アオアシ

アオアシネタバレ最新216話確定【衝撃の終戦】

アオアシ216
スポンサーリンク
Pocket

2020年5月25日発売のビックコミックスピリッツ掲載漫画『アオアシ』最新216話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

ガノン大阪との試合はまさかの展開になり、驚いた方も多かったことでしょう!

阿久津の手紙が関係しているのか、それとも違う要因があって敗北したのか・・・

それでは、2020年5月25日発売のビックコミックスピリッツ掲載漫画『アオアシ』最新216話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<アオアシ最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

アオアシネタバレ最新216話「衝撃の終戦」


Jユースカップの準々決勝で、ガノン大阪と一戦が始まろうとしています。

試合前にはガノン大阪の監督である森野が、福田監督に挨拶にきており「花ちゃんは元気か?」と訊いています。

2人は共通の知り合いでもある花の話で盛り上がっていましたが、福田監督は試合が始まる前に森野に「なんにせよ、いつだって当たりたくないんだ、あんたとは。本当に。」と言っています。

このような意味深な言葉の裏にはどのような理由があったのでしょうか。

 

エスペリオンのオーダー

福田監督はいつだって、森野とは当たりたくないのだと言っていましたが、その理由も明かされることになるでしょう。

それにしても、共通の花のこと訊かれて応えてましたが、花って英語ペラペラでスペイン語もちょっと喋れるとは・・・かなりの才女じゃないですか!

個人的には森野監督は、もっとワイルド系な感じを想像していましたが、メガネのせいかインテリ感があり、頭脳派のような感じを匂わせています。

そして、発表されたエスペリオンのスターティングメンバー。

GK 二階堂

DF 冨樫

DF 阿久津

DF 山田

DF 朝利

MF 黒田

MF 大友

MF 長野

MF 高杉

MF 松永

MF 本木

最近は松永先輩が出場ずることが多いですよね!

あんまり活躍を見れてないので、このガノン大阪戦での期待は高まるばかりですね。

 

興奮する葦人

観客席では葦人が試合を観戦していました。

そんな葦人の元にやってきたのは金子記者。

葦人と一緒に試合を観るためにやってきたようです。

葦人が現在は出られない状況にありながら、落ち込まずに応援できているのは良いところだと褒めています。

しかし、葦人はというと興奮しています。

というのも。、阿久津にもらったアドバイスを思い出すと、今はいい気分なのだと目を輝かせて、次を見据えていました。

葦人としては、阿久津からのアドバイスは相当嬉しい出来事だったのかもしれません。

一方、フィールドで試合に出場している阿久津は、朝利をカバーしてます。

阿久津は自分のポジションに戻りながら、怖がらずに思いっきりやれと朝利にアドバイスしています。

本当にキャプテンらしくなりましたよね!

そんな、葦人はイキイキとプレーするエスペリオンの選手達を見ながら、船橋から一気にココまで立て直したエスペリオンは、いまや昔よりも最強のチームになったのだと興奮しています。

 

エスペリオンが勝利へ?

山田のパスを起点に、冨樫、大友、高杉、黒田と繋がっていきます。

1年がついていけていることに、観客も驚いて興奮しています!

そして、朝利にボールが渡り、5レーンはまだできないが、不安や恐れは感じていませんでした。

それよりも、先輩たちに入って自分を試せることに喜びを感じていたのです。

そんな朝利から黒田へのパスはうまい具合に通り、パスを受け取る直前に後ろから阿久津が名を叫んでいます。

黒田は阿久津のパターンを読んで、朝利からのパスをそのままスルーしていきます。

やはり、読み通り阿久津はそのボールを前に蹴り出し、遊馬へと送っていきます。

そして、その流れに乗った遊馬はそのままゴールを決めたのです!

エスペリオンが前半わずか8分の先制。

1年と阿久津の融合で獲得したゴールはかなり貴重!

観戦している葦人も、これが福田監督の言っていた主力とサブの融合なのだと興奮を隠せません。

居ても立っても居られない葦人は、1年メンバーに「勝ち上がって見せろ!次は自分が出る」と言い放ちます。

エスペリオンメンバーは先制に湧いていますが、先制されたガノン大阪は焦っていません。

それどころか、ベンチの森野監督は不敵な笑みを浮かべていました。

 

エスペリオン終戦

90分後・・・

試合終了すると、結果はガノン大阪が5-1でエスペリオンに勝利していました。

まさか、驚愕の試合結果に震える金子記者。

あれだけ興奮していた葦人も何も言わず席を立ちます。

一緒にいた葵に声を掛けることもなく去っていった葦人に、葵も掛ける言葉が見当たりません。

こうしてエスペリオンはJユースカップベスト8で敗退という結果になりました。

あのガノン大阪の森野監督の不敵な笑みは、すでにこのような結果になることを予期していたからでしょうか?

しかも、スコアボードを見る限りでは、前半で2点取り返されて、後半は更に3点っていう点の獲られ方・・・

しかも、1点も追加点を挙げていませんからね・・・キツイですね。

 

スポンサーリンク

アオアシネタバレ最新216話「露呈した弱点とは?」


葦人は最強とまで言っており、それほどまでに調子が良かったはずのエスペリオン。

その言葉通り、開始8分で先取点を決めたエスペリオン。

そのまま波に乗って、圧倒的勝利かと思われましたが、まさかの大差による敗北。

しかも、阿久津がいながら5点も奪われるという異様なスコア。

阿久津が居るのにそんなのこと有り得るでしょうか?

 

エスペリオンの弱点

この試合においては、ガノンも主力を欠いていたと思います。

両チームの条件はほぼ同じ・・・

やはり、エスペリオンが1年を積極的に使っていたところを狙われたのでしょうか?

試合前に福田監督も当たりたくないって言ってたので、何か感じていたのか?弱みを突かれなければこのような結果にならないですよね。

この最悪な雰囲気からどうやって挽回するか?

ここで葦人が大きなカギになると思います。

そして阿久津に届いた手紙の件も結局今回は明かされぬままでしたが、もしかすると何か影響しているのかもしれません。

阿久津の謎の手紙についての描写がなかったので考察になりますが、前日に福田を待っていた阿久津はガノン大阪戦では勝てない理由でも話したのでしょうか?

 

新生エスペリオンへ

しっかり描かれると思いきや、結構あっさり今回で描写が終わってしまいました。

まさかの5対1という大差。

この試合展開では、前半の2点はまだ許せたとしても、後半に追加点を許しておきながら追加点を入れれないのは最悪です。

不敵な笑みの森野は、この結果はわかりきっていたと思われますが、試合中に喜ばない阿久津と福田監督の思いも気になる所。

この後のエスペリオンがチームとしてどうなっていくのか?

続きがかなり気になりますが、葦人の出番がもうすぐのような気がしますね!

個人的には新生エスペリオンの最後のピースは、葦人だと思っています。

要選手になっていくことを期待しましょう!

<<アオアシ217話に続く

 

スポンサーリンク

「アオアシ ネタバレ 最新 確定」まとめ


ここまで、2020年5月25日発売のビックコミックスピリッツ掲載漫画『アオアシ』最新216話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

エスペリオン大敗の理由も明かされることになりそうですが、阿久津が大きなキーマンなのは間違いなさそうです・・・

葦人が違う流れを引き寄せることができるのか?注目していきましょう。

関連サイト:ビックコミックスピリッツ公式HP/ウィキペディア/アオアシ公式サイト

スポンサーリンク