ONE PIECE

【ONE PIECEネタバレ】最新969話確定!ロジャーのひとつなぎの大秘宝とは?

ワンピース 969
スポンサーリンク
Pocket

2020年1月27日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ONE PIECE』最新969話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

いよいよワノ国に凱旋するおでんでしたが、そこにあったのはワノ国の惨状でした・・・

まさに悪の中枢というような感じのオロチを筆頭に、カイドウも現れそうな雰囲気ですので、おでんVSカイドウといような展開もあり得そうです!

それでは、2020年1月27日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ONE PIECE』最新969話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<ONE PIECE最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

ONE PIECEネタバレ最新969話「おでんの凱旋?」

世間から海賊王と呼ばれるようになったゴールド・ロジャーは、本人がいうにはゴール・D・ロジャーだと言っています。

恐らく「D」の称号についても、ラフテルまでたどり着いて全てを知ったロジャー海賊団は、なぜ政府がDを隠したがるのかその理由についても知っているようです。

シャンクスはロジャーが最初に戻った時に話を聞いて、泣いていたそうです。

その涙はどのような意味があったのでしょうか?

 

ロジャー海賊団解散!

そして、ロジャーが得た富と名声と力などを総称してワンピース「ひとつなぎの大秘宝」と名付けられます。

ここら辺からは読者も知っているところに繋がっていきます。

おでんとロジャーだけが海王類との話が聞こえていて、そこで話された内容が「僕たちの王と遠い海で生まれる王」という話題でした。

その2人の王が出会う事によって「今度は上手くいく」だろうと話しています。

このことはジョイボーイとポセイドンが失敗したということなんでしょうか?

そして、ロジャー海賊団はロジャーの解散宣言によって解散します。

クロッカスから薬を大量に貰ったロジャーは船を降りていきました。

おでんはロジャーとの冒険を通じて、ワノ国に戻るべきだと考えていました。

 

ワノ国の将軍オロチ

海王類の話を聞いていたおでんは、ジョイボーイが現れるまでにワノ国を鎖国から開国しなければならないと考えていました。

トキのお陰でおでんはすっかり人気者になっていました。

トキは民衆の場所まで降りていき、一緒に汗を流しながらおでんとの冒険について話していたようです。

ここで始めて、オロチがスキヤキの次の跡取りとして正式に将軍になったという話がでます。

オロチは各里に武器工場を作って、そこで民衆を安い賃金と過酷な環境で半ば強制労働させられていました。

おでんはなぜ従うのか?と疑問に思いましたが、カイドウという強い海賊のバックボーンがあるからだと知ります。

おでんは現状に我慢できなくなって、やりたい放題のオロチに対抗しようとします。

しかし、そんな矢先に隙きをつかれて、カイドウの部下達がモモの助の命を狙らうという事件が発生します。

何とかトキが身を挺したことで、モモの助の命は守ることになります。

 

オロチ・カイドウ VS おでん

何とか城の番をしていた河松とイヌアラシが、カイドウの部下を倒したものの、大けがを負ったトキ。

おでんはブチ切れてオロチのところへ殴り込みに行こうとしますが、トキはオロチへの反撃は更なる争いを生み出すだけだと止めに入ります。

しかし、すでにおでんは心を決めたようで、難しい話は分からないと飛んでいきます。

おでんはオロチのような弱い人間が、強い海賊の力を借りて偉そうにして、さらにワノ国の鎖国を利用しながら地獄に変えようとしていると考えていました。

おでんはオロチの元に突き進み、刀を突き出します!

オロチは慌てて、カイドウの名前を出すものの全く気にしない様子のおでん。

 

スポンサーリンク

ONE PIECEネタバレ最新969話「カイドウ攻略のヒント?」

白ひげ海賊団、ロジャー海賊団で様々なことを経験したおでんは、ワノ国では今まで以上に敵無し状態でしょう。

恐らくオロチは、カイドウの力か何らかのきっかけで、生き残ると思われます。

 

カイドウ VS おでん

おでんがワノ国へと戻ってからの話が描かれていくはずですから、どのようにおでんは混ん状況を打開しようとしたのでしょうか?

オロチがカイドウの名前を出していた感じからも、すでにワノ国ではオロチとカイドウによる悪政が続いているようです。

もしかするとカイドウとの繋がりの理由も明かされるかもしれませんね。

おでんも実際にワノ国将軍になる様ですから、この時点ではおでんは町民から待望の後継者と思われている様です。

そんな状況下でオロチとカイドウが、どんな手段でおでんを嫌われ者にし処刑するのか?

ここからが一応おでんの過去篇の本編がスタートというような感じでしょうか。

そうなってくると気になるのが、カイドウVSおでんのシーンではないでしょうか?

カイドウとの戦いで傷をつけたシーンが気になりますが、個人的にはおでんの最後は見てられないと思います・・・

 

対カイドウのヒントが?

皆さんもすでに知っての通りおでんは、カイドウ・オロチに敗れてしまう展開です。

これは、果たしてカイドウが圧倒的な強かったのか?オロチの卑劣な策略におでんがはめられたのか?真相は今のところわかりません。

しかし、カイドウとおでんは1戦交えて、しっかり傷も与えています。

日和からゾロへと託された妖刀「閻魔」を使っておでんはカイドウに傷をつけたとの事でしたから、もしかすると最強生物でタイマン最強と言われるカイドウを攻略するヒントが見つかるかもしれませんよ!

そうなると、カイドウ戦はルフィよりもゾロがキーマンになりそうな気がするので、ゾロの戦いが中心に描かれるかもしれません。

実際に新世界においても、カイドウに傷をつけれる猛者を探してみてもごく極少数にとどまります。

ということは、おでんの剣術の凄さが伺えますし、これまでにロジャーと白ひげにも互角の戦いと強さを見せていますから、そう簡単にやられるとは考えにくいです。

 

ロジャーの伏線

気になったのはロジャーがレイリーに自分達は「早すぎた」と語っていたことです。

このロジャーの言葉は、どこかで聞いたことがありますよね。

それは、かつてレイリーがロビンに対して言った「我々もまた”オハラ”もまた、少々急ぎすぎたのかもしれん」という言葉でした。

ということは、ロジャー達はラフテルに到達した時期が早すぎた何らかの理由、例えばロジャーの意志を継ぐ者の登場とかそういうことがあるのかもしれません。

そして、ロジャーの見つけた宝を総称して「ひとつなぎの大秘宝」(ワンピース)となった理由も気になるところではあります。

この点に関しては、「何かを一つなぎにする力を持った宝」または「宝と宝を一つなぎにした時に何か効力がある」というようなことが考えられます。

<<ONE PIECE970話に続く

 

スポンサーリンク

「ONE PIECE ネタバレ 最新 確定」まとめ

ここまで、2020年1月27日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ONE PIECE』最新969話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

ついに解散してしまったロジャー海賊団ですが、みんなが探している「ひとつなぎの大秘宝」がどんなものなのか?さらに気になる展開になっています。

恐らく、「D」の称号も何かしら関係しているような気がしていますね。

また、ワノ国の現状におでんがどのように立ち向かっていくのか?カイドウとの戦いにも注目していきましょう。

関連サイト:少年ジャンプ公式HP/尾田栄一郎公認公式HP/ウィキペディア

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.