赤髪の白雪姫

赤髪の白雪姫ネタバレ最新117話確定【繋がる2つの事件】

赤髪の白雪姫 117
スポンサーリンク
Pocket

2020年6月24日発売のLaLa掲載漫画『赤髪の白雪姫』最新117話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

ヨヅミが持っている香水の謎が深まるばかりで、これからの展開に大きなヒントになりそうな気がしています・・・

恋人が誰なのかも気になるばかりですから、どのような人間模様になるのか目が離せないですね!

それでは、2020年6月24日発売のLaLa掲載漫画『赤髪の白雪姫』最新117話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<赤髪の白雪姫最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

赤髪の白雪姫ネタバレ最新117話「香水の正体」


白雪に対して、ヨヅミは手を握って言い寄ります。

どうやら、ヨヅミがおかしくぼーっとしたようで、ふわふわした感じで白雪に迫っています。

そんなヨヅミに白雪は、コショウ袋を顔に押し当てて、何とか逃れました。

ヨヅミも自分がおかしいことに気が付いているのか、白雪に対してどうか外に出るように言います。

 

ヨヅミの異変は香水が原因?

外に出た白雪を待っていたのは、心配でかけつけたエイセツとリュウ。

実はヨヅミが持ってきた、訳ありな香水の持ち主はヨヅミの恋人がいつも付けているものでした。

ヨヅミはこの香水について、本当の正体を探って欲しいということで宮廷薬剤師のもとを訪れたようです。

いつもこの匂いを嗅いでいたヨヅミは、恋人のつけているこの匂いが好きでした。

そして、恋人と離れていると、ひどく恋しくなることも多かったみたいです。

いつも彼女と過ごす時間が楽しいひと時だったので、好きだからだと思っていたようです。

しかし、ある時に初対面の貴婦人の誘いを受けた時にこの香水と同じ匂いがして、初対面にも関わらずその香りをかいだ瞬間に、恋人に抱くような感情すら抱いたのです。

それから、ヨヅミとしてはこの香りには心を揺るがす効果が含まれているのでは?と疑い始めました。

その効果や真実を調べるために白雪たちのもとを訪れたのでした。

実はこの香水の効果を調べるため、白雪がヨヅミの部屋を訪れるときにわざとこの香水を襟に付けていたのです。

 

訳ありの香水

実験した結果、ヨヅミの表情や言動を見る限り、この香水にはなにか効力がある判明しました。

このままでは、ヨヅミが本当に自分の感情なのか、それとも香水の効力なのか?疑心暗鬼になってしまうと危惧しています。

先ほどの白雪からのコショウ攻撃から気が戻り、ヨヅミが冷静になったところで再び部屋で話し合いが始まります。

香水をさらに詳細に調べるために、リリアスの地に送ってもっとしっかり調査することに。

その上で、香水を調べる為に確認すべきことがありました。

それは恋人の名前ですね!

聞かれたヨヅミは、どうしても恋人の名だけは明かせないと。

子爵家の方だという情報以上は言いませんでした。

その後、オビたちがツルバのもとから帰ってきて合流しますが、どうやらツルバの一件も解決には時間が掛かるみたいです。

オビはベルガットについてエイセツに報告し、開口一番に領内のリエラ夫人のことを聞きましたが、まさかのエイセツが知らないパターン・・・

重要人物だと思われるリエラ夫人の事を知らないエイセツに対し、落胆していました。

 

スポンサーリンク

赤髪の白雪姫ネタバレ最新117話「繋がる2つの事件」


もしこの香水の香りをかいだ人が、自分の本来の感情を無視して虜いしてしまうような香水であれば、使い方によってはかなり危険です・・・

ヨヅミの恋人以外も使っていたので、色々と条件があるとは思います。

とはいえ、ある条件次第では人の気持ちを操れるというのは間違いないみたいですから、これを作った理由や作った場所が気になるところ。

ここで気になるのが、ツルバが言ったリエラ夫人がこの香水の件に関係しているのか?ということではないでしょうか。

そんな中で、エイセツに関してはリエラ夫人を知らないというまさかの回答。

同じ領内に住む名家の女性を知らないっていうことはあり得るのか?

普通に正気かと言いたいですが、今後この2つの問題が関係してくるのか?どのように解決へと導くのか注目です。

 

2つの事件の共通点

個人的な考察では、この2つの事件はつながってきそうな予感がしています。

トウカがリエラ夫人に金銭的支援をしていたことが判明しています。

その時にオビが「まさか愛してしまったとか・・・?」と言っていたのを覚えているでしょうか?

もしこの仮説が正しいという可能性があるとするならば、この香水を使用することで容易に証明できてしまいます。

このヨヅミの恋人が使っていた香水と同じものを使用し、リエラ夫人がトウカの心を惑わしていたという可能性や、もしくは「人の心を惑わせる香水」を売っていたという展開も考えられるでしょう。

普通にエイセツがリエラ夫人のことを知らなかったということも、なにか裏がありそうな気もしており、この2つの事件はいずれ1つに集約されていきそうな感じですね!

 

キーマンは誰?

少し全容が見えてきましたが、キーマンになりそな人が多くて絞り切れません・・・

ヨヅミは一番気になるキャラクターですが、挙動不審についてのことや、香水をみんなで嗅いでしまったことも大丈夫か?と思いましたが、ちゃんと策が講じてあって良かったと思います。

ヨヅミの他にも気になるキャラクターは沢山いて、恋人の子爵家とリエラ夫人、ベルガットの残党につながりがあるのか?ということも気になりますよね。

上記でも紹介しているように、2つの事件が繋がるのであればこれらのキャラクターが繋がっているはずです。

こんな状況ですが、白雪らしさが前面に出ていて、安心できる点はとてもよかったと思います。

これまで、どちらかというと仕方ないという感じで今までやってきたエイセツにも、なにか感じることや伝わるものがあったと思います。

これまでも白雪の人柄によって、今までも関係性が変わったということが実際にもありましたよね!

そういった展開が多かったので、この事件をきっかけにして、白雪の立場がまた変わってくるではないかとおもいますね。

オビも戻ってきましたし、リエラ夫人のことや、仮面騎士の夜会についても詳しい情報が聞けると思われますので、どこかに共通点があるのか注目しながら見ていきたと思います。

エイセツはリエラ夫人を知っているのか、いないのかについては、本当に知らないという可能性が一番高いです。

しかしながら、知らないふりをしなければならない理由があるとしたら・・・

とにかく、不確定要素が多すぎてどのような展開になるのか予想がつかないので、新たに発表される事実を積み重ねつつ、考察していきたいと思います。

<<赤髪の白雪姫118話に続く

 

スポンサーリンク

「赤髪の白雪姫 ネタバレ 最新 確定」まとめ


ここまで、2020年6月24日発売のLaLa掲載漫画『赤髪の白雪姫』最新117話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

ヨヅミが持っていた香水の謎が深まるばかり・・・なにか特別な効果があるのは間違いなさそうです。

また、オビたちが関わっている一件も謎が多すぎて混沌としていますので、解決に繋がる大きな証拠なんかが待たれますね。

関連サイト:月刊LALA公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク