スキップビート

スキップビートネタバレ最新275話確定【坊の正体がついにバレる】

スキップビート 275
スポンサーリンク
Pocket

2019年10月4日発売の花とゆめ掲載漫画『スキップビート』最新275話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

少しづつですが、蓮とキョーコの中も修復しつつあるのでは?と感じています!

しかし、香凪の存在など問題は山積しているので、すんなりハッピーというような展開にはならないでしょうね・・・

今回は少しでもキョーコの関係は進展するのでしょうか?

それでは、2019年10月4日発売の花とゆめ掲載漫画『スキップビート』最新275話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<スキップビート最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

スキップビートネタバレ最新275話「衝撃の真実とは?」

キョーコは、バラエティ番組「やっぱきまぐれロック」で、ニワトリのマスコットのキャラ坊として仕事を終えました。

ニワトリの着ぐるみを着たままで、この姿で過去に蓮に言われた本音を思い返していたのです。

敦賀の深い事情は知らないですが、ひとつ確実に言えることは、心の奥には誰にも癒せないということでした。

心の奥には、深い深い傷があって、キョーコはこう思ってるんじゃないかと感じています。

それが、「俺には幸せになる資格なんて無いんだ」ということでした。

しかし、これまで自分の幸せに対して否定的だった敦賀が「大切な女性」を作ったということは、つまりそれは過去の深い傷から解放されたという事ではないか?

キョーコはそんなことを考えつつ、衣装を脱ぐため自分の楽屋への道を歩いていると、またもや敦賀蓮とバッタリ遭遇してしまうのでした。

 

蓮の反応は?

キョーコといえば昨晩に分かりやす大嘘をかまして、蓮の前から猛ダッシュで逃げた前科があります。

なので、気まずくなって急いで道をUターンしようとしますが、いかんせん坊の着ぐるみを着たままでは動作が遅くなってしまい、蓮にものすごい握力で肩を掴まれてしまいます。

「ちょっと待ちたまえよ」と恐ろしい顔で蓮に声を掛けられて、着ぐるみながらニワトリの顔を蒼白にして怯えています・・・

キョーコは、昨日は何で帰ったの?あんなに失礼千万な帰り方をした理由が聞かせろと言われるのではないかと身構えています。

もはや、目が据わった恐ろしい顔の蓮を勝手に想像していました。

しかし、実際のところは違いました。

連は「君も例の報道の事で俺を軽蔑してるんだろうけど、気まで逃げるように拒絶しないでくれないか?

君がどう思ってるかは100%想像つくよ・・・

だったら尚更歯に衣を着せぬ物言いで君ならまず何発言するだろう」と言ったのでした。

このよな蓮の発言を聞いて、キョーコはやっと今自分が坊の着ぐるみを被っていることを思い出します。

そもそも蓮は、坊とキョーコを同一人物だと知らないですからね・・・

蓮は坊の前では、取り繕って話す事をやめているようで、通常からは想像もできないネガティブ発言ばかり発しています。

キョーコもこんなにネガティブな蓮を見たのが初めてで、坊の着ぐるみの中で驚愕して、冷静な判断ができません。

そして、意味不明な自虐を死んだような顔で話し続ける蓮に対して、

「大丈夫!!大丈夫だよ!!敦賀君!!敦賀君は嘘つきだし最低だと思うけどそこまで蔑んでないよ!

『は?前言ってた話と違うじゃん。何?クチ先ペラ男かよ見損なったぞ 敦賀君』

って思った程度…っ」

とついキョーコは自分の本音をなかなかのボリュームでぶちまけてしまうのでした。

 

スキャンダルの真相は?

一方、その頃蓮のマネージャーである社はというと、スキャンダル騒動中に蓮を1人にしなければいけないと申し訳なく思いつつ、車で1人移動していました。

1人にする蓮を気にかけていますが、キョーコに超絶逃避されてもいつもと変わらない様子を見ていたので、心配はそこまでしていない様子です。

しかし、実際の蓮はというと、鋼仕掛などでは無く、防の前でネガティブになっていました。

人目が気になったキョーコは、蓮を連れて使われていない部屋に入ったものの、重苦しい空気が流れています。

そんな空気に耐えられなくなって、キョーコは日本男子が選ぶ理想の嫁と結婚を前提にお付き合いしているのに、なぜ落ち込んでいるのかと聞きます。

連はそんな噂の報道まで出てるのか?と、結婚前提という言葉に驚いています。

キョーコは、連と香凪は大人同士のカップルでお似合いじゃないか!!と言い、しっかりしてるようでメンタルソフティーな部分あるので、年上の女性にしっかり支えてもらうのが良いとアドバイスしています。

