アオアシ

アオアシネタバレ最新199話確定【葦人を救うのは花の言葉】

アオアシ 199
スポンサーリンク
Pocket

2019年12月2日発売の週刊ビックコミックスピリッツ掲載漫画『アオアシ』最新199話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

トリポネの凄さが増すたびに、葦人のプレーの精度も落ちていくような気がします・・・

なんとか、立て直す必要がありそうですが、今の葦人にそこまでの技術とメンタリティがあるのか?非常に気になる所です。

それでは、2019年12月2日発売の週刊ビックコミックスピリッツ掲載漫画『アオアシ』最新199話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<アオアシ最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

アオアシネタバレ最新199話「まさかの退場?」

葦人はトリポネへの恐怖を感じている中で、花のことが頭に浮んでいます。

なぜこんな時にと動揺している様子です。

気を取り直して、船橋のシュートを頭で防いでいます。

 

サッカー以外のこと

葦人は頭の中から花の姿を取り払おうとしています。

自分にはサッカー以外は、必要ないと言い聞かせているようですね。

そんな葦人の姿を見た福田監督と望コーチは、様子がおかしいことに気付いたようです。

その、やけくそな姿を見た福田監督は、過去怪我した左膝が疼きます。

もう葦人は試合どころじゃないというような感じです。

しかも、心理的には同点なのに負けてるというような感覚だと思います。

それでも試合は進んでおり、クリアボールを高杉が拾い、エスペリオンのカウンターのチャンスが。

しかし、サミーによって反撃は阻まれ、またしてもトリポネにボールが渡ります。

葦人が思ってたことはただ一つ。

何としても、トリポネを抑えることただそれだけです。

葦人はトリポネへと突っ込むような形で、何も術は無いがとりあえず足をと、足を伸ばします!

その瞬間、福田監督は左膝に激痛を感じ、やめろと叫びます!

 

まさかの退場?

葦人はわずかな瞬間で、花の言葉が頭によぎりました。

それは、葦人が花にスペインの頃の福田監督に似ていると言われたことでした。

悪寒が走る葦人。

花は、たかがサッカーだからと言い、どうしようもない時は逃げていいと伝えていました。

葦人は花の言葉と同時に、皆との楽しい思い出や故郷が頭に浮かんでいました。

寸前のところで突っ込むのを止めますが、葦人が我に返った瞬間には、トリポネがシュートを放っていました。

そのシュートに向かって、堪らずボールの向かう方向へ右手を伸ばし・・・

この葦人の故意のハンドには、審判はレッドカードの判定をします。

葦人は震える手を見つめ、膝から崩れ落ちました。

流石にペナルティーエリア内で、この反則はやっちゃった感じですね。

花の言葉のおかげで、怪我という最悪の事態は回避したものの・・・

船橋学院としては、PKは二原が蹴るのか、トリポネが蹴るのか分からないですが、このままトリポネペースになることは間違いないようです。

平と交代する前に退場ですから、平の出番はこの試合は無しかもしれませんね。

さらに、試合の決勝点がPKとなり、決まってしまうことは最悪です。

このままエスペリオンが負けて終わると葦人は更にキツイので、立ち直れないどころか、阿久津に試合終わりに激詰めされそうな感じです。

 

スポンサーリンク

アオアシネタバレ最新199話「PKで試合が決まる?」

恐らく、サッカーに対して稀有な才能を持っており、周りが見える葦人だからこそ、トリポネの凄さについて、さらに恐怖を感じたのでしょうね。

福田監督同様に怪我を負わなかったのは、不幸中の幸いと言えます。

それでも、こうして残念な結果に繋がるとは、しかも一発退場は予想していなかったはずです。

まさかの一発退場となった、これからの試合展開はどうなっていくのでしょうか。

この葦人の様子を見る感じでは、更に自らを責めてしまうという悪循環に陥る可能性が高いです。

この先、葦人に何が待っているのか?

 

また葦人を救うのは花の言葉?

「今の君は、サッカー以外の余裕がなさすぎる。

スペインの時の、兄ぃに似てる。

フィールドに出てるみんな、一生懸命だから。

つかみたくてもつかめない時ってやっぱりあるよ。

葦人、逃げていいよ。たかがサッカーじゃないか。

逃げていいからね。」という花の助言によって、なんとか怪我からは守られました。

この後、試合が終わった後も花の言葉に救われる展開はあり得そうです。

この花の幻影が見えたということは、葦人にとって特別な存在だったのでしょうね。

あまりにも勝ちたいという強い思いで、サッカーをしていた裏返しでもあります。

チームに貢献することで、強くならなければ!というような考えに固執し過ぎたようにも見えます。

その結果として、退場にはなってしまいましたものの、その後見た時には退場で済んで良かったと思う時が来るでしょう。

あの勢いのまま、なりふり構わずに突っ込んでいったら、相手はフィジカルモンスターのトリポネですから、良くて大怪我、最悪選手生命を絶たれる可能性が非常に高いです。

なんの考えもなしで、トリポネに向かっていった行動自体も、トリポネへの恐怖が本能に刻み込まれたことが大きな要因でしょう。

なので、その後の選手生命や試合結果というよりも、目の前のトリポネを怪我をしてでも止めないといけないという思いがあったからなのでしょうね。

 

PKを蹴るのは誰?

試合中にサミーが描かれていましたね!

皆さん気が付きましたか?

サミーもトリポネ同様に、夏目監督に才能を見つけてもらえたようですね。

そして、しっかりチームに拾ってもらえて安心しました。

となると、このあとサミーの投入もあり得るのかな?と思ってしまいますね。

葦人に注目がいきがちですが、トリポネまでパスを繋ぐ船橋学院のパスワークも流石です。

それにしても、余裕なし状態でまさかの展開になってしまったことで、読んでる読者は衝撃だったと思います。

ゴール前での故意とみなされたハンドは、レッドカードとなったことで大きなプランチェンジは必須です。

となると、平が交代によって試合に出場する可能性は・・・

かなり低くなることは間違いないでしょうね。

これまで、後半戦も20分を経過した頃でしたが、葦人のファールでどの位試合時間は進んだのでしょうかね?

恐らく5分位でしょうか?

まだ、時間はありますから、数的不利は仕方ないとして、反撃するチャンスは必ずあるでしょう。

その試合展開を大きく左右する、このPKですが果たして誰が蹴るのでしょうか?

トリポネが弾丸シュートを叩きこむような気がしますが、ここまで息をひそめていた二原という選択もあるでしょうね。

どちらにしろ、この1点が決まっても決まらなくてもエスペリオンが不利ということは変わらないでしょう。

<<アオアシ200話に続く

 

スポンサーリンク

「アオアシ ネタバレ 最新 確定」まとめ

ここまで、2019年12月26日発売の週刊ビックコミックスピリッツ掲載漫画『アオアシ』最新199話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

俯瞰が武器の葦人ですが、トリポネとの圧倒的な力の差を感じて、周りが見えなくなったようですね。

なんとか大怪我については避けることができましたが、チームは大ピンチを迎えることに。

そして、この後の葦人の精神的なダメージもかなり気がかりですから、目が離せない展開が続きそうです。

関連サイト:ビックコミックスピリッツ公式HP/ウィキペディア/アオアシ公式サイト

スポンサーリンク