赤髪の白雪姫

赤髪の白雪姫ネタバレ最新115話確定【ツルバの情報は正しいのか】

赤髪の白雪姫 115
スポンサーリンク
Pocket

2020年4月24日発売のLaLa掲載漫画『赤髪の白雪姫』最新115話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

これまでエイセツの狙いが分からないままで、モヤモヤしていましたがついに明らかになりましたね!

エイセツについても思っていたよりも良い人そうですが、信用するまでには至らないというような感じです。

それでは、2020年4月24日発売のLaLa掲載漫画『赤髪の白雪姫』最新115話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<赤髪の白雪姫最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

赤髪の白雪姫ネタバレ最新115話「ツルバの情報は正しいの?」


白雪たちはルギリア邸に滞在していました。

夜も更けてきた頃、白雪の元にやってきたのはエイセツとオビでした。

エイセツがここに来た理由は、白雪ではなくオビに用事があるみたいです。

 

エイセツの狙い

オビはエイセツの話を聞くようです。

エイセツが夜会において白雪を誘った時のように、僕も庭にさそわれるのだろうか?とジョークを言っています。

このオビのジョークの返答をエイセツは、了承と受け取ったようで苦笑いを浮かべていました。

エイセツはオビと2人だけで話すつもりで来たのであり、白雪は布団に戻って寝ているように言います。

しかし、白雪は「お断りします」ときっぱり断り、エイセツとしてはオビと2人で話をしたいようでしたが、同席すると曲げない白雪にエイセツも苦笑いです。

オビは白雪が一緒に話に参加しても良いと肯定しており、また危険がなさそうだったら後ちほど白雪に話すと言います。

2人のやり取りを聞いていたエイセツは、もう観念したとばかりに両手をあげて、白雪も話に加わることを了解します。

こうして、半ば強引に対話の段取りが決まって、シュウ・グラトリが部屋の外で待機していて温かいお茶を持って部屋に来ました。

シュウ・グラトリが柔和な笑顔で「こんばんは」と言って、白雪とオビはかなり驚いているようです。

ソファに腰掛けたエイセツが話たかったことは、トウカ・ベルガットについてでした。

ある者からの情報によると、トウカ・ベルガットの手下がルギリア領下に潜伏しているという情報が入ったそうです。

今はセレグの事件からあまり時が経っていないので、この件について調べないわけにはいかないとエイセツは言います。

しかし、一つ気がかりなことがあり、それは情報源がツルバ・ベルガットという点が問題でした・・・

ツルバ・ベルガットといえば「北の癌」とまで言われた人。

そんなベルガットからの情報を信用して、領民を疑うのは余りにも気が進まないということでした。

仮に情報源を明かそうものなら、沢山の人からどれほどの反感を買うかはわからないと。

という状況から、殿下に臣従を誓うツルバとの仲介を殿下の騎士であるオビにお願いして、その上でツルバに実際に会ってから、この情報に信憑性を確かめるということのようです。

 

ツルバのもとへ

このことから、エイセツが夜会で白雪に声をかけたのは、ベルガットに感づかれないようにするための偽装に過ぎなかったのです。

オビを意識を向けさせないためであり、白雪は利用された形になりました。

これはエイセツを責められないことで、ある程度は仕方なかったと理解はできますが、白雪の心象は最悪ですね(笑)

エイセツとしては、ここまでして反対勢力の情報を集める必要に駆られていたということです。

何としても、ツルバに感づかれないようにオビに接近する必要があったのですね。

こうして、全てを理解してオビはエイセツの依頼を受けることにしました。

次の日、白雪とリュウに留守番とエイセツの相手を任せて、1人でベルガット邸へ向かうことになりました。

ベルガット邸までは結構な距離があり、旅路の途中で次第に雨が降り始めました・・・

ベルガット邸に到着した時には大雨となっていましたが、面会は問題なく会えることに。

いきなり訪れたオビに、ツルバは驚いているようです。

ルギリア伯爵からの依頼だということを聞いて、ツルバも申し訳なさそうです。

そこへ現れた従者は、水を持って現れると、オビはその水を躊躇することなく飲み干しました。

オビの行動にツルバは、一瞬固まりました。

というのも、ベルガット邸で出されたものをあっさり口にしない方がいいとツルバは言いました。

 

スポンサーリンク

赤髪の白雪姫ネタバレ最新115話「ツルバにオビが捕まる!?」


これまでベルガットの問題については、片付いたと思っていました。

それなのに反対勢力がまだ生き残ってるとは、驚きの展開ですね。

やはり、エイセツとしては調べる必要がありますし、オビとしてもこの案件は受けざるを得ない依頼だと言えます。

かなり重要な情報ですが、情報源がツルバということで少し裏がありそうな気がするには私だけでしょうか・・・

ツルバは殿下に臣従しているというのに、ゼンに伝えていないということがあり得るでしょうか?

個人的な考察になりますが、恐らくゼンはこの件についてすでに知っている可能性が高いと思います。

そうであるならば、ゼンは忍び込んだ時に何も伝えなかったこと、何のヒントも出さなかったことは、どのような狙いがあったのでしょうか?

 

オビが捕まる?

まさかこんな形で白雪が巻き込まれるとは・・・

次々に問題に巻き込まれてしまい大変です。

白雪はエイセツに利用されていることを知りながら、ルギリアでは問題を起こさないように行動する必要があります。

とはいえ、エイセツの狙いも分かったので少しは進んだように思います。

このような理由だと、オビも渋々ではありますが協力するしかないですよね。

しかし、一人で乗り込んだオビでしたが、無事に帰ってこられるのでしょうか?

相手の狙いも情報も分からない状態では、危険すぎますよね。

無事、ツルバのいるところへもたどり着きましたが、オビとツルバの会談では何が語られるのでしょうか?

普通に食事をするような流れになっていたのが気になりましたが、普通にオビ捕まったりする展開もあり得るのか?

 

オビとツルバの話の内容は?

ここまでエイセツの狙いが明かされるまで、だいぶ引き伸ばされた印象です。

やっと本当の理由が判明しましたが、まさかのベルガットが絡んでおり、白雪は利用されただけ(笑)

ツルバのもとへ一人で向かったオビでしたが、ここで何が語られるのか?非常に気になる所ではありますね。

「今から大切な話をするぞ・・・」という雰囲気満々でしたから。

となると、あの情報には裏があるということなのでしょうか?

もし何かしらの事情があるとしたら、ゼンが白雪たちに言わなかったということもある程度理解できると思います。

そして、この情報を知ったセイエツはどのような行動をとるのか?非常に気になる所ではありますよね。

<<赤髪の白雪姫116話に続く

 

スポンサーリンク

「赤髪の白雪姫 ネタバレ 最新 確定」まとめ


ここまで、2020年4月24日発売のLaLa掲載漫画『赤髪の白雪姫』最新115話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

とりあえずセイエツの狙いも分かったことで、スッキリした展開だったと思います。

しかし、ツルバの情報についてはかなり怪しい点が多いので、この情報の裏に何か隠れているのは間違いないでしょうね。

オビがツルバの所から無事に戻ることが出来るのか?心配ではありますが、見守っていこうと思います。

関連サイト:月刊LALA公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク