凪のお暇

凪のお暇ネタバレ最新39話確定【凪と母親の関係性】

凪のお暇 39
スポンサーリンク
Pocket

2019年11月28日発売のEleganceイブ掲載漫画『凪のお暇』最新39話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

慎二のことを彼氏として紹介した凪でしたが、すべてを母親に打ち明けました。

慎二と凪はいい感じでしたが、やはり過去の慎二の行動から現在に至るまで、慎二は良くも悪くもそのままなんですよね。

そんな、凪は今後どのような選択をするのか?

それでは、2019年11月28日発売のEleganceイブ掲載漫画『凪のお暇』最新39話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

スポンサーリンク

凪のお暇ネタバレ最新39話「凪と母親の関係は?」

凪は、慎二が彼氏でないことや、今は無職であることを母親にすべてを打ち明けます。

「桃園」は誰と聞かれますが、本当の名前は我聞だと。

これまで、凪が隠し通してきたことをすべてです。

慎二とは必死にごまかそうとしますが、もう時すでに遅し・・・

凪の母親は、慎二とどのような関係性なのか?と聞いています。

凪は、「昔付き合ってたっぽい人・・・でも勘違いだったみたい、今は全然関係ない人」というような説明。

凪の「全然関係ない人」という発言に、慎二はショックを隠し切れないようです。

 

やはり慎二とはうまくいかない?

慎二は、最後までごまかそうとして、後ろで見守っていた慎二は、まだ「桃園」としてエイプリルフールかと笑いかけます。

凪は巻き込んだことを謝って、私の根っこの部分だから向き合いたいといいます。

そして、今の現状を知ってもらうために、凪のアパートに母親を連れていくことになります。

慎二には悪いからと言って、ここで別れるように凪は告げました。

帰り道、慎二は正直に話してしまった凪に対して「愚かだ」と繰り返しています。

慎二は兄が大きな荷物を持って、出ていった出来事を思い出しました。

慎二は正直見てみたいと思いました。

ずっと、群れからはぐれたイワシのその先の景色を。

その頃、凪と母親がいたのは、凪が住んでいるいまのアパートでした。

偶然、うらら親子が凪と母親がアパートに着いたのを発見して、うららは凪が地元に帰ってしまうのでは?と動揺しているようでしたね。

母親は凪が住んでいるボロボロのアパートを見て、どこか放心状態のようです。

何もない部屋にあがると、「説明して」と威圧感たっぷり母親。

それから続けて「どうしてこんなことに・・」と思わず言ってしまいます。

すると凪は「これが本当の今の私」と言い、その言葉に呆然とする様子の母親なのでした。

 

凪の家に来た慎二

結局、慎二は気になりすぎて、凪の家の窓に張り付いています。

どうやら気になって仕方がないようですね。

慎二が覗いているのを、ゴンに見つかってしまいます。

「何しているの?凪ちゃんの部屋の前で。」と言って、「だめだよ覗きは!」と状況を勘違いしているようですね。

慎二はゴンに彼氏の代打の代打の件と、軽く現状を説明しています。

その時でした「なんなのその頭は!!」

凪の母親の怒号が響きます。

続けて、今の生活を一気に非難する母親の声が漏れてきました。

凪は、冷静になって自分が今まで無理して生きていたことや、過呼吸になって倒れてしまったことを話しています。

凪はこれまでお母さんは、大丈夫な私のことしか許してくれないと思っています。

凪にそう必死に伝えますが母親は、「何それ、あんたがこんな汚い部屋で一人でみじめなのは、お母さんのせいってこと?」とかなり怒っていますね。

無表情ですが、かなり恐ろしい表情で怒りが伝わってきます

母親の攻撃的な言葉を聞いた凪は、次第に母親の闇の部分に気持ちが引きずられてしまっていました。

そのことで、ついに言い合いになりそうな雰囲気に・・・。

その時でした!

ナイスタイミングで、うららがピンポンを連打して部屋に乱入してきました。

「なーぎーちゃん!一緒におモチだーべーよ!!!!」と言います。

うららだけではなく、凪のお友達が次々に部屋に入ってきます!

なんとか凪を守ろうとしてくれる姿を見た凪は、冷静をとりもどします。

そして、しっかり母親にここに居たいことを自分の言葉で伝えました。

母親はそのまま帰っていくことになりました。

凪はいつか、母親との関係性が良くなっていくのかもしれないと思っていました。

 

実家に帰省?

目を覚ました凪は一瞬考え込んで、あることを思い出していました。

それは、ママたちと飲んでお餅をいっぱい食べて寝てしまっていたようです。

時間を気にしてスマホを見てみると、母親からメールが届いていました。

メールの冒頭では、昨日は気持ちがまとまらなかったと言って、謝っていました。

続けて母親は、凪の周りには良い人が集まってきていて、友達がたくさん出来たことを嬉しかったと正直に言います。

そして、追伸には凪の漬けたぬか漬けがおいしかったと感想が書いていありました。

そのメールに泣きそうになった凪は、もしかしたらいつかは仲良くなるのではと淡い期待を抱いています。

しかし、そんなのは甘い夢だったと凪は思い出しました。

実際は、北国の実家の近くの公民館の庭で雪かきをしているのでした。

母親から帰りに除菌ティッシュを買って来るように頼まれていますが、これは地元に戻ったということなのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

凪のお暇ネタバレ最新39話「母親との仲直りは?」

一番気になるポイントは、娘のため?自分のため?なのかという所でしょう。

凪の人格形成に多大なる影響を及ぼしている母親。

ここまでくると、凪が生まれる前の母親の過去には何かあったんじゃないか?と思ったり、深読みしてしまいますよね。

 

母親との仲直りは無理?

普通の母親ならば娘の、大丈夫ということばに隠されたSOSやメッセージを敏感に感じ取れそうな気がします。

しかしながら、本当にまるっきり娘を信じきっていたことってあるのでしょうかね?

いきなり、突きつけられた現実に見せたショックの顔を見てみても、娘がみじめな生活を送っていたことに対してごめんなさいという感覚は一切なく、それどころか「私の娘なのに貴方は一体何をしているの?そんなこともできないの?」とも言いたげな感じ・・・

これは、親の感覚を疑いますし、エゴを感じずにはいられませんね。

わずかに可能性があるとすれば、二人の心情をくみ取り察する事のできる慎二ではないでしょうかね?

何か解決策を持っていそうな気もしますが、諸刃の剣になりそうです。

とはいえ、凪を凪以上に理解しているのは慎二です。

 

北海道に帰ったのは本当?

最後の場面では、故郷で雪かきをしていましたが、これは現実なのか?

一時的の夢なのか、気になりますね・・・

景色的には地元の北海道のようですし、強制送還されてしまったと考えられますが、そんな凪を救い出すような展開になるのでしょうか?

とはいえ、凪ってなんでこんなにバカ正直者なんでしょうね(笑)

慎二が言っていたように、0か100か、白か黒かでグレーはないようですね。

そんなこんなで、まっすぐすぎる凪はといと、今までかなり生き辛さを感じてきたことでしょうね。

特に母親に対する思いは複雑で、今もこじらしています。

逆に慎二はというと、かなりひねくれている所がありますよね。

そんな正直な生き方をする、真逆の凪の人生に興味があると思います。

最後の最後で大どんでん返しの展開でしたが、めちゃめちゃ続きが気になりますよね!

母親と和解できそうだね、と誰もが思ったことでしょうね。

<<凪のお暇40話に続く

 

スポンサーリンク

「凪のお暇 ネタバレ 最新 確定」まとめ

ここまで、2019年11月28日発売のEleganceイブ掲載漫画『凪のお暇』最新39話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

衝撃のラストでしたが、本当に凪は地元に帰ったのでしょうかね?

夢なのか現実なのかよくわからないラストで、次の展開が非常に気になります。

慎二や母親とのこじれた関係は解決することがあるのか?とても心配ですね。

関連サイト:Eleganceイブ公式HP/ウィキペディア/ドラマ公式サイト

スポンサーリンク