キングダム

キングダムネタバレ最新646話確定【趙は恐ろしい展開に・・・】

キングダム 646
スポンサーリンク
Pocket

2020年7月2日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新646話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

悼襄王が死んだことで、動きが慌ただしくなってきました・・・

恐らく混乱がつづいていくので、秦国としてはこのタイミングで攻め込みたいところでしょうね!

それでは、2020年7月2日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新646話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<キングダム最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新646話「趙は恐ろしい展開に・・・」


秦軍の王翦将軍は邯鄲を攻略すべく、趙将扈輒との戦いに向けて準備しています。

そんなタイミングで邯鄲から、急報を知らせる早馬がやってきました。

一同は恐らく、李牧が死んだことだろうと思っています。

すでに、李信は悔しそうな表情です。

しかし、急報は悼襄王が死亡したという知らせだったのです!

「李牧じゃなくて、悼襄王が死んだのか!?」とざわついており、王翦将軍も予想外の出来事だったようです。

 

悼襄王の死因は?

その頃、趙では李牧側の人間が毒殺したのでは?という噂が立っていました。

動機はあるとして、郭開は拷問にかけることを決めます。

王兵に李牧側の人を捕まえるように命令しますが、動こうとしません・・・

「何をしているんだ!?」と怒鳴る郭開ですが、王兵というのは「王の護衛」が任務。

郭開の兵ではないと正論。

そんな王兵に対して、この緊急事態では自分に従うべきだと言います。

王兵の間では嘉こそが次期国王だろうと考えており、「すでに次の王が存在している」と伝えます。

 

ついに李牧が解放!

王の死によって、実権を握った嘉。

まず初めに行ったことは、地下牢に閉じ込められていた、賢人達を次々に開放したのです。

そして、なんとか趙という国をここから立て直そうと考えていました。

解放された人には、もちろん李牧も含まれています。

カイネは解放された李牧を見つけて、落馬するほどの反応!

そして、号泣しながら李牧に抱きつきます。

感動の再会もそこそこに、嘉が現れます。

李牧に対して、話したいことはたくさんあるが、とりあえず秦軍が迫っている中で、そんな時間がない状況だと。

 

王翦軍の動きは?

王翦としては、悼襄王の死因や陰謀などより、趙がこの後どのような変化を遂げるのか?ということが重要だと話します。

王翦が恐れていたのは、次期国王になるであろう嘉。

これまでも、名王になる器の持ち主であると噂を耳にしていたのです!

このまま、嘉が王になると李牧だけではなく、これまで牢につかまっていた賢者たちが出てきて、間違いなく戦況が変わると考えます。

趙は生まれ変わるのか?

 

趙は滅亡の一歩を踏み出す?

時期王だと思われる太子嘉を中心にして、郭開が悪の根源だとして必ず捕まえようと意気込んでいます。

そんな中、王兵が太子嘉達を取り囲みます。

「王に対して失礼だ!」と怒りますが、そこに現れたのは悪の根源である郭開。

当然ながら、嘉は王の権限で郭開を捕まえるよう命令します。

しかし、今度は王兵が動こうとしません。

実は、英書記官に悼襄王が亡くなる半日前に、ある遺言を残していたのです!

この遺言という言葉が出た時点で、嫌な予感がする太子嘉や李牧。

ニヤリと笑った郭開を見て、李牧の予想が確信に変わります。

遺言により、次の王位は末っ子である遷が継承することになります!

すると、裸の女性が馬のように四つん這いになり、その上に遷が座って現れます。

遷の周りには、他にも裸の男女が目隠しをされ、縄で首輪のように繋がれ連れられているという、おぞましい光景が・・・

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新646話「李牧の動きに注目?」


遺言によって、王となる遷はヤバイ人物ですね・・・

結局のところ、趙は秦によって滅ぼされると言うよりも、自滅に近い形で滅んでいくことでしょう。

最後の望みだった嘉も左遷されることでしょうから、本当に救えない状況になりました。

王翦たち秦軍も侵攻を止める理由が無いので、このタイミングでさらに攻め込んでくるでしょうね。

こうなってしまった以上は、趙の破滅は避けられない情勢です。

 

李牧の活躍は見られる?

遷が即位して幽繆王になりますが、どちらにしても秦と戦うことになります。

そうなると、李牧の力が必要になると思われ、郭開としては嫌な展開かもしれませんが、李牧が復帰する形になると思います。

郭開としては、幽繆王の忠臣として仕えるか、もしくは国王を狙うという可能性もあるでしょう。

また、李牧の戦いを邪魔するという展開も考えられます。

すでに郭開は、嘉と李牧が敵対していることに気が付いているので、監視をつけてるかもしれませんね。

幽繆王が即位したことで、一時的に国がまとまって李牧たちも活躍する局面はありそうですよね。

 

李牧が亡命する可能性は?

王が変わろうとも、郭開としては李牧の処刑を考えています。

ただ、遷も同じ考えかどうかは微妙な感じですよね。

史実通りに進むのであれば、後に李牧を登用するという事実があり、李牧は後に司馬尚と共に邯鄲の防衛に入ります。

いくら遷とはいえ、李牧は生かしておく逸材であると考えると思います。

そして、遷はまだ子供ですから決定に関しては母親の意向が大きく影響しそうですから、どちらにしても李牧の扱いは注目されます。

李牧たちに考えられる部分としては、嘉と共に逃げて亡命するという可能性もあるでしょう。

遷の登場だけで、素行の悪さは判明しています。

そうなると、嘉を連れて李牧たちは別の場所に移る可能性もあり、秦軍は無いにしてもかなり離れた場所まで飛ぶかもしれませんね。

 

郭開が全ての黒幕?

桃泉殿で酒を飲んで亡くなった悼襄王ですが、だれが暗殺したのでしょうか?

悼襄王は酒だと思って口にしていますが、振り返ってみると盃に注いだのはドロドロした怪しい液体でしたし、通報することも無く笑っていましたよね。

お酒ではない液体が盛られたのは間違いないですが、それが毒なのかは微妙な感じです。

この状況からすると、毒を盛る可能性が一番高いのは子供達でしょう。

しかし、子供達が独断でそんなことを行うでしょうか・・・

子供たちは悼襄王が苦しそうに倒れた瞬間、まさかというような驚きの表情で固まっていました。

ということは、初めは事態を把握できていなかったのではないでしょうか?

では、一体誰が仕込んだのか気になりますよね!

動機がある、舜水樹とカイネたちについては、李牧の救出に手いっぱいといった感じでしたし、李牧救出を大前提でしたので、国王に毒を盛るという作戦は考えていなかったと思います。

消去法でいくと、やはり郭開が全ての黒幕なように思えてきます。

悼襄王がいきなり遺言を残したのは、なぜだったのか・・・偶然にしては出来過ぎな感じがしますよね。

郭開の意味深な表情の謎がいつ明かされるのか?

 

スポンサーリンク

「キングダム ネタバレ 最新 確定」まとめ


ここまで、2020年7月2日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新646話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

やはり史実通り、嘉が国王になることはありませんでした。

とはいえ、李牧を解放できたのは大きいですよね。

あの新国王であれば国が滅ぶのは時間の問題なので、どうにか史実ではない展開になることを期待していきたいと思います。

関連サイト:週刊ヤングジャンプ公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.