キングダム

キングダムネタバレ最新624話確定【龐煖が武神になる理由】

キングダム 624
スポンサーリンク
Pocket

2019年12月5日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新624話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

龐煖の回想シーンが多いような展開でしたが、かなり偏った考え方をしているようなので、信たちとは死んでも分かり合えないでしょうね・・・

龐煖は武神になろうとしているわけで、あまりに凄い勘違いというのは、ある意味最強だともいえるので、龐煖の強さにも繋がっているのでしょう。

それでは、2019年12月5日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新624話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<キングダム最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新624話「龐煖が武神になる理由」

今から19年前に李牧と龐煖が出会いました。

19年前の李牧といえば、まだ趙軍の軍師をしていない頃のことです。

李牧自身が語る、その頃の自分は「戦に溺れた愚か者」だったと言います。

そのため、多くのものを失い続けており、最悪な時期だったといいます。

ある戦で李牧は大敗してしまい、自身も深傷を負っていました。

敵に追われて一人で深い山を彷徨い、そして自分の命が終わろうとした時のことでした。

その時、龐煖と出会ったのです。

 

龐煖と李牧の出会い

李牧と出会った時の龐煖はというと、虎の頭を持っている状態でした・・・

そんな龐煖の姿を見た李牧は、龐煖が人だと思わなかったようです。

自分の命が終わろうとしてる時に、山に住んでいる人ではない何かと出会ったのだと李牧は率直に思ったそうです。

一方の龐煖は、横たわる李牧に気づいて、持っていた虎の頭を投げ捨てると、李牧の首を矛で切ろうとします。

その時、何かが龐煖を思いとどめたようで、結局李牧は殺されなかったのです。

龐煖には「地の声」が聞こえているそうです。

その声に導かれながら、李牧と龐煖を会わせたのだと龐煖は感じたようです。

李牧は龐煖を「答えに導く者」だということですね。

ただ李牧はというと、戦に明け暮れて、今にも命が尽きようとしていました。

すると、龐煖は「いずれわかることだ、李牧」と返すのでした。

龐煖は自分のことを「求道者の龐煖」と名乗りました。

気になるのは、李牧と龐煖は初対面のはずなのに、いきなり「李牧」龐煖が呼んでいるのはなぜなのでしょうか?

もしかすると、本当に「地の声」なるものを聞くことができるのでしょうか。

龐煖が去った後で、李牧はなんとか歩けるぐらいに回復します。

歩き出すと、そこには李牧を追ってきた敵の死体の山があったのです。

 

武神になる龐煖

李幕は求道者について語っています。

求道者とは「人の救済」を求める者のことだそう。

争いを繰り返す人の世を救えないかと考えた集団こそが、求道者の始まりなのだそう。

しかしながら、争いの中で「道」を探したとしても、そこに答えは無かったのです。

というのも、争いは偏愛がある限り生まれるからです。

「情」がある限り、苦しみの世は変わらないという考えみたいですね。

しかし、カイネは情があるからこそ人間なのでは?と言います。

李牧はその考えに賛成するものの、それでも人は、人を超えた存在を求めていると。

なので、求道者である龐煖が、自ら武をもって人を超え、神に近い領域に立つことで、争いをやめて苦しみの世から完全に解放されると、本気で信じていたのです。

かなりヤバイ考え方でしょうね・・・

普通に考えて「そんなことが起こるわけがない」と思いますよね。

龐煖がそのために行動しているとは・・・

真実を知ったカイネは、恐怖なのかブルッと震えています。

カイネは「ただ自分が最強であることを誇示するためだけに、あの暴威をふるっている」と。

そんなこと、起こるわけが・・・と言うカイネ。

突然、左目から涙が流れ驚きます。

さらにカイネだけではなく、他の近衛兵達も左目だけから涙を流します。

求道者達の言っていること、やっていることは常軌を逸しているとカイネは言いますが、李牧もそれは理解しているようです。

ある者は土くれになるまで瞑想し、ある者は宙を舞うために谷へ身を投げたという笑い話も聞きました。

そして龐煖は、全てをかけて武神にならんとする道を選んだのです。

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新624話「信との戦いで答えが判明」

武力によって争いをなくす人の救済を求めたのが龐煖のようです。

普通に、死にかけた李牧を龐煖が救っていた事実にも驚きました。

カイネはかなりバランスが取れた考え方の持ち主ですね。

武力で人の世が救えるのかと問うています。

とはいえ、龐煖はそれを信じて鍛錬を続けていた人物。

 

龐煖と信の戦いに?

2人の戦いは、持ち越されるのではと思えてならないですね・・・

仮にそのような展開になったとすると、朱海平原の着地点は別の場所での戦にかかっていると思われます。

可能性としては、馬呈の相手をする糸凌ぐらいではないでしょうか。

もじ糸凌が馬呈を抜いたとなると、李牧としてもかなりのピンチです。

なので、眼前で戦う龐煖と信もその流れに飲まれてしまい、持ち越しも考えられます。

 

信は答えを持っている?

求道者(武神)=龐煖、答えに導く者=李牧というような関係。

そして、李牧は龐煖に対して、「答えは戦場にある」と言っていました。

その答えに導く日というのが、朱海平原の戦い15日目の今日なのです。

答えを持つ者というのは、信であることはまず間違いないだろうと思っています。

他の可能性としては、信と羌瘣の2人というパターンもあり得るでしょうね。

なぜ信が答えを知っているのかというと、かつて龐煖を打ち負かしたことのある王騎の矛と意志を受け継いでいますからね。

信と龐煖との戦いが始まれば、「答え」が何であるのかも判明すると思われます。

 

勝負は短期決戦?

朱海平原の戦いは最終日を迎えており、信と龐煖の一騎討ちが最後の山場となるでしょうね。

この一騎討ちにおいて、信が負ける可能性はゼロだと思っています。

あくまで、個人的な考察ですが・・・

龐煖が求める「答え」というのは、信の存在によって打ち消され、もしくは別物だったと悟ると予想しています。

そもそも龐煖が武神として戦って、個の実力のみを示しているのに対して、王騎や麃公は集団の上に立つ天下の大将軍の立場を背負って戦っていますからね。

両者は何かの為に戦ってはいますが、個と集という大きな違いがあるのです。

また、王騎は敵味は関係無く、みんなの思いが両肩に重く宿っていると言っていました。

恐らく、これは天下の大将軍を目指す信にも当てはまることでしょう。

信と龐煖は共にダメージが蓄積されているので、長期戦に突入することは無いだろうと考えており、一瞬の勝負かもしれません。

<<キングダム625話に続く

 

スポンサーリンク

「キングダム ネタバレ 最新 確定」まとめ

ここまで、2019年12月5日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新624話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

龐煖と李牧は強くなれば戦いは無くなるというような考え方のようです。

カイネが忠告しているものの、2人の洗脳は全く溶ける気配なしですよね。

龐煖が求める答えを信が持っていると思われますが、その答えを知った龐煖はショックを受けるに違いないでしょう。

関連サイト:週刊ヤングジャンプ公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.