魔法使いの嫁

魔法使いの嫁ネタバレ最新67話確定【フィロメラが退学】

魔法使いの嫁 67
スポンサーリンク
Pocket

2020年3月5日発売のコミックブレイド掲載漫画『魔法使いの嫁』最新67話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

書紡ぎの蜘蛛の悲劇の真相について、少しずつ近づいてきたような気がしますね。

ゾーイとリルーシーの関係も気になるところですが、怪しい手紙はいったい誰が出したものなのか・・・謎は深まるばかりです。

それでは、2020年3月5日発売のコミックブレイド掲載漫画『魔法使いの嫁』最新67話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<魔法使いの嫁最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

魔法使いの嫁ネタバレ最新67話「フィロメラが退学?」

ルーシーはチセと一緒にいるときに再び倒れてしまって、マリエルに面倒を見てもらっています。

その原因として、シメオンと同じように「カルナマゴスの遺言」によって魔力を持っていかれていることだと判明します。

チセもいたので、誤魔化して説明していますが、状況としては危険な状態のようです・・・

にあるのは間違いないようで・・・。

 

ルーン文字の解釈とは?

エリアスはどのような基準でこの2人が選出されたのか?未だ納得していないようで、この2人だと僕が困るとエリアスは言い出します。

チセについても、ルーシーがずっとこのような状態だと無茶することは目に見えているし、シメオンに関しては友人になるかもしれないと。

シメオンは、「あのエリアスが友人に・・・」と。

私も何か手伝うことがあれば協力したいとチセは言いますが、エリアス達に君は関係ないとバッサリ断られてしまい、子供が首をつっこまないようにと言われてしまいます。

まず、学長に対してアレクサンドラが報告するということなので、大人たちに言われてチセは補講に行くことになります。

補講に行く途中で、フィロメラがチセを待っていました。

実は、もらった匂い袋の香りが薄くなってしまったようで、それに対してチセも喜んで交換に応じて、チセは新しい匂い袋を用意しています。

するとチセは、「今度一緒に作ってみない?」とフィロメラを誘ってみました。

顔を隠しながら「ならいつか・・・」と答えるフィロメラ。

チセもあまりツッコまないで、また笑顔で「うんいつか」と返すのでした。

フィロメラと匂い袋を交換したチセは、マリエル達に言われた通りに補講を受けるための教室へと向っています。

この補講にはゾーイも参加するようで、今回の補講であるルーン魔術の基礎について共に受けることになります。

教師が準備しておいたルーン文字が刻まれた石を前にするチセ。

色々説明を受ける途中で、チセの目に留まったのはある石に刻まれた文字でした。

教師によるとそのルーン文字は、スリサズというルーン文字だそうで、アングロ・サクソン語、古英語において茨(ソーン)を意味する言葉でした。

このルーンを扱うには、その意味・解釈を理解していないといけないようで、意味を知らないと本来の力は発揮されないのだと言います。

ある程度の決まりはあるものの、その術者それぞれの「解釈」と「意思」に左右される部分が多いのが現状なのだと語ります。

大切なのは、術者がルーンを識っていき、何ができるか?何をするべきか?判断することが重要なのです。

そして、「何某かの意図」がルーンそのもの、あるいはルーンを介して現れるのだと言いました。

教師からルーンについて学んだチセは、どこか魔法と通ずるものを感じていました。

すると、丁度いいのでルーンを使って護符を作成する練習をしてみようと教師は言い出して、それぞれ目的と相性のいいものを選んでいきます。

 

怪しい手紙

その日の夜、ルーシーがまた倒れてしまいます!

