スキップビート

スキップビートネタバレ最新277話確定【募る蓮の想い】

スキップビート 277
スポンサーリンク
Pocket

2019年12月5日発売の花とゆめ掲載漫画『スキップビート』最新277話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

この歯がゆい行き違いは、キョーコの鈍感さが招いたことで、読んでいる方は本当に疲れます(笑)

キョーコは蓮に告白するように勧めますが・・・まさか自分のことだとは夢にも思っていないようですから、どうなるんでしょうか?

それでは、2019年12月5日発売の花とゆめ掲載漫画『スキップビート』最新277話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<スキップビート最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

スキップビートネタバレ最新277話「募る蓮の想い」

蓮は告白を進められますが、キョトンとして首を傾げています。

そして、やっぱり告白するのは無理だ…と表情は暗いです。

キョーコは、蓮はその彼女とどうこうなるつもりはないことはわかっているようですが、相手が未成年という事情もあると。

さらには、それだけじゃなくて、他にも事情があるんだろうなと察していました。

なので、勧めた告白というのは、付き合うというのではなく、蓮の本当の気持ちを伝えるだけというパターンです。

 

落ち込んでいる蓮

連の落ち込んだ様子を見たキョーコは、彼女に誤解をされているというのに、潔白を証明できないことが、辛いんだろうなと思っています。

キョーコは着ぐるみを着たまま、連に対して「彼女は、口は固い方か?」と聞きます。

とはいえ、キョーコが思っている彼女とは、森住のことです。

なので、ものすごく口が軽そうだなあと思っているようです。

しかし、キョーコの考えに対して、蓮は「口はかなり堅い方だと思うけど。」と。

連はキョーコのことを言っていますが、キョーコ本人は森住のことだと思っているので、意外すぎる解答に、思わず驚き大声をあげてしまいます。

蓮は着ぐるみ(キョーコ)を訝し気に見つめて、まるで彼女を知っているような口ぶりだと。

慌てて取り繕うキョーコ。

女子高生といえば、おしゃべり好きで、噂好きなイメージだったと釈明しています。

確かに他人や友達の恋バナって話したくなりますよね。

しかも、それが禁断の恋ということであれば、尚更黙っていられないのじゃないかと思っていたと説明します。

蓮はさらに落ち込みます・・・

キョーコの森住に対するイメージで語っていましたが、敦賀の前では良識ある可愛い女の子を演じてるんだなあと思ってしまっていますね(笑)

完全にすれ違いの会話です。

しかし、キョーコが言うその女子高生の定義は、彼女には全く当てはまらないと蓮が言います。

この話を聞いていた敦賀は、「どちらかといえば、彼女は恋バナより三度の飯を重視するな。

特に朝食への信頼度は計り知れない。

最悪昼や夜は抜いてもいいが朝食だけは必ず食べるべしと以前、鬼のような形相で説教されたことがある」と。

ここまで聞けば、あれ?私のこと?と思うのが普通です。

しかし、キョーコの鈍感さはハンパないので、森住も同じ思想の持ち主だったのかという解釈になります。

キョーコは彼女への印象が悪すぎることが原因で、想像ですら好感の持てるものになりません……

キョーコは、彼女が言ってることには共感するものの、それが本当にピチピチの10代女子の口から出た言葉なのか?かなり怪しんでいます。

もしこの言葉が出たというのが本当なら、その彼女は枯れてないか?発言がお母さんみたいだと思いました。

これ、自分のことなんですけどね・・・

 

募る彼女への想い

大変な事情があるにしても、その理由さえ分かれば、難しいお年頃の彼女でもきっとわかってくれるだろうと説得します。

そして、敦賀はかなさんとの事情、彼女への想いを本人に言うことを決意します。

普通に考えて、かなさんとのスキャンダルは、時間が解決するでしょうから、耐えられない訳ではありません。

しかしそれよりも、こちらが距離を開けている時に、彼女が不破尚と距離が着々と詰まっているのかと思うと、敦賀は耐えられなかったとのことです。

ここまで聞いた、鳥(キョーコ)はもう力になれることはもうなさそうだと言って、そそくさ帰っていきます。

そして、着ぐるみを脱いだキョーコは、ぼんやりと凹んでいます。

キョーコ自身が、蓮の告白を後押しして、背中を押したにも関わらず、敦賀が思いのほか決心するのが早かったことに驚いていたのです。

蓮の募る彼女への思いは、それだけ切羽詰まっているのかと頭を悩ませています。

おくつろぎのところすみません!

坊ちゃんの回収とお部屋のお掃除よろしいですか?とスタッフが現れます。

そして、帰宅してる途中にも、もし敦賀が森住に告白したとして、案外上手くいっちゃったら・・・

私はどうするんだろう?と漠然とキョーコは想像していますね。

一応、最終的に、重要なのは敦賀の幸せだという結論に。

なんて良い彼女なんでしょうか!

ということで、キョーコはどんな結果になろうと、蓮の恋を暖かく見守る覚悟に。

しかしながら、覚悟はしたものの、実行できるかどうかはまた別の話ですからね。

着ぐるみを脱いだキョーコは、偶然にも敦賀が電話をかけているところに遭遇してしまいます!

 

スポンサーリンク

スキップビートネタバレ最新277話「ついに蓮が告白?」

敦賀は坊の中身がキョーコとは知らないですから、好きな子が逃げ出してしまう問題の早期解決案として、キョーコが提案した告白することを決心します。

話のすれ違いに、敦賀は驚いた顔をしていましたがね(笑)

敦賀は告るという日本語が分らないといった後に、苦しそうな表情でやっぱり無理だと言いましたが、どうなっていくのでしょうか?

 

すれ違いは解消される?

キョーコは蓮が何か過去のトラウマ的なことで、恋愛できない事情があることが分かっていて、気持ちを伝えるという選択肢を提案していましたね。

キョーコは森住は口軽いよなと思っていますが、敦賀は固いと答えると、キョーコはビックリします。

そりゃ、蓮はキョーコのことを言っていますからね。

こんなコントみたいなことが、あり得るのでしょうか?

早くこのすれ違いが解消して欲しいと思いますが、解消=両想いとなって、めでたしめでたしになりますよね。

 

逃げるキョーコ?

告白を後押ししたものの、キョーコは複雑な心境です。

話を聞いていたキョーコでしたが、敦賀が告白を決意したようなので、キョーコはお別れを言って帰っていきました。

そして、いろいろ考えながら歩いていると、偶然にも蓮との遭遇!

さて、キョーコは逃げる?敦賀さんは告るのか?

ここでもすれ違いがありそうな気がしますね・・・

いきなり、この出会いで告白するシチュエーションではないでしょうから、個人的な考察では告白はまたの次回になりそうです。

<<スキップビート278話に続く

 

スポンサーリンク

「スキップビート ネタバレ 最新 確定」まとめ

ここまで、2019年12月5日発売の花とゆめ掲載漫画『スキップビート』最新277話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

まさにすれ違いのコントを見せられているようで、本当に歯がゆい展開でしたね!

告白を決意した蓮でしたが、偶然会ったキョーコに告白するのでしょうかね。

一方のキョーコはまさか自分のことだとは思っていないので、またしても逃走する展開も考えられると思います。

関連サイト:花とゆめ公式HP/ウィキペディア/スキップビート公式サイト

スポンサーリンク