キングダム

キングダムネタバレ最新628話確定【龐煖を追い詰める信】

キングダム 628
スポンサーリンク
Pocket

2020年1月9日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新628話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

龐煖と信の戦いが激しさを増して、クライマックスは近いような気がしています!

この戦いの結果が出ることによって、李牧の今後の行動も変わってくると思いますし、飛信隊の戦略も変更される可能性がありますよね。

そんあ大一番は、決着がどのような形でつくのでしょうか?

それでは、2020年1月9日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新628話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<キングダム最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新628話「武神を超える信」

朱海平原15日目が経過しようとしています。

龐煖と信の朝から続く激闘は、クライマックスに差し掛かっています。

日は傾いて、綺麗な夕日が出ています。

その夕日の反射によって、戦場の赤土がさらに赤く映えています。

本来美しいはずの夕日が照らし出しているのは、戦場に広がるのは無数の屍でした・・・

 

限界を超える信

河了貂は戦っている信の異変に気づいていました。

那貴に着いてきてもらいながら、隊の先頭を目指しているようです。

本来の布陣であれば、軍師である河了貂は後方で待機しているのが通常です。

なので、焦った様子で走る河了貂の姿を見た飛信隊の仲間は驚いているようです。

李牧本陣の目の前では、趙兵と秦兵が固唾をのんで信と龐煖の戦いを見届けています。

両者の攻撃は激しく、矛はぶつかり合っています。

なんとか龐煖を倒して欲しいという、飛信隊の思いは一つでした。

その願いが届いたのか、信の矛が龐煖の顔面に直撃して確実にダメージを与えます!

ただ、龐煖もそのまま終わらず、反撃します。

その攻撃は、信の顔面を直撃。

龐煖の攻撃の威力は、普通の兵士とは比べ物にならないものでした。

龐煖の攻撃があまりの衝撃で、信はぺたっと座り込んでしまいます。

この時すでに、信の体力はとっくに限界を迎えていたに違いないです。

信はうっすらと目を開けながら、やはりブツブツと何か言っています。

これまで信に思いを託してきた、数々の戦友たちと戦っていたのですね。

亡くなった仲間の思いも背負いながら、一緒に龐煖に挑んでいます。

信はとっくに限界を迎えているはずなのに、支えてくれている仲間の力で矛を構えていました。

「俺には仲間が・・・俺には生きている仲間が大勢いる、大勢いるんだよ、龐煖!!」と叫んでいます。

龐煖は信の叫びには無反応・・・

会話を一切交わすことなく、2人はまたぶつかり合って戦いへ。

そんなタイミングで河了貂たちが到着しました。

信は何度も龐煖の破壊的な攻撃を食らっても、何度も立ち上がり反撃へ転じます。

そんな姿を見ていた、羌瘣は尾平に抱えられながら「ダメだ・・・止めろ・・・止めて・・・信はもう・・・」と止めようとしていました。

苦しそうな表情を浮かべながら、信へと手を伸ばしています。

普通に戦ってみても、パワーでは龐煖が圧倒しています。

そんな攻撃に信も受け止めきれず、地面へと叩きつけられます。

信以外で龐煖に挑んだ相手は、すでにこの段階で息絶えるはずですからね。

何度も立ち上がる信を見ながら、龐煖は不思議さがこみ上げます。

「なぜだ?なぜこんなことが起こる」と混乱しているようでもあります。

武の道を極めて武神となり、強さだけならば圧倒的に信よりも上です。

それなのに、信の闘志は消えません。

龐煖はここにきて、ふと思ったことがありました。

「道が・・・間違っていたとでも言うのか・・・」とこれまでの道を疑い始めたのです。

確かに、これまで龐煖が歩んできた道が正しければ、信をすぐに倒せましたからね。

 

龐煖を追い詰める信

龐煖の様子を近くで見ていた趙兵は、もしかしたら龐煖が敗れるという可能性もありうると思い始めているようでした。

なので、龐煖が倒れる前に自分達で信を倒してしまおうと、趙兵は密かに信の隙を狙っていました。

龐煖としては、これまで全てを捨てて歩んできた武の道自体が間違いだったとは、死んでも認めたくないでしょうね。

「そんなことは断じてない!」と己の迷いを吹き飛ばすように言います。

両者の矛同士がぶつかり合います。

しかし、砕け散ったのは以外にも龐煖の刃だったのです。

もはや限界を超えて、瀕死状態だった信の攻撃によって刃の先が割れてしまったのです。

驚く飛信隊や、眺めていた李牧とカイネも唖然。

この展開に危機感を覚えた趙兵は、信を倒すために動きます。

河了貂はこの動きを予知していたかのように、周囲へ指示を出し、渕副長が先制攻撃します。

さらに田永と田有が突撃して、どうにか趙兵の侵入を食い止めています。

龐煖の矛の刃先が砕けましたが、まだ半分くらい刃が残っている状態ですので、諦めません。

龐煖の信の腹部を狙った攻撃は、鎧が少し砕けるギリギリのところでなんとか回避。

何とか回避した信は、そのまま矛を振り上げて攻撃へ。

矛の柄で受け止めた龐煖でしたが、信がパワーで龐煖を圧倒していく驚きの展開です。

ジリジリと矛の柄にくい込み、龐煖の体ごと斬ろうとしています!

信の渾身の一撃によって、龐煖は体を斜めに斬られてしまったのです!

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新628話「和睦かそれとも・・・」

最悪決着がつかないまま、うやむやで終わる可能性も考えてましたが、どうやら決着がつきそうです。

信は流石ですよね!

正直身体は限界を超えており、いつ死んでもおかしくない程。

 

朱海平原の戦いが終結?

龐煖も体を両断されてしまっては、生きることは不可能。

即死なような気がしますが、龐煖が何らかの言葉を遺してくれそうな気がします。

個人的に信が勝つことは予想していませんでした・・・

将来的に勝つことはあっても、今回ではないと思っていましたからね。

気になるのは、この後李牧がどう動くのか?

この戦いが決着したことによって、朱海平原の戦いは終わりそうです。

武神である龐煖が敗北することによって、兵に与える影響は大きいと思いますからね。

この戦いも一区切りついた感じですし、なにより信もこれ以上は戦えないのは明白ですから。

李牧と王翦がどう動くか?秦軍の有利は変わらないので、終わらせ方も見どころになりそうです。

 

和睦の可能性はあるの?

現在の戦況を見ている中で、李牧の中で和睦という道も少なからず頭の中にあると思います。

結構前から、李牧の和睦選択については、様々な考察がなされていました。

その一番の理由としては、この戦が流尹平野の戦に似ている事です。

廉頗将軍の部隊と戦った、信と蒙恬と王賁が共に臨時の千人将。

さらには、三大天との戦いや桓騎と王翦がいるというような状況も類似していますし、布陣も左右と中央に両軍が取っているのも偶然ではなさそうです。

そして、戦いの進み方も最終の局面では、どちらも本陣が危険な現状になりましたからね。

最終的に負けを認めて和睦を申し入れていますから、同じようなストーリーになる可能性は十分に考えられるのです。

<<キングダム629話に続く

 

スポンサーリンク

「キングダム ネタバレ 最新 確定」まとめ

ここまで、2020年1月9日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新628話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

次回に龐煖と信の決着は持ち越しになりましたが、信の勝利は間違いなさそうです。

最後の場面で龐煖がどのような言葉を残すのか?気になるポイントではありますね。

そして、和睦かそれとも別の道か大きな動きもあると思われます!

関連サイト:週刊ヤングジャンプ公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.