内心は複雑な心境でありつつも、世間一般から客観的に見て的を得た本音だとキョーコは思っています。

そんな蓮の反応は意外なものでした。

「……君…鶏だよね?」

キョーコは慌てて「え!!ええっ はい 鶏ですヨ!! ごめんね!! 虫ケラじゃなくて!!」と取り繕います。

唐突な質問に、自分のツッコミで正体がバレたのかと思ったようですが違いました。

蓮は「鶏は三歩歩いたら、物事全部忘れるんだよな?」と言います。

蓮の言葉の意図に気付いた坊は「ご希望とあれば…」と返事をするのでした。

すると、「…正直…男として、恥ずかしい内容だからこの事は墓まで持って行くつもりでいたんだけど」と蓮は前置きをして語り始めました。

キョーコは茶化すように、すでに君の口から出て来る話は漏れなく恥ずかしい内容だったと言います。

と明け透けな言葉を返す坊に、一旦納得した蓮は

「だが、しかし恋愛劇の優秀な捨て駒として女性に利用されたって聞いたら、さすがに情けない男のレッテル貼られないか」とついに核心について語りました。

キョーコは一瞬、蓮の言葉の意味が理解できなかったようです。

蓮は視線を合わせず「捨て駒」ということばだけが反芻しています。

大事な所を強調するが、「え?誰が?」とそれでも理解できないようです。

すると、蓮は見かねたように「俺が。」と言います。

さらに「意中の人物とうまくまとまりたい楠香凪さんに、俺は恋のスパイスとして利用された」と告白し、もっと簡単に言うと要『当て馬』にされたとのことです。

これでスキャンダル騒動の衝撃の事実が明らかになったのでした。

 

スポンサーリンク

スキップビートネタバレ最新275話「坊の正体がついにバレる?」

ついに明らかになった蓮のスキャンダルの真相。

キョーコは結婚相手だなんてこと勝手に言っていますが、これはキョーコの勝手な主観でしかないんですよね。

 

キョーコと蓮の関係に変化は?

恐らくキョーコは、この主観を現実だと思っていた方がきっと楽だと思っていたのでしょうね。

さらには、日本中が2人をベストパートナーだと思っているよとまで言っており、この時の彼女の表情がもう痛々しくて見てられませんでした!

しかし、誤解が解けた現在はキョーコと蓮の関係はよくなるのではないでしょうか?

その前に、坊の正体がバレそうな気もしますが、そうなった場合でも良い感じに展開していきそうな気がしています。

 

マネージャーの思惑は?

臆病なキョーコが敦賀の本心を知ることができたのは、坊の着ぐるみを着ていたからです。

やはり仮面を被らねばダメみたいですね・・・

たしかに振り返ってみても、香凪さんの言動から蓮を愛している感じは受けませんでした。

逃げるキョーコがぐちゃぐちゃにした絡まった糸のような関係は、ようやくほどけ始めたようですね。

忘れてはならないのが、マネージャーですね。

蓮を残して単独行動していますが、その思惑は?

そして、坊=キョーコと知っている社マネが、敦賀の元に駆けつけた時にどのようなことを語るのか?

いよいよ身バレしてしまうのか、まだセーフなのかは注目です。

<<スキップビート276話に続く

 

スポンサーリンク

「スキップビート ネタバレ 最新 確定」まとめ

ここまで、2019年10月4日発売の花とゆめ掲載漫画『スキップビート』最新275話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

連のスキャンダルの真相はやはりガセだったよですね・・・

信じた方が傷が深くならないと思っていたキョーコでしたが、思わぬ形で裏切られる結果となりました。

そして、坊がキョーコだと知らずに暴露してしまった蓮ですが、なんだか身バレしそうな雰囲気なので注目ですね!

関連サイト:花とゆめ公式HP/ウィキペディア/スキップビート公式サイト

スポンサーリンク