名探偵コナン

名探偵コナンネタバレ最新1053話確定【若狭先生の正体は誰?】

名探偵コナン 1053
スポンサーリンク
Pocket

2020年4月22日発売の週刊少年サンデー掲載漫画『名探偵コナン』最新1053話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

コナン達が閉じ込められて、事件は進んでいきますが全く今のところ手がかりがありません。

そして、黒の組織との絡みも気になる所で、唯一自由の身である歩美が鍵を握るのか?

それでは、2020年4月22日発売の週刊少年サンデー掲載漫画『名探偵コナン』最新1053話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<名探偵コナン最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

名探偵コナンネタバレ最新1053話「自殺か他殺か・・・」


コナン達を監禁した男の正体は、鳩山義輔だと判明します。

小林先生はニワトリを受け取る前に、ネットでこの牧場について調べた時、顔写真を見たことから判明したようです。

 

安室が来た理由

30時間前にあるトンネルの工事現場から、掘削に使用する大量の爆弾が盗まれました。

この情報を察知した風見は、テロの可能性を危惧します。

犯人については、何人かクローズアップされたようですが、その中でも一番疑われている鳩山海輔を追っていたそうです。

そして、牧場にたどり着いたものの、不意をつかれて背後から殴られ気絶してしまい、監禁されたところを近くにあった死体の携帯から安室に電話をしてきたそうです。

風見としては、誰にも迷惑を掛けたくないという理由から、誰にも言わずにここまで来ました。

そんな矢先に巻き込まれた今回の事件・・・

安室は、風見が単独で勝手な行動をとらなければ、大ごとにはならなかったと。

そして、実際に亡くなってる鳩山義輔の死体を見たコナンは、自殺であると断定します。

死因としては首が締められたことによる窒息死の可能性が高いが、その時に抵抗した跡がないことが理由です。

もし、他殺であるなら抵抗した跡が手などに残るはずだと。

また睡眠薬などを使用したのではなく、死体が靴を履いておらず机のそばに置いてあった長靴から見て、この部屋で亡くなったのだろうと考えています。

ここまで数秒で判断できるコナンは、やはり最強でしょう(笑)

とはいえ、誰がベッドに死体を置いたかは謎のまま。

そして、風見が監禁されて目を覚ました時、イスの状態は倒れておらず、風見が座る時に座面に靴の跡もあったようです。

その靴跡は、長靴ではなく革靴のものだったようで、考えられるのは弟の海輔でしょう。

海輔が首を吊っている兄を発見して、兄を降ろすためにイスを使って兄の体を持ち上げたのだろうと安室は考えます。

亡くなった鳩山義輔にはもう一つ手がかりが残されていました。

それが、左手の人指し指や親指に残る蛍光ペンの跡。

その跡から、亡くなる直前まで何か調べていたのでは?とコナンは考えます。

とはいえ、左手に付いている色はピンクと水色と黄色の3色。

でも、胸ポケットにある蛍光ペンはピンクと水色の2色で、黄色がありません。

 

警察に連絡することはできる?

監禁されていないのは、灰原、元太、そして若狭留美の3人。

コナンは探偵バッジ使って、3人に牧場主の弟に誘拐されたことや、死体があったことを伝えます。

そして、気づかれないように警察に通報して欲しいと言いました。

そんなタイミングで「もしかして誰かお捜しですか?」と現れたのは、まさかの海輔!

