花のち晴れ

花のち晴れネタバレ最新111話確定【音の叔母が登場】

花のち晴れ 111
スポンサーリンク
Pocket

2019年12月22日発売の少年ジャンプ+掲載漫画『花のち晴れ』最新111話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

いよいよ最終回を迎えるようですが、できれば花と晴の結婚くらいまで見届けたいような気持ちもありますね。

とはいえ、最終回ということで2人の距離は一気に縮まることは間違いないですから、2人がどのような選択をするのか?という所も気になるポイントではありますね!

それでは、2019年12月22日発売の少年ジャンプ+掲載漫画『花のち晴れ』最新111話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<花のち晴れ最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

花のち晴れネタバレ最新111話「ついに結ばれる2人」

晴は今までの自分のことを振り返ってみると、自分の存在をずっと誰かに認めてほしいという思いが強かったようです。

カリスマであったF4に憧れて、真似事という形ではあるものの、仲間たちとコレクト5を結成しています!

晴は当初、みんなから認められたいという気持ちや、学園の生徒から一気に注目を浴びることに対して満足していましたし、実際にそういうような存在になります。

しかし、晴自信はというとその姿は本当の自分ではないと感じていたのです。

いつしか晴は、本気で強くなりたいと願うようになっていきました。

 

晴の黒歴史

雪が降るある日のこと。

晴と音が仲良く歩いていると、音は以前に晴がよく利用していた通販の会社のことを思い出します。

そして、晴に話題を振ります。

その通販がきっかけで、初めて2人が出会ったのですから、美しい思い出だと思いますが、晴の黒歴史でもあったのです(笑)

その通販で晴が購入していたのは、装着するだけで背が伸びるという明らかにインチキ臭い商品でした・・・

しかも、それだけでなく通販で火星の石も購入していたそう・・・

ただ、その怪しい通販の品物を購入して、晴が音のバイト先に取りにこなかったとしたら、もしかしたら2人は出会っていなかったという可能性もありますからね。

そんな穏やかな空気で、音は突然自分が未経験であることを唐突に告白します(笑)

しかし、あれだけチヤホヤされていた晴も実は同じなんだと。

 

まさかのカツアゲ?

急に恥ずかしがる2人でしたが、いきなり目の前に怪しい少年が・・・

しかも、刃物を持っているではありませんか!

晴に対して金を要求して、まさかのカツアゲに遭っています。

その少年は1人でしたが、影には少年に命令していた友人らしき人物の姿がありました。

この少年は他の人物に命令されて、カツアゲしていただけのようです。

そんな彼らに対して、20万あるから欲しかったら直接取りに来いと言い放ちます。

本当に、晴は精神的にもかなり強い男性になったと思いますね!

力ではなく、大人の対応で対処するのはかっこよすぎます。

カツアゲしてきた少年を見た晴れは、昔の自分を見ているようでした。

そして、脳裏にはあのとき助けてもらった道明寺司のかっこいい姿が思い出されています。

晴はその少年に対して、自分自身で変わらないといけないといい、その姿を見て改めて晴の凄さを音は思い知るのでした。

 

ついに結ばれる?

晴がここまで変わることができたのは、音がいてくれたからこそ!

そして、改めて感謝するのです。

晴と音は神楽木家へと行きます。

出迎えた執事の小林に対して、晴は自分の部屋で音と一緒に一晩過ごすと伝えます。

その言葉に涙を流しながら感激する小林に、つい音ももらい泣きしてしまうのでした。

小林に認められたことが音は嬉しかったみたいです。

小林は晴に「卒業おめでとう!」と言って、2人のことを心から祝福するのでした。

そして、やっと晴の部屋で2人きりになり、読んでいる方もニヤニヤするような終始イチャイチャムード。

音と晴はついに結ばれ、晴は幸せを感じつつぼーっとしています。

そんな晴はというと、幸せすぎてつい腕枕を頑張りすぎたみたいです。

その代償として、翌日腕がダランダラン状態になりつつも幸せな朝を迎えるのでした!

 

スポンサーリンク

花のち晴れネタバレ最新111話「ハッピーエンドで終わり?」

最初から比べてみても、晴は本当に成長したと思います。

特に精神面は雲泥の差ともいえるでしょうね。

カツアゲを追い払う晴からは、オーラすら感じるくらいの凄みでした。

 

最終回でも晴のいい男ぶりが続く?

最初に登場したときの晴からは、想像できないくらい良い男になっており、正直ファンとしても驚きの変貌を遂げています(笑)

他の道明寺や花沢類とは一味違って、自分の気持ちにまっすぐで、晴の言葉には嘘が無いところが大きな魅力なのではないでしょうか。

昔の晴は、本当の自分を隠すことによって、強い人を演じていました。

しかし、今見ている晴の姿は飾らない本当の姿なのでしょうね。

これは最終回でも続いていくでしょうし、音が晴をどんどん好きになっていくことでしょう。

音のためにどんどん自分自身も変わり強くなって、いつしか本当の強さというものを手に入れた晴は、とてもカッコイイと思いますね。

たった1人を好きになるとによって、こんなにも人は変わることができるのだと思い知らされました。

最終回でどんな困難があろうとも、強くなった晴は乗り越えてくれることでしょうね。

結果的には、晴だけではなく、音自身も晴のおかげで変わったと思います。

そして、成長した2人は本当に理想的なカップルになったと思いますし、今が一番幸せだと思いますが、明日がもっと幸せになると読んでいても嬉しい限りです。

そして、音と晴はついに結ばれたわけですが、本当にここまで長かったような、短かったような・・・という感じですね。

いつもちょうどいいタイミングで、何かしら邪魔が入っていましたから、今回もそんなとこだろうと思っていました。

しかし、最初から最後まで安心して見ることができました!

とはいえ、最終回を前にあまりにもあっさり2人が結ばれてしまって、その上幸せの絶頂ですから、大丈夫なのか逆に心配になるくらいです。

恐らくですが、つくしと司なんて未だにお預け状態だと思いますから、ある意味では道明寺越えとも言えるのではないでしょうかね?

 

幸せな感じのラストに?

長らく連載されてきましたが、ついに最終回となります。

これからが楽しくなりそうな展開でしたから、一ファンとしてはかなり落ち込みましたね。

幸せの絶頂でしたからね。

まさか終わってしまうなんて悲しすぎます!

最終回ではどのような感じで終わるのか非常に気になる所ではあります。

もしかすると、一気に時間が進むという可能性もあるでしょうし、これからも続いていく的な終わり方も考えられるでしょう。

何はともあれ、ハッピーエンドであれば納得できるので、晴と音そして、その他のコレクト5メンバーの幸せをしっかり描いたラストになるともいますよ!

 

スポンサーリンク

「花のち晴れ ネタバレ 最新 確定」まとめ

ここまで、2019年12月22日発売の少年ジャンプ+掲載漫画『花のち晴れ』最新111話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

最終回を迎えた、花のち晴れですが幸せ過ぎてこれまでの苦難なんて忘れてしまうほどでしたよね。

晴と音は間違いないくハッピーエンドでしょうが、その他のカップルのその後も気になるのでしっかり描いてくれると思います。

最後に天馬君も見納めしたいなと思いますので、期待していきましょう!

関連サイト:週刊少年ジャンプ+公式HP/ウィキペディア/ドラマ公式サイト

スポンサーリンク