ブラッククローバー

ブラクロネタバレ最新240話確定【金色の夜明け団が壊滅】

ブラクロ 240
スポンサーリンク
Pocket

2020年2月17日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ブラッククローバー(ブラクロ)』最新240話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

ユノの容体がかなり心配でしたが、ヴァンジャンスの魔法で何とか助かったみたいで安心しましたね!

しかし、ゼノンの攻撃によってかなりのダメージを負って戦力ダウンしてるのは間違いないです・・・

それでは、2020年2月17日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ブラッククローバー(ブラクロ)』最新240話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<ブラッククローバー(ブラクロ)最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

ブラクロネタバレ最新240話「金色の夜明け団が壊滅・・・」

精霊シルフはユノの胸の上で涙を流して、「やだよぉ・・・離れ・・たくないよぉぉ」と泣き叫んでいます。

それでもシルフの体はどんどん崩れていき、そこに駆けつけたラルフもフラフラしてはいるものの、拳を握ってユノに叫びます。

「ダメ・・・だ・・!アナタは今からたくさんの!」とラルフが言ったところで、異変が起こります。

突然、地面から無数の木のツルが生えてきたのです。

 

ユノが回復する?

いきなり出てきたツルはどんどん大きくなっていき、その1本1本が巨大な大木となり小さな森のようになりました。

この魔法を見たシルフは、一目でユノの団長ヴァンジャンスが使った魔法だと分かりました。

ゼノンに連れ去られる前に、ヴァンジャンスは世界樹回復魔法「ユグドラシルの芽吹き」によって、瀕死だったユノを復活させることに成功したのです!

なんとかユノは起き上がって、シルフやラルフは「よかったぁぁ〜」と喜んでいます・

そして、ユノ以外にもクラウス、レトゥアも復活して多くの隊員の命が救われることになりました。

ヴァンジャンスの魔法によって助かった団員達は、ヴァンジャンス自身も痛手を負っていたのに、自分達のためにこれほどの魔法をかけたことに驚きと感謝でいっぱいでした。

すでにヴァンジャンスの姿が見当たらないことから、ゼノンに連れ去られたことも理解します。

ユノは回復した隊員以外の他の団員を探します。

ヴァンジャンスの魔法によって、仲間たちが目を覚ましていく中でユノが感じた異変。

倒れたままの仲間が大勢いました・・・。

すでに、その仲間たちは完全に力尽きており、例えヴァンジャスの力でも死んだ者を生き返らせることはできなかったのです。

すでに死んだ者は、金色の夜明け団の半数近くにもなってました。

その中にはシレン、ハモンも含まれており、すでに死亡していました。

瀕死だった人はなんとか復活できたようですが、既に死んでいた者は助かりませんでした。

ユノは実に半数の団員が死んだ状況に、自分がもっと強ければと悔しくて叫びます。

 

ダークアライドが動き出す?

ハート王国の国境付近まで来ていたのは、ダークトライアドの一人であるヴァニカでした。

右目に眼帯をしたヴァニカは、特に冥域を連れ帰るというようなミッションはないらしいです。

そして、「ロロペチカちゃんが元気にしてるかな〜、すこぶる元気だといいな〜、滅ぼし甲斐があるから」とヴァニカは嬉しそうに言っています。

そして、もう一人のダークトライアドで、見た感じボス的存在のダンテは「人間とは悪だ」と言い、人間は怒り、恐怖、憎悪、復讐、破壊・・・というのが本性で悪なのだと。

漆黒の三極性ダークトライアドのボスらしいダンテは、人間の本性は悪だと言い切り、そんな我々に今の平和な世界はあまりにも退屈すぎると言います。

そう言うと、ダンテは「そろそろ私も行こうか」と言って宙に浮きどこかへ向かうようです。

どんな人間か楽しみだ、冥域ヤミ・スケヒロ。」どうやら、ダンテが狙っているのはヤミであることは間違いないようです。

 

スポンサーリンク

ブラクロネタバレ最新240話「ハート王国で戦いが始まる?」

とにかく団長であるヴァンジャンスは、ゼノンに敗れ瀕死の状態だったユノや金色の夜明け団の団員を回復させる世界樹魔法の効果は凄いですね。

しかも、自分もダメージを負っていながらですからね!

