ジャイアントキリング

ジャイキリネタバレ最新538話確定【アレック無念の途中交代】

ジャイキリ 538
スポンサーリンク
Pocket

2020年1月16日発売のモーニング掲載漫画『ジャイキリ』最新538話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

日本代表に追い風が吹き始めたと思いましたが、まさかの離脱者がでるという不運に見舞われてしまいます。

しかし、このピンチをチャンスに変えてなんとかオーストラリア代表に勝って欲しいと思いますね!

それでは、2020年1月16日発売のモーニング掲載漫画『ジャイキリ』最新538話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<ジャイキリ最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

ジャイキリネタバレ最新538話「負の連鎖を断ち切れるか?」

日本代表は後半押していた試合展開でしたが、相手のキャプテンに執念のゴールを決められて、さらに攻撃でチームを引っ張っていたアレックが負傷退場する危機。

記者たちは大一番に弱い日本だと言っており、前の敗戦から何も変わっていないと言います。

このネガティブさを改善できないままだと、世間に見限られてしまうのではと。

藤澤は、まだ試合は終わっていないからこれからだと反論するものの、日本代表が状況的に厳しいのは事実です。

しかも、ここで調子がよく攻撃陣を引っ張っていたアレックを欠くとなると、戦略の大幅な見直しが必要になるでしょう。

 

アレック無念の途中交代

ここまで、調子が良かっただけにアレック自身もここでの離脱は悔しさを滲ませています。

アレックとしては、自分のことをデカいだけで使えないと言っていた連中を見返すチャンスだと思っていたのに、ただただ足を引っ張って終わったと落ち込んでいるようです。

しかし、椿と窪田は全くそんなことないとフォローし、ここまでいい試合ができたのはアレックのおかげだと労います。

アレックは「窪田に椿。後は君らに託すわ。ハーフタイムにハナに言われたこと・・忘れたらあかんよ?」と言い残して去っていきました。

その言葉とは、花森が椿と窪田で日本代表を決勝へ連れて行けと言ったあの言葉のことでした。

2人は決意を新たに、力強く「頑張ります!」と答えました。

「よ・・よし。その意気込みならいいだろう。」とアレックは安心したようでした。

最悪に近いこの展開で椿は、前にも似たような状況があったことを思い出していました。

それは、ETUの連敗が続いた中で迎えたホーム名古屋戦。

相手選手のペペが絶好調で、ハットトリックを決められて、しかも黒田が退場になって2点差をつけられたあの試合です。

あの絶望的な状況の下で、夏木が2ゴール決めたことがりました。

重苦しいムードをはね返した経験があったからこそ、椿は前を向くことができたのです。

そして、いつの間にか2人の背後に寄っていた花森が声をかけ、心配しているようです。

花森は椿や窪田といった若手だけでなく、城島や越後たちベテラン勢にも「お前らはどうなんだ?」と聞いています。

もちろん「やるにきまってんだろ!」とベテラン勢も気合は十分なようです。

日本代表のチームとしては、思ったより精神的ダメージは受けていないようですね!

残された時間は30分となり、代表のスタッフたちは選手たちのメンタル的ダメージを心配していました。

ブランは今大会の間ずっと花森を気にかけていました。

というのも、大会直前に盟友である持田の不参加が決まったことで、モチベーションを高められるか心配していたのです。

しかし、あまり良くないハーフタイムでは、今まで見せたことのないような姿でチームを鼓舞していました。

これまでとは違い、リーダーとして日本代表を一つにまとめようと行動して、花森は自分自身の殻をひとつ破ったのだとブランは感じていました。

恐らく、その姿を見た他の選手たちも影響されて目の色が変わったのだと。

さっきまで心配していたスタッフの一人も大丈夫だと言って、みんなが次のステップに進もうと一つになっていると確信しています。

これはブランジャパンが結成されて以来、今がベストの状態にあるのではないかと感じていました。

 

交代選手はまさかの男?

その頃、東京のETUで永田の弟はブランに怒っているようです。

もし、日本代表がこんな所で負けて椿が叩かれたら、もうチームとして代表には協力しないとかなりご立腹です。

そんな弟を兄が冷静に叱っています。

弟と言えば、初召集の時はETUの宣伝になると騒いでいた張本人ですから、勝手すぎると兄は叱っているようです。

松ちゃんは次に投入される選手を、岩淵か桐生なのではと予想しているようです。

この予想に他のスタッフも、オーストラリアも時間帯的にそろそろ足が辛くなってくるだろうから、地上戦でも勝負できるだろうと分析しています。

有里も、花森のゼロトップで前回うまく行っていたので、そのチョイスは悪くないと考えているようです。

アレックは、セットプレーでの高さとして重要で、今回の失点も足を痛めたアレックがマークしきれずに外れてしまったことが原因でした。

ただ、達海だけはみんなの話を不思議そうに聞いていました。

日本代表のベンチには、高さもあって速いやつがいると。

それは皆も良く知っているあの選手です。

そして、交代の日本選手が出てきました。

ピッチの椿は交代選手を見て驚きます。

ETUのスタッフたち「なーにー!!」と立ち上がってあまりの驚き様!

しかし、達海だけは当然と言った顔をしています。

ブラン監督が、負傷したアレックに代えて選んだのは、追加召集されて今大会初出場の夏木陽太郎だったのです!

 

スポンサーリンク

ジャイキリネタバレ最新538話「夏木のゴールは?」

3点を奪われたことよりも、個人的にはそれ以上にアレックの交代がかなり効いていると思います。

ここまで高さを武器に競り合ってきたアレックが抜けるということは、流石に日本代表にとって大打撃でしょうね。

 

夏木がキーマンになる

アレックに変わって夏木が投入されましたが、果たして存在感を放てるでしょうか。

夏木といえば、椿達とおなじETUでモシャモシャ頭のフォワードですよね。

怪我のため途中で戦線から離脱していましたが、チームで最も得点を挙げたほどの勝負強さを持っている選手です。

しかし、止まっているボールを蹴ったり、簡単なシュートをよく外すものの、難しいシュートになるとよく決めるという面白い選手です。

そもそも夏木は本能的に「ゴールを狙えたら狙ってしまう」タイプと言えるでしょう。

なので、本数などおかまいなしに決まれば嬉しい、決まらないと悔しい今度というストライカー気質です。

 

投入後に即ゴールも?

アレックは悔しい退場ですが、夏木に期待していきましょう!

ちなみにアレックが言っていた、「デカイだけで使えへんて言う連中を、見返せると思うたんやけどな…」という言葉は、本当に日本代表でそういわれた選手がいたんですよね。

そんなアレックの代わりに出てきたのが、今大会初出場でしかも追加招集された夏木!

やってくれそうな空気がすごいですよね!

難しいゴールほど燃えるタイプですから、ファーストタッチでスーパーゴールさえありそうな空気です!

<<ジャイアントキリング(ジャイキリ)539話に続く

 

スポンサーリンク

「ジャイキリ ネタバレ 最新 確定」まとめ

ここまで、2020年1月16日発売のモーニング掲載漫画『ジャイキリ』最新538話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

アレックの退場で、日本代表がどうなることかと思いましたが、まだまだ諦めている人は一人もいないようです。

そして、投入された夏木がどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか?

日本代表の戦いにも注目して見ていきましょう!

関連サイト:週刊モーニング公式HP/ウィキペディア

スポンサーリンク