約束のネバーランド

ネバラン最新167話ネタバレ【GF侵入大作戦の内容】

約束のネバーランド 167
スポンサーリンク
Pocket

2020年2月17日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『約束のネバーランド(ネバラン)』最新167話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

ここまでの戦いとしては逃げることが多かったですが、ここからは鬼と正々堂々勝負するような展開になっていきそうです!

とはいえ、あえて侵入させたピーターラートリーにも考えがあることは間違いないので、油断は禁物かもしれません・・・

それでは、2020年2月17日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『約束のネバーランド(ネバラン)』最新167話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<約束のネバーランド(ネバラン)最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

約束のネバーランドネタバレ最新167話「GF侵入大作戦の内容は?」

GFハウス内に鳴り響く、侵入者を報せる警報。

動力室に侵入されたことによって、館内は停電状態です。

しかし、ピーターラートリーはこのようなことを予期していたのか、特に慌てる様子を見せません。

冷静に予備電源に切り替えて、いよいよピーター・ラートリーはエマたち侵入者と対峙していくようです!

 

侵入作戦は大成功?

時は遡り、3日前の11月10日です。

エマたちはGF侵入の作戦を立てていました。

GFの見取り図を見ながら、侵入作戦を立てているようです。

GFはまるで蟻塚のような構造をしていました。

レイは人質を匿うならおそらくここだろうと、地下に伸びたGFの地下2階にある「第2備品庫」だとにらみます。

ヴィンセントも同じような見立てだったようで、レイの判断に妥当だろうというような感じです。

第2備品庫だと警備も少なく閉じ込めておけて、なおかつ人目につきずらいとノーマンとレイは考えていまいた。

そして、GFには常駐の職員の鬼がいて、その数30~40というなかなかの数です。

とはいえ、この数はミネルヴァが生きていた頃の情報だろうと言われますが、ノーマンはスミーの報告でも同じような数であったことから、恐らく妥当な数だろうと判断しました。

もちろん、職員の半数ほどが盗難防止用としての警備兵。

その他にもシスターも約100人、さらには王兵が2000もいるというような状況でした・・・

 

侵入作戦をいざ決行!

そして、いよいよ侵入当日。

森の中からGFハウスの様子を見てみると、エマたちが予想していた通りでした。

ピーター・ラートリーの指示によって王兵をハウスの外に配置しており、かなりの数がいるようです。

エマたちは当初の予定通りに3手に分かれて、人質の奪還と安全確保しながら侵入していきます。

目論見通り、捕らわれた仲間たちを救い出すために、地下2階の第2備品庫を目指してどんどん進みます。

そして、ジリアンたちが子供たちを難なく確保しますが、ピーターラートリーは焦らずに、そんなエマたちの侵入を予期していたようです。

ピーターラートリーが予備電源に切り替えますが、その瞬間を狙って鬼たちの背後から忍び寄り、閃光弾で目を眩ませます!

この間に、ジリアンたちは子供たちを連れ出すことに成功し、オリバーが鬼たちを狙撃していきます。

子供たちの奪還は作戦通りかと思えましたが、アンナはすでに出荷の第1陣として選別されたナットたちは、別の場所にいると言います。

そのナットたちの元に向かっていたのは、エマ、レイ、ノーマンの3人でした。

イザベラはガラス越しにナットたちを見つめて「大丈夫、すぐ終わる」と声をかけていますが、ナットたちは不安は消えません。

すると、いきなり銃声と共に壁が崩れて、現れたのはエマ、レイ、ノーマンでした!

何とか間に合ったようで、ジリアンたちとは別に動いておりナットたちの救出に向かっていたのです。

ナットたちもエマたちが現れたことで、不安から一転して期待に満ちた表情。

 

立てこもりの打開策はある?

かつてのママであるイザベラの姿が映りますが、レイたちはそれに目もくれずナットたちをなんとか逃がそうとしています。

もちろん警備兵もエマ達侵入者を慌てて追ってきています。

そんな状況でもピーター・ラートリーは、全く慌てる様子はありません。

その理由は、すでにGF全ての出口を塞いだから逃げられないことを告げました。

もちろん、この侵入作戦によってピーターラートリーが退路を塞ぐという手に出ることは予期しており、在庫保管室の中に立て籠りました。

これまでGF農園を占拠する鬼たちから逃げてきましたが、ここから正面切っての戦いの幕がここに上がるようです!

 

スポンサーリンク

約束のネバーランドネタバレ最新167話「立てこもりの後はどうする?」

エマたちはイザベラを前にした時に、一瞬だけエマ達もなにか思う所があるのかと思いましたが、全く心が揺れませんでしたね!

エマたちは、イザベラのことをちゃんと敵と認識しており、作戦を成功させることを第一に考えているようです。

もし心が揺れていたら作戦は失敗に終わっていた可能性が高いので、本当に良かったですよね。

 

イザベラが言葉巧みに誘いだす?

ピーターラートリーは思惑通りだとご満悦。

しかしながら、エマ達の方も作戦通りに推移しており、GF農園を占拠することに成功しています。

そして、在庫保管室に立てこもることは出来たもののこれからどうするのか気になります。

普通に食べ物などの心配もありますよね・・・

でも女王がいなくなった世界で多少出荷が遅れることについて、ピーターにとって不都合があるとも思えません。

エマたちはソンジュとムジカが処刑も近づいており、時間も残されていません。

エマたちの狙いが気になりますが、個人的にはイザベラが説得に動きそうな気がしていますが、もうイザベラの言葉ではエマたちは騙すことは不可能でしょうね(笑)

 

鬼との全面対決に!

このGF制圧戦の最重要項目は何といっても、人質の奪還と安全確保が最優先事項なのです。

しかし、それはピーターラートリーも理解していると思うのでそこに兵力を集中させることは間違いないかもしれません。

立てこもった後が正念場になりそうですが、そこを突破すればかなり勝利に近づくことになりそうです。

とはいえ、侵入の時とは違って守らなければならない者が増えているので、人質の奪還と安全に脱出するには、GFの守備網をいくらかでも削るのは必要不可欠です。

そうなると、立てこもってばかりもいられないので、鬼との本格的な戦いに突入することは間違いなさそうですね。

鬼たちから逃げるための戦いが多かった印象ですが、最後の戦いは真っ向勝負といった感じになりそうなので、これまでとは違うような展開もあり得ます!

一番重要なのは、保管庫を占拠したエマたちですが、何をもってして勝利とするのでしょうか?ということでしょうね。

 

スポンサーリンク

「約束のネバーランド ネタバレ 最新 確定」まとめ

ここまで、2020年2月17日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『約束のネバーランド(ネバラン)』最新167話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

侵入作戦は大成功ですが、そのまま脱出することができるのか?どのような作戦を繰り出すのか非常に興味がありますね。

なにせ人質がかなり多いですので、行動するにもかなり危険が伴います。

ピーターラートリーの手から逃れられるのか、ここからがエマたちの本当の戦いになるかもしれませんね!

関連サイト:週刊少年ジャンプ公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.