灰原は瞬時に犯人だと感づきます。

灰原たちが海輔と話していると、現れたのは南部敬と、日塚順哉。

牧場までのバスで一緒だった2人です。

海輔は2人に兄からの伝言を伝えます。

「このある場所へ行き、ソレを見つけたならこっそり持ち帰り自分が退院するまで保管しておけ!」というものでした。

この話を聞いていた若狭は「ソレとは何か?」と聞きますが、わからないと言います。

海輔は、ニット帽を被った加納昭吾を発見したら、4人で行こうと言います。

この隙に警察に連絡しようと、灰原はスマホの電池を入れますがまさかの電池切れ・・・

しかも、元太は家に忘れていました・・・

なので、若狭がスマホを取り出そうと、後ろポケットに手をやると、若狭先生の尻のポケットに穴が空いていました。

若狭先生はこの時、ポケットの穴に気づいたようで、「な、ない・・・なくなってる?」と心の中で動揺しています。

そう、若狭が探していたのは、将棋の駒でした。

若狭先生はスマホで連絡しようとしますが、まさかのおバケツの中にスマホを落とすというミラクル。

結局、だれも連絡手段がないのでこのまま3人は事務所へと向かいます。

その頃、加納昭吾は山の中で何かを探していました。

バスで加納昭吾の携帯を見た光彦は、夜空にビームのような光があり「誰だ山ん中でロケット花火を飛ばしてる奴は」と動画の中で言っていたそうです。

 

コナンが早くも事件を解決?

安室は牧場で拾った「角」について、どこかで見たことがある感じていました。

安室は、17年前アメリカで謎の死を遂げた、天才棋士羽田浩司の事件について思い出していました。

その事件で唯一紛失した物品が、御守りとして羽田浩司が肌身離さず持っていた角の駒だったのです。

結局事件は未解決ですが、もしあの「角」をもっているのが犯人なら・・・

安室はこの牧場に羽田浩司を殺害した犯人がいるのか?と思い始めます。

その頃、3人は事務所に到着しドアが開いていませんが、またドジを踏んだ若狭留美が転んで割った窓ガラスから、偶然にも鍵を開けれて事務所に侵入出来ました。

やっぱり若狭留美ってかなり怪しいと思います。

また、薬で眠らされていた歩美も目を覚まし、コナンたちに状況を説明し始めます。

周りには焦げた木の枝がいっぱい落ちていて、長い溝のようなものが地面に掘ってあったそうです。

養鶏場の壁の穴や穴の先にある土を埋めた跡、子供に見られてぶち切れたビームが夜空を貫く映像から推理して、どうやら事件の大筋が分かったそうです(笑)

 

スポンサーリンク

名探偵コナンネタバレ最新1053話「若狭先生の正体は誰?」


コナンたちは閉じ込めたにもかかわらず、歩美たちはそのままにしたのか?

そして、他の乗客たちも探している物とは?

また、安室と若狭も繋がっているように感じましたが面識も無さそうです。

若狭先生も落とした将棋の駒から、新事実が判明することになるのか注目だと思います。

 

事件の全貌は?動機はや狙いは何?

とりあえずは自殺で決定みたいです。

弟である鳩山海輔も、助けようとしていた痕跡も残っています。

気になる点は、鳩山義輔は自殺する前に、ショックなことがあったそう。

この出来事も今回の自殺に影響しているのか?

また、鳩山義輔が言っていた「ソレ」って一体何なのでしょうか?

一番可能性として高いのは、工事現場から盗まれたという大量の爆弾だと思いますが。

そもそも、爆弾を盗んだ理由や動機だって気になります。

また、加納も見ていた夜空に光るビームって何の事でしょうか・・・

これだけの情報で大半を推理したコナンは、とんでもない推理力ですね!

 

若狭留美の正体が暴かれる?

若狭留美が黒の組織のNo.2である、ラムだと疑われています。

安室透が拾った将棋の駒から、沖田浩司の事件も触れられました。

なぜ若狭留美がずっとポケットに入れていたのか?

ちなみに、羽田浩司殺人事件については、黒の組織の幹部が行った事件だと言われています。

そのことから、ラムが犯人説がかなり濃厚だと言われています。

とはいえ、このような状況証拠だけで若狭留美をラムにするのは、現時点では難しいですね。

<<名探偵コナン1054話に続く

 

スポンサーリンク

「名探偵コナン ネタバレ 最新 確定」まとめ


ここまで、2020年4月22日発売の週刊少年サンデー掲載漫画『名探偵コナン』最新1053話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

監禁された理由や、探している物など気になることが沢山ありすぎです・・・

盗まれた爆弾や沖田の事件は関係しているのでしょうか?

そして、若狭先生はラムなのか注目です!

関連サイト:週刊少年サンデー公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク