花のち晴れ

花のち晴れネタバレ最新105話確定【2人暮らし編がスタート】

花のち晴れ 105
スポンサーリンク
Pocket

2019年9月29日発売の少年ジャンプ+掲載漫画『花のち晴れ』最新105話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

牧野と花沢類、そして音と神楽木という異色のメンバーで、音の実家に向かいます。

神楽木は真剣に音の両親に挨拶するようですが、認めてもらえるのか?それとも突き返されるのか?注目ですよね。

また、牧野の決断はどのようになっていくのか?LAに戻るのかも気になる所ですよね。

それでは、2019年8月26日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新171話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<花のち晴れ最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

花のち晴れネタバレ最新105話「衝撃の展開になる?」

音の家に集結した面白いメンバーですが、この後どのような展開になってくのでしょうか?

アメリカから脱走してきたつくしはどうなってしまうのでしょうか?

 

音の両親と対面!

音の家では両親が待っていました。

牧野つくしや花沢類の紹介が終わると、「こんな狭いところで悪いね」と音の父が言います。

一方の花沢類はというと、ずっと足の痺れを気にしている様子ですね・・・

空気の読めなさは昔から変わっていないようですが、そこは牧野つくしがしっかり挨拶するように小突きます。

ロサンゼルスは楽しかったかと聞かれた音は、即答で「楽しかった!」といい充実ぶりを感じさせる顔。

神楽木たちがLAに行っている間に、音の実家に塙雨依がきていたそうです。

そして、あの日神楽木が遅れたのは、全て自分のせいだと話したようです。

音の父は、詳しく訳も知らずに怒鳴ったことを謝り、誤解が解けたようですね!

神楽木はというと、恐縮しているようで「いえいえ、とんでもありません!」と気にしていないようです。

神楽木が一番気にしていたのは、音との交際を認めてくれるのか?ということでした。

神楽木は「では、俺と音の付き合いを認めてもらえるんでしょうかっ?」もう前のめりで聞いています(笑)

すると、音の父は「ああ、そうだね」と言います。

2人が本気で想い合っているのであれば、僕らは何も言わないと言い、しっかり音との関係を認めてくれたようです。

 

まさかの遠距離?

安心する神楽木でしたが、つかの間でいきなり衝撃の事実が・・・

音の父は、「ただ、遠距離になるよ」と言います。

まさかの引っ越しになるようです(笑)

このタイミングで、しかも場所は九州だそうで、気軽に会いに行ける距離ではなくなるみたいです。

九州で親戚と新たな事業を始めるようなので、もうこの家は引き払ってしまうとのことです・・・

もうこの地に戻ってくることは、可能性としては低いのかもしれませんね・・・

いつから九州に行くのか?ということですが、なんと来月には引っ越すそうです。

神楽木はタイミングの悪さに呪われているとさえ思います(笑)

音は昔父が3人でまた暮らしたいと言っていたことを思い出していました。

衝撃の遠距離ショックを聞いて、一同は音の家を出ます。

ショックを受けている2人を牧野は、人ごとには思えないようです・・・

道明寺と自分を重ねているようですね。

牧野は「2人が2人でいることが必要なら、離れない方がいいと思う」とアドバイスします。

このアドバイスに神楽木は、ついに決心したようですね。

もう一度音の家に戻って、話をつけに行きます。

見送る牧野と花沢類。

花沢類は「お前が言うか?」とツッコミます。

牧野はかっこつけない私を出していい?と前置きして、「道明寺に会いたいなぁ」というのでした。

 

神楽木の決断とは?

牧野のアドバイスを聞いて、音の家に引き返した神楽木と音。

神楽木が出した結論は、なんと週6で九州に通うという仰天プラン。

彼曰く、1日は家族の為に遠慮するということらしいです(笑)

そして、もし許してくれるなら、音と一緒に暮らしたいと言います!

「1人ここに残って、ここでの生活を俺に任せてもらえるならば、俺が全力で守ります」と宣言するのでした!

 

スポンサーリンク

花のち晴れネタバレ最新105話「遠距離の展開になる?」

いきなり遠距離になるような展開になって驚きましたね!

まぁ日本国内とはいえ、九州は遠いですよね・・・

そんな中で神楽木と音が出した結論ですが、どうなっていくのでしょうか?

まさかの2人暮らしが始まるのか?まだ学生ですよ!

そうなれば、ひと悶着どころでは済まないような感じがします・・・

 

2人暮らし編がスタート?

遠距離になるなら一緒に暮らしたいと申し出た神楽木。

しかし、まだ学生ですからね・・・

音の両親がどのような判断を下すのかが注目でしょうね。

一般常識で考えれば、間違いなく反対ですが、経済力は申し分なし、家柄も問題ナシとなれば断る理由はないでしょう。

しかし、3人で暮らしたいという父の思いには反することになりますよね。

2人暮らし編となれば、新生活で喧嘩や壁にぶつかることは必至ですから、見ごたえある新章が期待できるのではないでしょうか?

とはいえ、週6で九州に通うパターンも見てみたい気もしますが、神楽木はもちろん読者も疲れそうな予感(笑)

となれば、2人暮らしが本格的にスタートしていくのでしょうかね?

 

牧野はどうなるの?

ロサンゼルスから脱走してきた牧野ですが、花沢類に迎えられていつでもロサンゼルスに帰ることは可能です。

神楽木と音を自分と道明寺に重ね合わせて、改めて道明寺への思いを募らせていましたよね・・・

そうなれば、このまま一気にニューヨークへ行くという可能性もゼロではないでしょう。

ニューヨークで道明寺に再会して、またロサンゼルスに戻るというパターンも考えられるでしょうね。

神楽木と音はもちろん上手くいって欲しいと思いますが、壁にぶつかっている牧野も幸せになって欲しいと思いますので、どのような選択をしていくのか?というポイントからも目が離せないでしょうね。

そうなれば、道明寺が登場するという可能性もかなり高くなりますので、さらに面白い展開になっていくのではないでしょうか?

このことが道明寺の母の耳に入らないことを祈るばかりですが、姉の椿も味方なのでそれほど心配はしていないです。

<<花のち晴れ106話に続く

 

スポンサーリンク

「花のち晴れ ネタバレ 最新 確定」まとめ

ここまで、2019年9月29日発売の少年ジャンプ+掲載漫画『花のち晴れ』最新105話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

ロサンゼルスから帰国した3人と花沢類が訪れた、音の実家。

神楽木は過去の誤解を解いて、交際を認めてもらうことに成功し喜びますが、九州に引っ越すことになりましたね・・・

あの落ち込みようは、半端ないものでしたが、確かにやっとうまく行きはじめたのに、子のタイミングかよ・・・と思う所はあるでしょう。

そして、牧野つくしが道明寺へのおもいを募らせていますが、再会することはあるのでしょうかね?

関連サイト:週刊少年ジャンプ+公式HP/ウィキペディア/ドラマ公式サイト

スポンサーリンク