スキップビート

スキップビートネタバレ最新276話確定【スキャンダルの真相が明らかに】

スキップビート 276
スポンサーリンク
Pocket

2019年11月20日発売の花とゆめ掲載漫画『スキップビート』最新276話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

連のスキャンダルについては、やはりデマだったようですので、キョーコにとっては嬉しいような感じでしょうか?

或る意味でキョーコは、蓮に裏切られるような形になりましたが、今後の2人の関係は良い方向へ進んでいく可能性が高いのではないでしょうかね。

それでは、2019年11月20日発売の花とゆめ掲載漫画『スキップビート』最新276話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<スキップビート最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

スキップビートネタバレ最新276話「スキャンダルの真相が明らかに!」

連は当て馬だったようです。

坊の着ぐるみを着ているキョーコは、「あ………当て馬…?」と聞き返します。

何度も聞いてしまったキョーコに、蓮はこれでも一応傷ついてるんだから何度も言わせないでくれないかと言います。

それでもキョーコは信じられないようで、「えっだってさ、だってっっ、君っ、敦賀蓮だよ?」とさらに念を押しています。

連は坊の中身がキョーコとは知りませんから、楠とのスキャンダルの真相について喋っています。

聞いておいて、キョーコもまさか蓮が当て馬だということを理解できずに、何度も確認してしまいます。

確かに、連といえば抱かれたい男No.1など輝かしい異名を持っていますからね。

しかし、だからこその最強の当て馬だったのだろうと蓮は呟きます。

 

まさかの真実とは?

いや、なんて贅沢な敦賀使いでしょうかね?

楠香凪はかなりやり手でしょう(笑)

さらに、蓮は「…彼女に本気になった所で、俺は相手にされないって“俺が”分かってるから」と言います。

連が言うには、彼女の恋愛対象に自分は入らないらしいです。

そう、楠香凪の恋愛対象は女性なのです!

またもや驚きの発言に、キョーコはあまりの衝撃に固まってしまい声も出ません。

確かに、業界の人ではわりと居るって聞いていたものの、まさか楠香凪もそうだとは驚きですね。

しかしながら、一つ言えることは、そんな彼女の秘密を共有してるということは、蓮はかなり楠香凪に信頼されてることが、容易に想像できます。

しかし、連に楠香凪が打ち明けられた訳ではないようです。

どちらかというとあれは、不幸な事故だったとのことです。

女性に無理やりキスして、叩かれてるとこを目撃してしまったのでした(笑)

その時、たまたま蓮は彼女の修羅場に居合わせてしまったことが、すべての発端でした。

それ以来、彼女の中では蓮がどういう位置付けになったのかは分からないですが、大きなパーティーなどで顔を合わせるたびに、必ず声をかけてくれて、自分を虫除けにされたと連は言います。

連は「正直、今回の報道で少なからず俺の方にも実害が出てるから、こうなってくると香凪さんにはなんとしても想い人と纏まってもらわないと納得がいかない」と感じているようです。

確かに、勝手に当て馬にされて、仕事にまで影響が出ていますからね。

キョーコは、「もしかして報道陣から違法スレスレの迷惑行為を受けて逃げ回ってるのか!?」と聞きますが、蓮は逃げ回ってるのは俺じゃないとそれを否定しています。

逃げ回っているのは、以前話した例の彼女だそうですよ!

 

連の想い人は誰なの?

では、楠香凪が「相手」じゃないっていう事は、敦賀蓮の想い人は誰になるのでしょうか?

そうなると、やっぱりあの人でしょうね。

連は、坊が相手だとあけすけにモノが言えてしまうから、だいぶスッキリしたと言い、ありがとうとお礼を言います。

キョーコにとっては、やっと「楠香凪なら仕方ない」と思えるようになったのに、複雑な心境になっているようでした。

楠香凪といえば、キョーコが張り合おうなんておこがましい程、よくできた女性ですから、彼女であれば敦賀蓮を幸せにしてくれるだろうと感じていました。

キョーコはそう自分に言い聞かせて、無理矢理納得してたのに!と感じています。

ということは、結局は森住が相手なのか!?!?

しかし、キョーコの心中の思いとしては、「あんな地球人の皮をかぶった宇宙人に敦賀さんを任せるなんて!」と感じているようです。

もしかしたら、敦賀蓮の前でだけは可愛いというパターンのかもしれないと、キョーコは考えるものの、ものすごく納得できないようです。

しかしながら、もし敦賀蓮が諦めてしまっていたものに対して、もう一度向き合う勇気を持てるというのであれば、私の気持ちなんてどうだっていいとキョーコは思っています。

ここまでの自己犠牲は、なかなかできることではないでしょうね!

それが、たとえ森住が相手でも同じでした。

楠香凪なら仕方ないと思ってたのに、性格の悪い森住だと納得できないと思いつつも、キョーコは敦賀蓮のためを思って、アドバイスすることにしました。

そのアドバイスとは、好きな子が逃げ出してしまう問題の早期解決案として、告白することを提案したのです!

 

スポンサーリンク

スキップビートネタバレ最新276話「蓮がキョーコに告白する?」

キョーコのアドバイスを受けた蓮は、言う通りに告白するんですか気になります・・・

坊(キョーコ)の「ぶちまけちまえ」には、男前過ぎて思わず笑ってしまいました(笑)

どんなお話になるのでしょうか!展開が気になります

 

キョーコの鈍感さにあきれる?

楠香凪の恋愛対象については、さすがに予想外でした。

読んでいてもかなり驚きましたね!

年上好きか、もしくは思いっきり年下好きというような予想をしていましたが、全く外れてしまいました。

まぁ連を当て馬まで持ち出してきた、楠香凪の想いが本当に好きな相手に届くといいのですが、どうなるのでしょうか?

となると気になるのが、蓮の意中の相手です。

ちゃんと落ち着いて聞いていれば、蓮の言葉の端々に想い人は、自分(キョーコ)を連想することができるはずです!

それなのに、できないというのは恐るべし恋愛フィルターであり、鈍感力としか言えません。

蓮の方も固有名詞を出さないで、坊に対しての話でもぼかした内容でしか話していないことが災いしているようです。

なので、意中の相手=高校生=森住という図式になってしまっているんですよね。

しかし、キョーコは自分だって高校生だという自覚はないんでしょうか(笑)

 

キョーコに告白する?

ということは、キョーコに蓮が告白するような展開になるのでしょうか?

問題解決に向けて、思いっきり「告っちゃえよ」と言い放っているキョーコですが、蓮がそれ(告白)を実行するとしたらキョーコは逃げ回っていられなくなりそうですね。

まさか、自分のことではないと思っているから、バッサリ言えたことなのかもしれません。

見どころは、逃げるキョーコを捕まえて告白する蓮になりそうですね!

また、今回は出番の少なかったモー子のアメリカのお仕事あたりも関連して、さらにややこしくなるかもしれません。

<<スキップビート277話に続く

 

スポンサーリンク

「スキップビート ネタバレ 最新 確定」まとめ

ここまで、2019年11月20日発売の花とゆめ掲載漫画『スキップビート』最新276話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

驚きの連続で、一度頭を整理する必要がありそうです。

楠香凪のカミングアウトや、スキャンダルの真相など気になっていたことが明らかになって、スッキリした感じもしました。

そして、蓮がついにキョーコに告白をするというような展開になりそうなので、必見ですよ!

関連サイト:花とゆめ公式HP/ウィキペディア/スキップビート公式サイト

スポンサーリンク