高嶺と花

高嶺と花ネタバレ最新92話確定【八雲が再登場】

高嶺と花 92
スポンサーリンク
Pocket

2019年12月5日発売の花とゆめ掲載漫画『高嶺と花』最新92話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

比較的、平和な展開となっており、安心して読めるような展開になっていると思いますね!

やはり、祖父は癖が強すぎで、本当にたまにの登場でお腹いっぱいです(笑)

そして、八雲が登場したようですから、嵐の予感がしますね・・・

それでは、2019年12月5日発売の花とゆめ掲載漫画『高嶺と花』最新92話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<高嶺と花最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

高嶺と花ネタバレ最新92話「餅つきで意気投合?」

本当に楽しい時間や、幸せな時間というのは、体感的にあっという間に過ぎていきますよね。

高嶺と花では、誕生日とクリスマスを経て、早くも年末になっています。

そんな中で、野々村家と高嶺は九州へとやって来て、以外にも年末の帰省というのが初めてらしい高嶺は、帰省ラッシュの人の多さに疲れているようです。

高嶺は、地元に戻って集まるよりも、いっそのこと海外で落ち合った方が、スムーズなのではないか?と名案を思いついたように言います。

ただ今回、鷹羽の家に行くのを止めて、祖父母方にも挨拶をしなければと帰省を決めたのは、他でもない高嶺ですからね。

 

祖父母との再会

帰省ラッシュの人ごみに疲れながらも、花としては一緒に年を越せるのが嬉しいようです。

じいちゃん、ばあちゃんお久しぶり!と、久しぶりの再会に盛り上がります!

花と祖父母はかなりの盛り上がりようですが、高嶺が挨拶をした途端に、祖父が木刀を振り回し始めます(笑)

今にも、高嶺に襲いかかろうといった感じです。

高嶺が来ることは、事前に花の母親から知らされていたようですが、聞いていて頭ではわかっていても、実際に会うと心が追いつかないような感じですね。

祖父は、「こんないけ好かん前髪の30男に、高校生の孫娘に手を出されて黙っていられるか!」と血気盛ん!

高嶺を角刈りにしてやると・・・

花もこんな剣幕で怒る祖父を見るのは、初めてのようです。

花は冗談ではなく、真面目に「高嶺さん、生きて帰って下さいね」と言いました。

 

祖父とは仲良し?

花は祖母とのんびりした時間を過ごしています。

その間にも、高嶺は祖父にひたすらこき使われています(笑)

高嶺は、それはあっち、これはそっちと重たい物を移動するよう命令されています。

高嶺は、従ってはいたものの、「なんで俺はこうも爺さん運が悪いんだ」と運の悪さを嘆いていました。

こればっかりは、運というよりも生まれついたものですから、しょうがないでしょうね。

実はこのこき使われるポジションは、花の父が去年まで務めていました。

いよいよ、高嶺にこのポジションが世代交代したと思って、笑って逃げて行きます。

そんな、2人が物置を整理していた理由は、臼を探していたからでした。

ここまで来たら、高嶺はやけくそです。

やれることはやってやろうと、意地で臼を持ち上げます。

花は、高嶺と祖父の2人の険悪さを心配して、様子を見に行くと、そこにはさっきまでが嘘のように、息がぴったりに餅をつく2人の姿がありました。

どうやら、最終的には花に美味しい餅を食べさせたいという思いが一致して、いつのまにか一致団結したみたいで(笑)

花は、そんな2人を見て照れていましたね!

そして、宴会が始まると、当初の祖父は最初の怒りはどこへやら・・・

かなりの上機嫌になっており、花も心配して損したというくらいのイイ感じに。

祖母は、おじいさんはああ見えて、案外人見知りだからどう接したらいいのかわからなったのよと言います。

 

高嶺がついに昇進?

宴会も終わり、高嶺は一人で臼と杵の洗い物をしています。

花は、冷たくなった高嶺の手を息を吹きかけて、温めながらイチャついています。

高嶺が花の頬を包むと、こっちの方があったかいと、見つめ合う2人・・・。

いい雰囲気になったなと思った矢先、祖父が目ざとくそれを見ていましたね。

まさに家政婦は見た状態です(笑)

そして、年が明けて笑顔で新年を迎えられました。

次の年もみんなが笑顔でありますようにと、花は初詣で祈っています。

その後、高嶺は会長に呼び出され、あることを告げられます。

実は狭谷からの後押しもあって、高嶺をグループ本社役員に任命することになったというのです!

これは嬉しかったでしょうね!

しかい、喜びもつかの間。

それからもう1人同じく本社役員になる者がいるそうです。

そう目の前に現れたのは、サイコパスのあの八雲だったのです。

なんか、嵐の予感がするのは私だけでしょうか・・・

 

スポンサーリンク

高嶺と花ネタバレ最新92話「高嶺ついに昇進!」

まさに、野々村の祖父vs鷹羽の、祖父の癖が強いキャラクター者対決というような感じでした(笑)

高嶺にしろ、花にしろどちらの祖父も孫に対する愛情は同じですが、その質の違いみたいなものでしょうかね?

それが垣間見えた回でした。

 

花と高嶺がさらに急接近?

やはり、お正月といえば、祖父母のお家で家族で過ごすのが一番ですよね。

そして、年明けという流れは大人になってもワクワクして楽しいです。

つきたての餅を食べられるのも、おばあちゃん家ならではですからね。

やはり、自分でついた、つきたてのお餅は別格の美味しさですよね。

高嶺と祖父の関係が思いやられましたが、高嶺も半ばやけくそではありましたが、しっかり祖父の言う事に従って、最終的に仲良くなっていましたよね!

花の事大切にしているんだなあと感じることも出来ました。

さらに、花の祖父母に認められたことで、さらに2人の中は急接近していくことでしょうね!

 

八雲が再登場!

会長に呼ばれた高嶺は、嬉しい知らせを受けることになります!

狭谷からの後押しもあって、高嶺をグループ本社役員に任命する事になったというのです。

しかも、まさかの狭谷の後押しという・・・

高嶺は嬉しいのと同時に、急にどういう風の吹き回しなのか?と。

そして、それからもう1人同じく本社役員になる人がいるそうです。

それが、なんと八雲だったのです!

まさかの再登場!

八雲といえば、高嶺のいとこという間柄。

しかも、小さい頃から、異常に高嶺のことをライバル視している節があります。

育った環境に違いがあるのを差し引いても、その根性の悪さは天下一品。

高嶺のものは俺のものと、ジャイアンのような思想の持ち主で、オレサマ主義者です。

花にとっても因縁の相手で、八雲さんからの嫌がらせにより閉じ込められてしまったこともありましたよね!

こんな2人が、同じタイミングで本社役員に任命ということは、間違いなくひと悶着、いやふた悶着?ぜったいに 何か起こるでしょうね。

楽しいお正月もつかの間、早速嵐のような展開になりそうです。

やっぱり、悪い予感は当たっていたようです。

<<高嶺と花93話に続く

 

スポンサーリンク

「高嶺と花 ネタバレ 最新 確定」まとめ

ここまで、2019年12月5日発売の花とゆめ掲載漫画『高嶺と花』最新92話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

楽しいお正月もあっという間に過ぎ去り、高嶺はついに本部役員に昇格しました!

嬉しい反面、狭谷の後押しということで素直に喜べない部分もあります。

そして、何より八雲も同じタイミングで昇格ですからね、花との関係よりもこちらが面白くなりそうです。

関連サイト:花とゆめ公式HP/ウィキペディア/高嶺と花公式サイト

スポンサーリンク