ハイキュー

ハイキュー!!ネタバレ最新398話確定【それぞれのリベンジは達成?】

ハイキュー 398
スポンサーリンク
Pocket

2020年6月22日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー!!』最新398話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

プロとしての意地のぶつかり合いが続いており、両者とも全く引かない戦いぶりです!

この試合で日向は、牛島に対して成長した姿を見せることが出来るのか?

もし成長した姿を見せられれば、確実に勝利に近づくことでしょう。

それでは、2020年6月22日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー!!』最新398話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<ハイキュー最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

ハイキュー!!ネタバレ最新398話「それぞれのリベンジは達成?」


試合は更に熱を帯びていき、観客のボルテージもMAX!

アリーナへ続く扉は、日向が体調不良のために試合途中で離脱せざるを得なかった、鴎台との試合では閉ざしてしまった扉・・・

日向はその扉を開けて、試合で成長したことを証明できるのか?

 

一進一退の攻防

スパイク、レシーブ、ブロック、攻撃を連続して繰り出す両チーム。

お互いに一歩も譲るつもりはありません。

永遠に続くかと思われたラリー終止符は、牛島が決めました。

牛島が放った弾丸スパイクは、レシーブに入った宮侑を弾き飛ばすほどの威力!

ブラックジャッカルとアドラーズは、9対9の同点!

そのまま影山のサーブへ。

かなり難しいサーブになり、日向と佐久早はお見合いして、サーブを取れませんでしたが、結局ギリギリアウト。

チャンスの場面で、ブラックジャッカルのサーブは木兎。

サーブは平和島がレシーブして、上がったボールは再び牛島がスパイク!

強烈なスパイクが襲いますが、明暗の右手がナイスブロック!

アドラーズコートへ戻ったボール。

星海に呼ばれた影山がチョイスしたのは、そのまま逆サイドの星海!

星海はバックライトから回り込んで、スパイクが決まります。

ブラックジャッカルは明暗不在・・・

決まったかに思えましたが、逆サイドから駆けつけた日向が佐久早がブロックで止めます。

まさか日向に止められるとは思わなかった星海は、日向が小さすぎて見えなかったと悔やみます。

 

烏野VS鴎台の続き

バレーという競技の特性上、上を見てプレーするので、他者の動きをつぶさに把握することは難しいです。

しかしながら、星海はそれがちゃんと出来ていたにもかかわらず、日向が居るはずのない場所にいたので、動きを予測することができませんでした。

星海は「小さな巨人」と呼ばれてますが、同じような小さい相手の対応に関しては星海自身が一番不慣れだったのです・・・

しかし、この試合は星海にとっても日向にとっても、あの烏野対鴎台の試合の続きという感覚。

プロになってからも、星海は日向を倒したいという思いが常にありました。

まさにあの試合から6年を経て、日向、星海の小さな巨人対決が実現したのです。

 

日向の成長!

日向がここまでコート上において、全てに責任を感じているのは、2人制のビーチバレーをやって来た経験が大きいようです。

これまで、ビーチバレーによって鍛えられた技術、相手との駆け引きは日向を強くし、全てをこなすビーチバレーだからこその思いもあるようです。

そして、日向のサーブへ。

ボールは影山に返り、牛島へトスを上げます。

日向といえば、白鳥沢との試合では牛島のスパイクに歯が立ちませんでした。

しかし、現在の日向の様子は落ち着いており、どっしり牛島のスパイクを待ち構えています。

全く表情に不安はありません。

牛島の強さにも憧れていた日向は、成長して牛島を越えることが出来るのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ハイキュー!!ネタバレ最新398話「試合は決着がつくのか?」


妖怪世代は第4セットに活躍を見せるような展開になりそうですよね!

また、終章宣言されているので最終回は近いですが、できるだけ長引かせて欲しい気持ちもありますね・・・

このリベンジの対決をどう終わるのか気になりすぎます!

 

牛島のスパイクをレシーブできる?

星海、牛島との対決で、日向は高校時代を思い出していたことでしょう。

普通に6年も前というので、かなり月日が経っているのに、鮮明に思い出す記憶!

あの日からの続きを思い出させ、読んでいてもアツくなります!

6年もあれば人は信じられないほどに成長してることでしょう。

中でも日向に関しては、バレーにおいて誰よりも強くなるために、努力をしてきたのは間違いないです。

その努力によって、かつて倒せなかった牛島という敵を必ず倒して、越えていくのは間違いないでしょう!

どれだけ日向を強くしてくれているのか?楽しみです。

あの構えや雰囲気から見ても、牛島のスパイクを日向は拾う展開だと思います。

また、そう簡単にはいかないという現実味から、何度か弾き飛ばされるという展開もアリでしょう。

第4セットの序盤ということですし、2人の対決も何度か見られると思いますね。

そして、日向は星海を止めても高校の時の様に大喜びするということはありませんでしたので、仮に牛島のスパイクを止めたとしても冷静を装うと思いますね。

 

試合の決着が着く?

県予選の時の試合では、牛若に頭を押さえられるような圧に対して、上級生らも含めて一丸となって、なんとか止めたという印象でした。

あの時と同じクロスを上げた影山の表情は、敵として試合していますが、日向がどのように牛島のスパイクを止めるのかを楽しみにしているようにも見えました。

そんな、どちらも一歩も引かない攻防が続く試合。

試合展開的には、どちらかがリードしていても、もう一方が何とか盛り返して、マッチポイントからデュースを繰り返すというような感じになりそうですね。

セットにおける日向と星海の対決が、今後の第4セットを占うプレーになると思います。

日向からしたら、先程のセットではやられていましたので、このセットでやり返したという思いは間違いなくあるのでしょう。

もし、ビーチバレーでの経験が生きて、相手は2人ゆえに相手の動きをよく見ることにより、どのような攻撃をしてくるのかを読むことができれば、この後も牛島の攻撃を止めることができますからね!

その能力がこの試合でどこまで通じるのか?

思う存分生かして欲しいと思います!

上記では、牛島のスパイクをレシーブできると紹介していますが、牛島自身も昔とはスパイクの打ち方が違う上に、プロという厳しい世界で揉まれてきたので、日向と同じく高校時代よりも成長しており、かなりの威力を誇るのではないかと思います。

これまで長い間ビーチバレーで腕を磨いてきた日向は、足元の環境が良くない砂浜の上でプレーしたことによって、鍛えられた強靭な足腰で威力を抑えてレシーブすることが可能でしょう。

この自信が本物なのか?偽物なのか?というのは、実際にプレーを見ないと分かりません。

<<ハイキュー!!399話に続く

 

スポンサーリンク

「ハイキュー!! ネタバレ 最新 確定」まとめ


ここまで、2020年6月22日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー!!』最新398話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

高校時代には圧倒的なスパイクの威力を誇った牛島。

日向はしっかりレシーブすることが出来たのか・・・

これを止めることが出来れば、間違いなくチームは勢いに乗るので重要なプレーだと思います!

関連サイト:少年ジャンプ公式HP/ウィキペディア/ハイキュー公式サイト

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.