キングダム

キングダムネタバレ最新625話確定【信と龐煖の現状の武力の差】

キングダム 625
スポンサーリンク
Pocket

2019年12月12日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新625話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

龐煖と信の戦いが始まり、最終決戦ともいえるような戦いになっております。

龐煖の攻撃を受けながらも、信は何度も立ち上がり、決して屈しない姿に驚きました。

この後、この2人の戦いはどのような結末を迎えるのでしょうか?

それでは、2019年12月12日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新625話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<キングダム最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新625話「龐煖に見えた幻覚」

李牧が語った龐煖の目的を聞いて、近くにいた部下達は驚いています。

人を救済するために、自分達がまず神に近い存在になる必要があるのです。

なので、人を超える模範を示そうと試みる求道者たち。

その中で龐煖はというと、強さを極めて武神となるべく戦っています。

しかしながら、普通に考えたら疑問が生まれますよね。

もし人の救済が目的なのだとしたら、それは優しさと愛に満ちているようなイメージをするのは誰でも同じでしょう。

龐煖からは李牧が語るような深い愛は感じられず、怒りのような感情しかありません。

李牧の考えによると、李牧たちが考えているような愛というのは、求道者達は持っていないのだと言います。

求道者というのは、人の「情」を否定したものだと。

なので、武神への道を妨げる者は、容赦なく消すことになるのだと言います。

 

龐煖の激しい攻撃

そんな龐煖の目の前に立ちはだかるのは、他でもない信でした。

龐煖の大きな矛が、信を目掛けて攻撃してきます。

信も矛の柄で攻撃を受け止めるものの、龐煖にはパワーでは勝てるはずがありません。

そのまま、防ぎきれずに地面を跳ねるように、体ごと投げ出されてしまいます。

そのまま、うつ伏せになって倒れた信は、なんとか立ち上がろうとします。

ただ、その口から血を吐き出しており、龐煖の攻撃によって体は限界を迎えていました。

近くにいた尾平は、名前を呼ぼうとします。

そんな信に龐煖は容赦なく、今にも矛を振り下げようとしています。

2人は目が血走るほど睨み合い、龐煖の矛の柄が大きくしなるほど強い力で攻撃を加えます!

やはりパワーに関しては、龐煖の方が圧倒的で規格外のようです。

信はジワジワと後退していき、跪くように地面へと押しつけられて、まさに絶体絶命。

なんとか、体をそって必死に受け止めているものの、このままでは首が斬られてしまうのは時間の問題でしょう。

龐煖の矛と一緒に倒れた信に、矛の刃は目の前で地面に刺さりなんとか避けることに成功します。

信はダメージを受けながらも、苛立ち、すぐに立ち上がります。

しかし、目の前にはすでに龐煖の矛が!

信に受け止める隙を与えず、矛の刃が信の胴体へと刺さります。

この攻撃に鎧は、音を立てて砕けていき、体から噴き出す血・・・

信の体は軽く投げ出されてしまい、仰向けのまま地面へ落ち、圧倒的な差に唖然とする飛信隊。

誰もが、もう信の死は確実だと思ったのでしょうね。

趙兵たちは、ようやくこれで終わったと思い、尾平の目からは一筋の涙が流れました。

しかし、ここで終わる信ではありませんでした。

体から大量の血を流しながらも、再び立ち上がり、龐煖も立ち上がった信には驚いているようです。

周りにいた兵士全員も、まさかの事態に驚いています。

カイネも戦場でこの戦いを見ていたようですが、動揺しているようです。

龐煖は武神になろうと強さを極めた男ですから、どう考えても圧倒的に強い相手ということは間違いないでしょう。

そんなチート級の相手に、なぜ信は立ち向かえるのでしょうか。

何度も何度も立ち上がる信の姿を見て、カイネは不思議でなりませんでした。

 

王騎の姿が?

李牧とカイネが話している間にも、戦いは激しさを増しています。

またもや龐煖の攻撃を受け止めた信は、再び先ほどのように力で押されるかと思いきや、今度は押されません!

龐煖の刃を信の刃が、完全に受け止めており互角の状態になっています。

龐煖と互角にやり合う姿を初めて見て、渕副長や田永は驚きを隠せません。

龐煖を睨みつける信は、少しずつ前へと押していき、さっきまでの一方的な展開からは信じられない光景です。

龐煖は矛の刃を見ていた視線をふと信へと向けます。

なんと、驚いたことに信の後ろには王騎の姿が見えるではありませんか!

信が振り回す矛は王騎から受け継いだものですからね。

王騎の姿と信が重なって、この幻覚が見えたものと思われます。

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新625話「信が形勢逆転?」

龐煖に王騎の姿が見えていることが意味することとが気になりますね。

しかし、王騎を出している側の信からしてみると、王騎が見えている様子が一切ないので、完全に龐煖の幻覚のようです。

王騎の姿がみえるのは龐煖だけという状況で、それを証明するかのように、見る度に咆哮しますが、周囲は「このクソカバ、何を咆えてやがる」としか思っていませんからね。

 

信の作戦

龐煖だけは、信を通して王騎を見ているという状況です。

やはり、流石は王騎将軍というような存在感で、死んだ後までこうしてトラウマのように現れるのですね。

この状況は、信にとってはチャンスになることは間違いないでしょう。

なので取るべき戦略としては、自分の行動をなるべく王騎に似せていくのが一番効果的な攻撃になるのではないでしょうか?

いきなり、丁寧な敬語になって龐煖さんと言って見たり、コココココと笑ったりすることで、王騎を彷彿とさせることができるでしょう。

飛信隊の面々に向かって、「そうですね騰とう?」と振り返ったりすることで、さらに龐煖のトラウマが刺激されるのは間違いないでしょうね。

この作戦によって頻繁に王騎の背後霊が見えるようになってくると、増々攻撃が散漫になって隙が出来るはずです。

 

龐煖は死ぬの?

史実の龐煖とは全く違って、キングダムだけのオリジナルに近い死を迎えると考えています。

歴史を見てみても、悼襄王の時代には活躍する龐煖ですが、次の幽繆王の時には登場しませんからね。

これが史実ではありますが、鄴攻めと同じ年に史実では趙の悼襄王は死ぬという展開になります。

ということは、ここでもし龐煖が殺されてしまうような展開になっても、史実に沿ってストーリーが進むことには、なんの問題は起こりません。

普通に戦いを見ていても、信と龐煖の現状の武力の差は歴然。

なので、龐煖が死ぬとは考えにくいでしょう。

ということからも、龐煖は死なずにこの2人の決着は先に引き伸ばされるようなパターンも考えられますよね。

とはいえ、そうなってくると李牧の敗北がどうなるのか気になります。

今の状態からの引き伸ばしとなれば、別のなにかしらの理由で李牧が敗北を決しなければなりませんから、この決戦の結果次第では注目です。

<<キングダム626話に続く

 

スポンサーリンク

「キングダム ネタバレ 最新 確定」まとめ

ここまで、2019年12月12日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新625話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

龐煖と信はもう少し互角に戦えるのかと思っていましたが、やはり別次元の強さですね・・・

武神を目指してるだけのことはあると思いますから、信も何とか食らいついて欲しいと思います。

ただ、龐煖には王騎の幻覚が見えているようですから、これがどのような副作用をもたらすのか注目です。

関連サイト:週刊ヤングジャンプ公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.