そのことをチセから聞いたゾーイは、アレクサンドラにも許可を取って様子を見に訪れていました。

ルーシーはゾーイが来たタイミングでちょうど目を覚まして、兄のことが気に掛かるようで一目見て、すぐ部屋に戻ろうとします。

そして、その帰り道でゾーイに「あんたの蛇を撫でさせて」と頼みます。

まさかの言葉に、聞いたゾーイの顔を真っ赤にしています(笑)

それもそのはず、どうやら蛇を撫でさせるという言葉の意味は、ゴルゴーンの間ではまたちがった意味合いがあるらしいのです・・・

この後、戻った部屋でルーシーに蛇を触らせることになりそうですが、どうなるのでしょうか(笑)

チセは家に戻ってきており、銀の君が帰りを待っていました。

チセはこれからしばらく帰ってこれないことを説明し、さらにエリアスもまた帰ってこないと聞いた銀の君は、ショックを隠し切れません・・・

友達のために動こうとしているエリアスについて、嬉しいという感情はありますが、少し複雑で何て言ったらいいのかわからないと話しています。

それでも、チセはどこか嬉しそうな表情でした。

嬉しそうなチセの姿を見た銀の君も、ショックを受けていましたが笑みを見せ、チセの頭を撫でるのでした。

ライザは学長室にて一人で何かを思い悩んでいるようです。

猫のフローレンスがそこにやってきました。

フローレンスはライザからお母様と呼ばれており、ライザが思い悩んでいる様子を見て心配しているみたいです。

ライザもまたフローレンスに対して、気を許して信頼していました。

とはいえ様々な問題が山積な現状ですから、まず何から解決していけばいいのか?どこから手をつければいいのか?考えていたみたいです。

ライザは悩みをフローレンスに話を聞いてもらったことで少しスッキリしたのか、まず溜めた書簡から片づけようと一番上にあった手紙に手を伸ばします。

その手紙の送り主は、サージェント家からでした。

リッケンバッカーの従者からの用事は一体何のことかと、ライザは訝しみながら開封します。

その手紙に書かれていたのは、フィロメラ・サージェントの自主退学について書かれていました・・・

 

スポンサーリンク

魔法使いの嫁ネタバレ最新67話「ウェブスターの悲劇とフィロメラが関係?」

最後にかなり怪しい手紙が出てきましたが、フィロメラ本人が出した可能性は低いと思いますね・・・

そうなると、やっぱり彼女の祖母によるものなんでしょうか・・・

遊ばせておくのはここまでだと言っていたこともあるので、フィロメラ本人の気持ちではないと思っています。

匂い袋の件でも、チセとも嬉しそうに会話していましたからね!

 

手紙とウェブスターの悲劇は関連?

このようなタイミングで、手紙が来たということはウェブスターの悲劇に関係していると思わざるを得ません。

手紙を出したと思われる祖母に関しても、誰かの意向で動いているように思えます・・・

その誰かというのは、個人的な考察になりますがリッケンバッカー家の意向のように思えてなりません。

そのような状況になれば、ヴェロニカも関わってくるような展開になりそうな気がしますが、現状では怪しいものの完全にクロという感じでもなさそうです。

 

エリアスが友達を作る?

あのエリアスの口から、まさかの友人という発言が飛び出したのは驚きでしたね!

これまで、サイモンにしてもラハブにしても、知人という表現しか使わなかったエリアス。

そういう友人という関係になれるということは、ある意味成長した証なのかもしれません。

また、ゾーイとルーシーの関係も何やら怪しい感じですから、蛇を撫でるというのはどういう意味なのか?楽しみですね。

<<魔法使いの嫁68話に続く

 

スポンサーリンク

「魔法使いの嫁 ネタバレ 最新 確定」まとめ

ここまで、2020年3月5日発売のコミックブレイド掲載漫画『魔法使いの嫁』最新67話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

怪しい手紙にはフィロメラを退学させるように書いてありましたが、このことをフィロメラ本人は知っているのでしょうか・・・

ウェブスターの悲劇と関連があるようなので、次回から大きく展開するかもしれませんよね!

また、ゾーイとルーシーの関係についても注目していきましょう。

関連サイト:コミックガーデン公式HP/魔法使いの嫁公式HP/ウィキペディア

スポンサーリンク