(笑)

このままやられっぱなしで終わる白雪ではないでしょう。

ということで、エイセツにどんな意趣返しをするのか楽しみです!

フォスティリアス承認の交渉をしなければならな間柄ですから、どこかで必ず話はしなければいけないですし、何度も顔を合わせなければならないです。

その度に、今回の周到な作戦にはめられて口説かれては、白雪もたまったものではないでしょうからね。

もし、エイセツが毎回口説かなかったとしても、顔を見られているだけでお互い意識してしまうでしょうから、ストレスが生まれるばかりか、仕事の話も上手くいかないでしょうね(笑)

せめてエイセツが、切り替えのできる恋愛観と冷静な考え持っていて欲しいと願うばかりですよね。

<<赤髪の白雪姫113話に続く

 

スポンサーリンク

「赤髪の白雪姫 ネタバレ 最新 確定」まとめ

ここまで、2019年10月24日発売のLaLa掲載漫画『赤髪の白雪姫』最新112話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

エイセツの壮大な作戦によって、白雪たちは帰れないという状況になってしまいましたね・・・

この作戦には白雪も珍しく怒っていまいたから、エイセツと恋仲になる可能性は今現在はほとんどないでしょうね(笑)

また、エイセツの目的として本当に白雪だけなのか?という問題もあるので、新たな目的も明らかになるのではないかと思っていますので、注目ですよ!

関連サイト:月刊LALA公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク