キングダム

キングダムネタバレ最新630話確定【飛信隊が最大のピンチ】

キングダム 630
スポンサーリンク
Pocket

2020年2月6日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新630話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

信が龐煖を倒したことで飛信隊は歓喜に湧いていましたが、どうやら信の様子がおかしいようです・・・

まさか、ここで信の身に何かあると今後の飛信隊は誰が引っ張っていくのでしょうか?信の病状にも注目していきましょう!

それでは、2020年2月6日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新630話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<キングダム最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新630話「飛信隊が最大のピンチ?」

王翦軍はどうやら李牧が脱出したのだと気が付きます。

王翦は田里弥を呼び指示を出しています。

とはいえ田里弥も李牧の背後を守るほどの遊軍はいないので、自らの小隊のいくつかがすでに裏で待機していると伝えます。

もし李牧を逃すことが多少あったとしても、その時はすぐに裏に回り込める位置にいる飛信隊の大隊が李牧ごと握りつぶすと言いました。

しかし、田里弥は大功を軍外部の飛信隊によって挙げられることに不快感を示していますが、当の飛信隊に全く動く気配はありません。

 

飛信隊のピンチ

これまで王翦が思い描いていてきた戦略が、飛信隊の動きで異なってきます。

その原因である飛信隊が動かない理由は、信が動くことができないことでした。

飛信隊の頭である信が倒れたことによって、飛信隊は統制が取れないために身動きが取れない状態になっていました。

一番重要な信が倒れたという情報は、まだ王翦らには伝わっていないようです・・・

この飛信隊が動かないという異常事態に胸騒ぎを覚える蒙恬と王賁。

龐煖を倒した信は意識もなく、呼吸をしているかも怪しい状態です。

尾平は「起きろ信!」と涙を流しならが一所懸命に信を揺らしていますが、全く反応はありません。

飛信隊の副長の楚水は、揺らし過ぎると良くないと言い尾平を止めますが、田永は逆だと叫んでいます。

田永は「俺がぶっ飛ばして目を覚ましてやる」といって信を殴って目を覚まさせるという暴挙にでますが、田有によって止められます。

止められた田永は、信が死ぬわけねぇだろうが!と田有と共に涙を流して叫んでいます。

信の目はかすかに開いているものの、その瞳にはまるで生気がなく澱んでいます。

あまりの激闘だったのか、信の顔を見た皆は言葉を失って、副長である渕に至ってはその場で嘔吐していました・・・

崇原は信の手首を触って脈を取ろうとしていますが、脈は振れていなく心臓も動いていない、もう・・・冷たくなっている・・・こんなにも・・・と。

信が死ぬという現実を受け止められない田永は「だからどうしたってんだよ!」と叫ぶばかりです。

そして、崇原は涙を流しなら「信は死んだんだ!」と叫びます。

それでも、まだ信じれれない田永は「でまかせだと!」と言って崇原を殴り、それを聞いていた飛信隊のメンバーたちも泣き叫びます。

 

機能不全の飛信隊

飛信隊が動かないという事態に、亜花錦の側近たちも疑問を持ち始めていました。

亜花錦は信が倒れたから動かないのだと考えます。

側近は飛信隊の頭である将ひとりが倒れただけで、飛信隊全体がこうも動かないのか?とピンと来ていない様子です。

その結束力が飛信隊のいいところでも悪いところでもあると亜花錦は考えていました。

こうなってしまえば、飛信隊が動くことは期待できないので、自分たちが李牧を追撃する為に李牧の軍を追うべきだと言います。

その頃、飛信隊では信の状況が後ろ隊にも状況が届き、それを聞いた澤圭や沛浪も急いで信の元に向かいます。

飛信隊のメンバーも信が死んでしうことで、飛信隊はそのまま動けなくなって隊としての体を成さなくなって、意味がなくなってしまうと考えていました。

楚水も沛浪も信が死んだ後の飛信隊はどうなるのか?と泣き崩れています。

河了貂も意識の無い信に近づき、早く起きてこれまでのように飛信隊を引っ張っていくように言います。

これまで、飛信隊は限界を超えて何度も戦場を乗り切ってきたのに、こんなところで終わってしまう。

しかも、まだ大将軍になっていないだろうと涙を流しています。

すでに冷たくなってしまった信を見て河了貂は泣き崩れ、周りの飛信隊も号泣です。

そんな状況で現れた羌瘣。

羌瘣といえば信の前に龐煖と戦っており、心身ともにボロボロの状態ですが、目の奥には希望の光が宿っているようにも見えます。

羌瘣はなにかの考えがあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新630話「桓騎が行動開始?」

どうしたって信の死は事実なようですが、個人的には信じられないです。

虚ろな瞳で意思を感じさせず、一目で死んでいると思わせますが、まだ生気は少しあるように感じます。

なので、死というより気絶に近い仮死であってほしいですね。

体力を使い尽くした死闘だったことで、仮死状態に陥ったとすれば蘇生する見込みもあるでしょう!

 

本当に信は死んだの?

間違いなく一番の注目は、信の生死の行方でしょうね。

羌瘣の言い方からすると、すでに信は生き絶えているということになりますが、そうなると死んでいるということなのでしょうか・・・

戦い終わった信は力尽きたかのように倒れたので、気絶したようにも感じられましたがね。

ただ、ストーリーの展開的に考えても、信がこのまま死んでしまうという展開は、誰も望んでいないでしょうね(笑)

勝手な考察ですが、龐煖の過去を思い出してみてください。

その時に、龐煖に傷を治す不思議な力が宿っているということが描かれていましたよね?

あの描写は改めて描いたように見えたので、何かしらの伏線だったのかもしれません。

ということは、龐煖は瀕死ながらも生きていて、最後の力を振り絞りこの不思議な力によって信を手当てすることで回復するというような展開もあり得そうです。

さすがに、不思議な力とはいっても、人を生き返らせるファンタジーはあり得ないと思うので、上記でも紹介したように信は瀕死ながらもかろうじてまだ生きていると考えるのが妥当でしょう。

もし、この考察が当たって龐煖の不思議な力で一命をとりとめた信が、龐煖と最後に言葉をかわす時どのような言葉をかけるのでしょうかね?

 

桓騎の動きも気になる!

鄴に辿り着くまでには、最低でも1日はかかることを李牧が以前話していましたよね。

それに加えて、李牧が秦軍に追走されながら向かうことになると、もう少し時間が掛かることも予想できますよね。

そうなってくると、鄴を包囲している桓騎が勝手に動き始めるというようなパターンも考えられます。

これまで桓騎が動かなかった理由としては、食糧庫に火が放たれるのを待っていたからだと考えられます。

すでに食糧庫を燃やすという作戦が成功しているので、いつ桓騎が侵略を始めてもおかしくない状況だと言えるでしょう。

もしくは、鄴侵略についての作戦を王翦から前もって指示されているという可能性も、無くはないと思っています。

<<キングダム631話に続く

 

スポンサーリンク

「キングダム ネタバレ 最新 確定」まとめ

ここまで、2020年2月6日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新630話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

飛信隊がどうなるのかによって、この後の展開も大きく変わってくるように思いますね・・・

信が生きているのか、死んでいるのかは次回明かされることになるでしょう!

そして舞台は鄴へと移っていきそうですね。

関連サイト:週刊ヤングジャンプ公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.