プラチナエンド

プラチナエンドネタバレ最新46話確定【咲は明日に告白した結果】

プラチナエンド 46
スポンサーリンク
Pocket

2019年11月4日発売のジャンプSQ掲載漫画『プラチナエンド』最新46話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

明日と咲の2人がようやく思いを通わせたようで、読者も嬉しいような展開になっていますね!

しかし、そんな時間も長く続くことも無く、緊急発表によって辛い展開になっていくことが考えられます。

明日と咲の未来はどうなっていくのでしょうか?

それでは、2019年11月4日発売のジャンプSQ掲載漫画『プラチナエンド』最新46話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<プラチナエンド最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

プラチナエンドネタバレ最新46話「明日と咲が両想いに?」

手毬は、翼をもらって初めてやってきた場所だとピラミッドへいきます。

いや、マチュピチュか?地理は不得意なようですね(笑)

その遺跡の前で、ある種の幻想的な光景をバックに、明日と咲はたたずんでいます。

いい雰囲気だが、これがフラグにならないことをいのるしかない。いや小畑先生を信じよう。

咲を連れてきた明日に対して、咲は明日に大好きだよと伝えました!

それに対して、明日はありがとうと応え、思いは通じたようです。

2人で手をつなぎながら朝日が登るのを見つめる幸せな時間。

そうだ、これからどっちが先に死ぬのかはわからないけど、いま生きてることをかみしめているようです。

そうやって明日と咲がまばゆい光に包まれていきます。

 

思いが通った2人

明日は神候補ということですが、もはや好きだった子から告白されても嬉しくないような感情なんでしょうかね?

となってくると、神候補ってほんと大変なことですよね。

米田は、首相から警視庁と警察庁のトップに対して、赤の矢が刺されていたと報告を受けました。

これは自分の身を守るために必要な行動だと理解を示したようですね。

話し合いの続きをしたいと発表するよう首相に命じるのでした。

その頃、星は帰りの遅い明日を心配しているようです。

赤の矢のせいで遅いのだとはいえ、手毬は男同士はキツイと言います。

手毬の発言は、同性愛者への差別発言だと指摘されますが、手毬は個人の趣味嗜好であり、差別とは別物だと言い、ここから持論を展開していますね。

確かに、筋は通っているので個人的にも、話を聞いた星も正論だと納得したようでした。

この件に関して、手毬が急にめっちゃ語り始めたので面白かったですよね。

結局、最後はイケメンの金持ち好きということで、赤の矢くれよなってことみたいですね(笑)

いつもどおりの手毬だったので安心しました。

 

緊急中継の内容とは?

テレビでは首相からTVで緊急中継が放送されています。

戻ってきた明日たちもテレビの画面を見つめています。

首相が発進した緊急放送の内容は、神候補の存在は事実であること。

新国立競技場を話し合いの場として提供することを発表したのです。

その話し合いの日時は10月10日午後1時。

そして発表した後には、米田からのメッセージが流れるます。

神候補である全員を殺してしまえばいいという考えも、わからなくもないが、もし死に至るのに1秒でも差が出るとなると、最後の1人が自動的に死なないでに神となると言います。

そのため、神候補を殺すという選択肢は取らず、神候補にまかせてほしいと説明するのでした。

しかし、この緊急中継を見ていた手毬はこんなの罠だと断定しています。

明日はというと、話し合いの場所を用意してくれただけだと思うと考えているようです。

手毬は誰かが神にならなければ、神候補選びにおいても神候補だったこともなかったことにならないです。

そうなれば、米田はともかく神候補だった人間は絶対に幸せになれないじゃないかと主張しています。

この回の手毬はかなり冴えており、頭キレキレですよね!

確かに、誰も神にならなかったパターンを考えていなかったです。

神候補だったことがなかったことにならないっていうのは確かに、普通の生活は送れないでしょうね

すでに、身バレしてしまっているということは、もう普通の人としては生きていけないことを意味していますからね。

常に身の危険を感じることでしょう。

このことからも、手毬が出した結論として、米田を殺すのが一番だということに至りました。

咲は、「それじゃあメトロポリマンと変わらない」と反論しています。

とはいえ、明日はどんなに話し合って説得したとしても、米田が神候補を神にすることを拒むと、ら死んでもらうしかないと反応しました。

 

スポンサーリンク

プラチナエンドネタバレ最新46話「米田教授が殺される?」

2人きりになった、この時点でやっと明日と咲の想いがやっと一つになれた瞬間で、やっとか!というような感じでしたね。

とはいえ、幸せな瞬間など長く続くはずもなく・・・

内閣総理大臣や米田教授による緊急発表。

明日が下した決断は、あまりにも辛かったのではないでしょうか?

せっかく大好きだよって言ってくれたのに、運命に翻弄される感じです。

誰かの幸せというのは、誰かが犠牲の上に成り立っているという感じなんでしょうかね?

そして、新国立競技場での話し合い、どんな展開になるんでしょうか?楽しみです!!

 

話し合いの内容は?

矢部首相から緊急発表があった、新国立競技場での神候補たちの話し合いの場はどうなっていくのでしょうかね。

これは事実上、米田博士が用意をした話し合いの場であり、神候補たちに巻かせて頂きたいとかなりの自信を見せています。

必ずや納得のいく結末を出せるのではないかと、米田博士は思っているようです。

実際に、生中継を見ていた国民も、米田博士がそういうのなら何とかなるのでは?と納得している様子でしたしね。

明日の立場から考えると、米田博士を説得することができるのか?ということがポイントになりそうですよね。

しかしながら、明日はどんなに話し合って、どんな説得をしても応じてもらえなかった場合は、死んでもらうしかないと話しており、話し合いが円滑に進みそうな雰囲気はゼロです。

 

米田教授は殺される?

自分の思ったこと言うことが、すぐに差別だと捉える世の中は確かに窮屈であり、それこそ偏見かもしれません。

神だという以前に、自分の幸せを考えるのは人間として自然の考えだと思います。

ただこの考えには答えは無くて、本当に難しいと思いますね。

話し合いの場を設けた米田教授の今後の行動については、はっきりとは分かりません。

明日は米田教授の考えと行動次第では、本当に米田教授を殺すのでしょうか?

個人的には、米田教授が偽りの神を作らない為に行っている行動が、妙に怖いところではあります。

そして、別の勢力でもある神候補を抹殺しようと言うグループの動きにも注目です。

神候補が集まるという場面があるなら、一瞬で神候補を抹殺することも可能で、爆弾を使う事も考えられますよね。

明日たちは様々な事を考えて対策する必要があります。

様々な思惑が入り混じり、何が正解かもわからない今後の展開になっていきそうです。

自分は明日と咲が幸せになって欲しいと思っているのですが、そうなる展開が簡単には予想できなく難しいですね。

<<プラチナエンド47話に続く

 

スポンサーリンク

「プラチナエンド ネタバレ 最新 確定」まとめ

ここまで、2019年11月4日発売のジャンプSQ掲載漫画『プラチナエンド』最新46話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

咲と明日の2人がいい感じになっていたので、幸せな展開になりそうでしたが、そうもいかず・・・

すぐに現実に戻されるような感じになっていますね。

特に話し合いが決裂すると、米田教授は殺される可能性が高いので、予断を許さない状況です。

関連サイト:ジャンプスクエア公式HP/ウィキペディア

スポンサーリンク