死んだと思われていたユノが、ヴァンジャンスの回復魔法によって助かるという展開は少し予想外でしたが。

これからの展開を考えても、アスタと対をなす、もう一人の主人公が助かり一安心ですね。

しかし、全体で考えてみると半数の魔道士が死んでおり、計り知れない痛手で壊滅的状況です。

一方、回復したユノは自身の無力さを感じ悔しさでいっぱいで叫んでいます。

こんな感じで明確な敗北というのは、私が知る限りユノの場合今回が初めてだと思います。

今回の負けを知って更にパワーアップしそうですから、期待していきましょう!

 

ヴァニカの目的は?

“漆黒の三極性”の残りの2人が出陣しました。

そんな中でハート王国に攻め入るヴァニカ。

さらには、ダンテもヴァンジャンスもおらず魔法帝も幼くなってしまったクローバー王国へとやってきそうな気がします・・・

ヤミはダンテとどう戦うのでしょうかね?

ここまで驚異的な悪魔の力があるとは思っていなかったですが、果たして彼らの真の目的はなんなのでしょうか?

ゼノンの強さを見る限りでは、ヴァニカやダンテは同等かそれ以上の力だと思われます。

狙われたハート王国やヤミは生き延びることができるでしょうか?

次回、ダンテとヴァニカがどんな魔法を使うのか、楽しみです!

 

ハート王国での戦いが始まる?

ヴァニカに関しては、ロロペチカが生きてると「滅ぼし甲斐があるから!」と喜んでいたので、過去に関わりがあったのかもしれません。

こういう「弱そうに見えるんだけど強んだぞ!」みたいなキャラもブラクロにはお決まりのキャラクターですよね!

ヴァニカとかはきっとロロペチカと戦う際にも、「ほらほら〜♡その程度?」というような感じで煽ること間違いないです(笑)

そして、ひとしきり力を自慢したあとで「そろそろ飽きてきちゃったから滅ぼすね♡」とか言いながら、とんでもない大魔法を仕掛けて圧倒する感じでしょうか?

そうなると、ハート王国で戦いが本格的に始まるのは明らかです。

まぁロロペチカに関しても、今回の襲撃については大方予想していたと思います。

なので、アスタたちとともに、スペード王国の魔導師を迎え撃つ体制も整えているはずだと思います。

ロロペチカやアスタ達の活躍で、ハート王国ではヴァニカを倒すまでは行かなくても、退けると思っていますよ!

ロロペチカに関しては、精霊の力を完璧に使いこなるくらいの強さを持っています。

ですので、ユノがシルフを使いこなせるようになるかもしれません。

また、ダンテはヤミに狙いを定めており、最大のピンチを迎えることは間違いないです。

ヤミの元に現れたダンテの前に立ちはだかるのは、黒の暴牛の仲間。

もしかすると、仲間の危機を察知したヤミは、自らダンテとともに行動する可能性もゼロではないと思います。

闇と光の魔法に、何かのヒントがありそうです!

<<ブラッククローバー(ブラクロ)241話に続く

 

スポンサーリンク

「ブラクロ ネタバレ 最新 確定」まとめ

ここまで、2020年2月17日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ブラッククローバー(ブラクロ)』最新240話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

とりあえずユノが助かったことは良かったですが、仲間の半分は死んでおり危機的状況です。

しかも、ダークアライドの面々が動き始めたようなので、それぞれの国で戦いが始まる可能性もありますね。

あれだけ強いので、普通に戦っては負ける可能性が高いですが、どのように作戦を立てるのか?気になる所ですね。

関連サイト:少年ジャンプ公式HP/ブラッククローバー公式HP/ウィキペディア

スポンサーリンク