ONE PIECE

【ONE PIECEネタバレ】最新983話確定!うるティが本領発揮?

ワンピース 983
スポンサーリンク
Pocket

2020年6月22日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ONE PIECE』最新983話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

やはりカイドウとビックマムの強力な同盟は、そう簡単に上手く行くことは無さそうですね・・・

それぞれの思惑が動き出して、これまで予想していたような展開にはならないかもしれませんよね!

それでは、2020年6月22日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ONE PIECE』最新983話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<ONE PIECE最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

ONE PIECEネタバレ最新983話「うるティが本領発揮?」


ヤマトの捜索に行っている飛び六胞の一人ブラックマリアは、理由が分からないですがカイドウたちの宴の場にいます。

カイドウはブラックマリアに理由を聞きますが、かなり酔っているのでうやむやに・・・

そして、オロチも酔っぱらって上機嫌になっており、カン十郎が錦えもんたちを倒して戻ってくるのを待っていました。

カン十郎は完璧に入り込んでいたのに、「ラフテル」という言葉について聞いていませんでした。

ということから、カイドウはおでんは侍たちに何も話していないのだと考えます。

 

カン十郎からの報告

ちょうどカン十郎が到着しました!

オロチやカイドウの手下からも、カン十郎は敵だと思われていて、辺りの者を倒しながら進んできました。

騒ぐ手下たちに対して、カイドウからカン十郎がオロチの部下なのだと伝え、騒ぎは収まります。

到着したカン十郎が左手に持っているのは、殴られてボロボロのモモの助。

モモの助が縄を切って逃げ出そうとしたことがバレて、動けない様にボコボコに殴られたようです。

これまで、潜入していた時は、モモの助を主君と崇めていたにもかかわらず、ここまで無慈悲にモモの助を殴り倒したカン十郎をオロチは、嬉しそうに笑っています。

しかし、モモの助を見たカイドウは、昔と変わらないモモの助の姿をしていることにかなり不満そうです。

とにかく、カン十郎が戻ってきたので、オロチはすぐに乾杯しようとします。

カン十郎からの報告は、錦えもんたちの作戦を阻止できなかったということでした。

乾杯から一転、明らかに動揺するオロチ。

そんなオロチのもとにやってきた福ロクジュは、鬼ヶ島の正面には敵の船が見当たらないことを伝えました。

さらに、麦わらの一味とキッド海賊団はいるかもしれないという報告を聞いたオロチは、さらに焦り始めます・・・

報告が遅れたのは、クイーンが対処していたので気を使っていたのだそう。

 

モモの助が処刑される!?

福ロクジュは恐れることは無いと言い、再び飲み始めるカイドウ。

しかし、オロチは全く安心していません。

オロチはかなり焦っているようで、モモの助を掴むと磔台へ連れて行こうとしています!

とにかく、敵の大将をさっさと殺して、光月の歴史を完全に終わらせるつもりです。

その頃、鬼ヶ島近海にいたローの潜水艇に、ネコマムシが滝を登りきったとの連絡が入ります。

さらに、ネコマムシの船にはマルコと侠客団が一緒に乗っていました。

また、南軍の傳ジローたちはというと、ヤマトを探す飛び六胞ササキと遭遇していました。

ササキは狂死郎のことを仲間だと思っていたみたいで、油断したところを狂死郎たちが確保しています。

ササキは自分に何が起こったのかわからないようなので、傳ジローが背中に入った光月の家紋を見せています。

傳ジローは屋敷図にない情報についても詳しいので、簡単に半分の兵を中間地点から中に潜入させることに成功しています。

 

うるティとルフィ

錦えもんたちは、ビッグ・マムと遭遇します!

しかし、水中に隠れた錦えもんたちには運よく気づきませんでした。

麦わらの一味、ブラキオタンクに乗るウソップ、チョッパーを追いかるビッグマム!

ナミとキャロット、しのぶは、追いかけられている隙を狙って逃げようとします。

ただ、ビックマムではなく、窓からは覗くプロメテウスに見つかってしまうナミたち。

ナミのタクト内では、ゼウスが震えています・・・

プロメテウスは早速、ビッグ・マムにゼウスを誘拐したナミがいたと伝えます。

一方、ヤマトを探す為にカイドウ城内を歩くページワンとうるティ。

うるティが疲れたと言っても無視するページワンに、ついにうるティが怒って飛びかかります!

あまりに勢いが良すぎて、2人は弾みで階段を転げ落ちてしまい、そこでルフィと遭遇したのです!

 

スポンサーリンク

ONE PIECEネタバレ最新983話「うるティVSルフィ?」


飛び六砲の中で、しっかりヤマトを探しているのはフーズフー1人・・・

また、マルコとネコマムシが合流して、無事にワノ国に到着したので、戦力が揃いつつあります。

オロチとカイドウには、作戦の全貌もバレていないようなので、奇襲はかなり成功すると思われます。

 

うるティがルフィと戦う?

2人のやり取りを見る限りでは、ルフィとうるティは互いに初見なのは間違いないです。

とはいえ、百獣海賊団の兵士もいるようなので、お互いの存在については理解できると思います。

では、このままうるティと戦闘に突入するのか?

個人的な予想では、弟のページワンに戦わせるような気がします。

溺愛する弟のページワンに戦わせて、うるティは愛する弟を応援するという感じになるのではないでしょうか?

ちなみにページワンの悪魔の実の能力は、古代種スピノサウルスの能力だということが明らかになっていますよね!

そうなると、姉のうるティの悪魔の実の能力についても気になります。

名前にヒントがあるとするならば、うるティの「ティ」がティラノサウルスに由来しているという可能性も考えられます。

この仮説が正しいとなると、うるティの能力がティラノサウルスですからかなりの強さになると思われます!

すでに、ルフィ達はアプーとの戦闘で体力をかなり使っており、いくら戦いが好きなルフィ・キッド・ゾロとはいえ、今後を考えると厳しいですよね。

最終目標であるカイドウを倒すまでは、ある程度の体力は残しておきたいところでしょう。

 

モモの助の処刑が執行!?

ルフィたちの情報は、臆病者のオロチの元へと伝わり、かなり焦っていました。

そのため、オロチは錦えもん達の大将ともいえるモモの助を処刑しようとしています。

ステージに磔台を用意しろとかなり本気で命じていたので、このまま公開処刑が行われるという可能性も少なくないでしょう。

ルフィ達が全力で止めにくるのは間違いないですが、果たして間に合うのか?

大きな戦闘が始まっていくのかもしれませんが、ルフィたちはうるティと絡んでますからね。

可能性としては低いですが、モモの助が連行される途中で、ナミ達がモモの助を救い出すという展開も無きにしも非ず。

とにかく、オロチの動き次第で局面は変わってきそうですね!

<<ONE PIECE984話に続く

 

スポンサーリンク

「ONE PIECE ネタバレ 最新 確定」まとめ


ここまで、2020年6月22日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ONE PIECE』最新983話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

モモの助の処刑までにルフィたちは間に合うのか・・・

そして、マルコたちも合流して大きな戦いになりそうで、ワクワクしますよね!

登場人物が多すぎるので、整理してから読みたいところです・・・

関連サイト:少年ジャンプ公式HP/尾田栄一郎公認公式HP/ウィキペディア

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.