名探偵コナン

名探偵コナンネタバレ最新1051話確定【犯人が判明!コナンの薬は?】

コナン 1051
スポンサーリンク
Pocket

2020年4月8日発売の週刊少年サンデー掲載漫画『名探偵コナン』最新1051話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

毒殺事件は解決に向かうようですが、それ以上に気になる世良の行動!

黒の組織についても触れられているので、もしかすると大きな展開もあり得るのかもしれませんよね。

この事件の解決と何かが繋がっているのか?

それでは、2020年4月8日発売の週刊少年サンデー掲載漫画『名探偵コナン』最新1051話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<名探偵コナン最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

名探偵コナンネタバレ最新1051話「犯人が判明!コナンの薬は?」


これまでの事を整理している目暮警部。

被害者である花崎瑞俊を殺害した犯人は、彼だけに毒入りのケーキを食べさせることができて、額に油性マジックで「天罰」と書けるような人物でした。

そうして絞り込まれたのは4人で、それぞれ犯行が可能でした。

重要な手掛かりとなる油性マーカーを所持していたのは、櫛山と由美。

しかし、櫛山が持っていたマーカーはすでにインクが切れたのか、使用できませんでした。

もう一人の由美は、被害者との距離が離れて過ぎていました。

そんな中で発覚した新たな事実で、油性マーカーが厨房のゴミ箱に捨てられていたと判明します!

そのことから、目暮警部たちは初根を疑っていました。

 

事件のトリックは?

目暮達は初根を疑っていますが、コナンは初音ではないと。

そもそも、厨房の中には多くの料理人が働いており、さらに包丁を持っているので、真っ暗の状態で歩くのは危険だと言います。

しかし、初根が仮に犯人ではないという場合は、ケーキを配膳して被害者の目の前で毒を混入させる必要があると目暮警部は言います。

世良は「犯人は花崎さんのケーキに毒を盛ったんじゃなく、自分のケーキに毒を盛ったのさ!」と言います。

園子が実際に苺のショートケーキで実践してみることに。

世良が犯人役で自分の席を立った時に、故意に横にあったケーキの苺を傾けました。

こうして苺が傾いたケーキを花崎は、犯人のケーキを入れ替えました。

そもそも、花崎はテーブルに置かれたフォークとナイフが平行じゃないくらいで文句を言う男で、「苺が傾いたくらいでまたクレームを付けてる」と思われたくないので、隣にあったケーキと交換したのです。

ここで犯人役の世良は、自分にケーキを食べることなく席を離れます。

そう、この毒殺事件の犯人はマネージャーの櫛山だったのです。

その証拠に櫛山のケーキは、まだ食べていないのに苺が傾いていました。

そして、櫛山にあのタイミングで着信があったのは、「111」という番号に自ら電話をかけ、数秒後に自分の携帯電話に着信が鳴るようなサービスを使っていたようです。

残るは、犯人が花崎の額に書いた「天罰」という文字。

そもそも櫛山が持っていた油性マーカーは、キャップが外れた状態だったのですでに書けませんでしたよね。

油性マーカーが乾燥して書けなくなってしまった場合は、除光液を使用することで復活させることが出来るのです。

除光液に含まれている「アセトン」という物質が、乾燥して固まった油性インクを溶かすことで、復活するというカラクリ。

以前、考察で紹介した通りのトリックでしたね!

除光液を使用する時に、使用した除光液を床に捨てたので、黒ずみがあったのです。

カモフラージュの為に厨房に捨てた油性マーカーは、コナンの水を取りにいった時に櫛山が捨てておいたものでした。

 

犯人の動機は?

櫛山がなぜこのような犯行を行ったのか?というと、櫛山は礼美のことが好きだったようです。

以前から、自分に気持ちを向けさせようと考えていた櫛山。

その好意がエスカレートして、礼美のメイク室の飲みかけのジュースやお菓子を盗むまでになっていました。

それをヘアメイクの花崎に発見されて、脅されていたようです。

世良真純は花崎からお金を要求されていたのでは?と聞くと、「ああ、その金額がジョジョに増えていき、さすがに思ったよ・・・殺すしかないってなぁ!!」と図星でした。

櫛山は自暴自棄になり、イスを振りかぶるとコナンと世良の方へ!

この瞬間、世良はコナンをかばうように抱き着き、蘭が櫛山にかかと落としを食らわせます。

 

世良は薬を手に入れられた?

世良はコナンをかばうと、あっという間に去っていきました。

この時、コナンは不審に思って薬ケースを確認すると、世良真純によって盗まれていました。

でいたのです。

世良はパーティー会場を足早に離れると、コナンから盗んだ薬ケースを持っていました。

世良真純は母であるメアリーに、薬を手に入れたと連絡を入れました。

ようやくかとメアリー世良も一安心しているようです。

とはいえ、世良親子がここまでコナンを疑うのには理由があるのでしょうか?

実は以前にロンドンで見たテニス試合での録画映像に理由がありました。

テニスの試合を録画していた中にコナンが映っていたのです。

そして「僕はホームズの弟子だからさ!」という言葉が。

実はこの言葉で工藤新一のことを思い出していたのです。

当時の工藤新一といえば口癖のように「僕はホームズの弟子だからさ!」と言っていました。

このことから、コナンと工藤新一は同一人物なのでは?という考えに至ったようです。

メアリー・世良は直ぐにMI6の情報網を駆使しながら、コナンと新一の関連情報をくまなく調べあげ、やがて同一人物かつ解毒薬を持っているという結果に至っていました。

その為、今回は世良真純がコナンの薬ケースを盗みましたが、残念ながら薬ケースの中には解毒薬だけ入っていませんでした。

じつは、事前に察知していたコナンは念のために「APTX4869」だけ別にしていたのです!

 

スポンサーリンク

名探偵コナンネタバレ最新1051話「ベルモットの狙いの謎が深まる・・・」


世良とコナンのコンビで、速やかな事件解決でしたね!

そして、コナンと新一が同一人物だということを世良親子は、以前から知っていたということも分かりました。

個人的には素直にコナンに状況を説明したほうが良かったと思いますね。

ついでに灰原も紹介して、情報提供してもらえればウィンウィンです。

 

ベルモットは殺すつもりだった?

そもそもベルモットは、この薬で幼児化するという作用を知っていました。

そうなると、本当にメアリーを殺すつもりであれば、使用しないですよね?

もしかすると、ベルモットとしては死んだら死んだで、ただメアリー世良を殺すということはできればしたくないと思っていたのではないでしょうか?

しかしながら、メアリー自身が幼児化して反撃することが出来なくなったとしても、生かしておくことでMI6と繫がる可能性は十分にあり得ます。

そうなるとベルモットの務武潜入計画は、すべてパーになりますからね・・・

 

MI6に潜入する理由は?

ベルモットがメアリーを始末しようとしていたのか分からないですが、MI6に潜入しようとした理由も不明です。

仮にメアリーの夫である務武が集めた、黒の組織の資料を隠滅する為だとしたら、動くのはあまりに遅いですよね。

14年くらいMI6に姿目撃させるまでかかっていることを考えると、他に狙いがあったとしか考えられません。

<<名探偵コナン1052話に続く

 

スポンサーリンク

「名探偵コナン ネタバレ 最新 確定」まとめ


ここまで、2020年4月8日発売の週刊少年サンデー掲載漫画『名探偵コナン』最新1051話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

事件は解決しましたが、それよりも黒の組織関係の事で頭がいっぱいですね・・・

普通に世良とコナンが手を組めば、間違いなく黒の組織の脅威になることは間違いないですからね。

今後、そのような展開になる可能性も高いと思いますが、メアリーが薬を手に入れて何をしたかったのかも気になります。

関連サイト:週刊少年サンデー公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク