ブラッククローバー

ブラクロネタバレ最新256話確定【ダンテの力が明らかに!】

ブラクロ 256
スポンサーリンク
Pocket

2020年7月6日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ブラッククローバー(ブラクロ)』最新256話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

ノエルの正体を知ったヴァニカは、これまでの方針を変えることにします!

まさか親子で同じ敵と戦うことになるとは・・・もしかすると、これはノエルの宿命なのかもしれませんよね。

それでは、2020年7月6日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ブラッククローバー(ブラクロ)』最新256話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<ブラッククローバー(ブラクロ)最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

ブラクロネタバレ最新256話「ヴァニカの作戦変更?」


ノエルは闘志を燃やしており、捨て身の攻撃によってヴァ二カの体を剣で貫きます。

ノエルの攻撃が決まったかのように思えましたが、ヴァニカは笑顔を浮かべています・・・

その気迫にヴァニカは一瞬怯んだものの、残念ながら攻撃自体は効いていないようです。

それでも、ノエルは全く諦めることなく、気持ちとしてはロロペチカを助けたいという一心だけです。

そのまま『零距離海竜の咆哮』魔法を発動させ、ノエルの周りを取り巻く水流がやがて竜へ変化し、その竜がヴァ二カを飲み込もうとします!

しかし、ノエルの竜もヴァ二カの血液魔法が発動したことによって、簡単に玉砕されてしまいました。

散ってしまった竜は、先ほどの勢いはなく、水滴だけが雨のように流れます。

ついにノエルはもう体力の限界に近づいており、これまで気力だけで戦ってきましたが、力尽きて、その場に倒れ込みます。

そんなノエルに対して、ヴァ二カは全く余裕でした。

 

思い出すヴァニカ

「攻撃は効かない」と笑っていたヴァニカですが、口から血を吹き出し若干は効いているようです。

そんな時、ヴァニカは何かを思い出します。

ヴァニカは、改めてノエルに名前を尋ねて、ノエルはヴァ二カを睨みつけながら自分の名を乗りました。

「ノエル・シルヴァ。クローバー王国の王族!黒の暴牛の魔法騎士よ」

これでヴァニカは完全に思い出したようで、名前を知って笑みを浮かべています・・・

ヴァニカは何か閃いたようで、ロロペチカを殺さずにスペード王国に連れて行こうと、メギキュラに提案します。

本来であれば、ハート王国の女王ロロペチカは滅ぼします。

しかし、ヴァ二カにとってそんな事よりも興味があったのはノエルでした。

ヴァニカが思い出したのは、鎧の女と戦った過去でした。

その相手の名前は「アシエ」

アシエというのは、ノエルの母親です。

アシエと戦っていたヴァニカは、子供を人質に取ると、アシエは強くなってヴァ二カに挑んだそう。

その娘なら、ノエルにとって大事な友達であるロロペチカを人質にとることによって、ノエルももっと強くなり、さらに楽しいことになると考えたようです。

とりあえず、ヴァ二カは閉じ込めておけば問題ないだろうと言い、ロロペチカを掴み上げました。

もはやハート王国には何の用もありません。

以前として、漆黒の使徒ダークディサイプルとミモザが戦っています。

漆黒の使徒は、もう少しでミモザを倒せると言いますが、すでに興味を失ったヴァ二カは興味ないとバッサリ・・・

ヴァ二カは冷たい視線で睨みつけました。

 

漆黒の使徒が爆発!?

ヴァニカが漆黒の使徒に対して使ったのは、呪符魔法「暴走する命」

すると、漆黒の使徒の体内で魔法の力が暴走し始めて、次第に体が大きく膨れ上がり、今にも爆発しようとしています!

それも一人ではなく、ハート王国の各地で戦う「漆黒の使徒」全員が同じような状態だったのです!

漆黒の使徒たち自身もパニック状態。

それは、違う場所で戦っていたラックやチャーミー、ガジャも異変に気が付いていました。

ヴァ二カは「スペード王国で待っている」とノエルに言い残し、ロロペチカを連れて笑顔で去っていきました!

「ヴァニカぁぁー!」ノエルは悔しさのあまり叫びます。

間もなく、ハート王国の各地で漆黒の使徒が大爆発を起こし、近くにいた人々全員が巻き込まれてしまいます。

 

ダンテVSヤミ

クローバー王国では、依然としてダンテとヤミが戦闘中でした。

ヤミ団長はダンテと互角に戦っているようで、ダンテの体を刀で貫きますが、すぐに体が修復し、何度斬っても全く攻撃が効きません。

ダンテは不敵な笑みを浮かべながら、ヤミの強さは認めます。

しかしながら、魔法自体の完成度は酷いと評価。

すると、「悪魔の力」を見せてやると力を解放し始めるダンテ。

ついに悪魔を宿した本当の力が明らかになるようです。

 

スポンサーリンク

ブラクロネタバレ最新256話「ダンテの力が明らかに!」


ノエルの一撃は、悪魔契約者を恐れさせるほど攻撃でした!

ヴァニカは口から吐血するものの、あと一歩及びませんでしたね。

母親の仇を前に倒すことができず、しかも友であるロロペチカを奪われるという展開に、ノエルの心情を思うと張り裂けそうですね。

プラスに考えると、ヴァニカと再戦するまではロロペチカも生きているということで、救う機会があるということでもあります。

ハート王国の各地で起こった、爆発が気になりますがきっと耐えきって更に強くなることでしょうね。

また、一方でダンテとヤミの戦いも未だに続いており、いよいよ佳境を迎えるような感じです。

 

ダンテの圧勝?

ヤミとダンテの戦いが続いていますが、ここもダンテの圧勝になると思われます。

というのも、漆黒の三極性のボスであるダンテだけが負ける展開は考えられません。

という勝手な考察から、ここで倒せるはずがないと思っています。

もし、ヤミが負けたとして、今後の展開として考えられるのは、アスタがヤミを取り返すためにダンテと戦うというパターン。

そうなれば、おのずとユノはヴァンジャスを取り戻すためにゼノンと戦うことになるでしょうね。

そして、ノエルたちはロロペチカを救うため、ヴァニカというような感じではないでしょうか。

そうなると、気になるのはやはりアスタの悪魔の力。

ダンテやゼノン、ヴァニカのように強力な力を、アスタは手にできるのでしょうか!?

 

ダンテの悪魔化

強者を前にして高揚感に包まれるダンテは、70%くらいまで解放しそな感じですよね。

悪魔と化したダンテ、いくらヤミといえ歯が立たないと思います・・・

もはやフィンラルたちに関しては空気(笑)

気遣う余裕もなく始まるのは、悪魔を宿す人間とただの人間の戦いです。

序盤に関しては、ルチフェロの魔法に警戒しつつも上手くいなしながら、何とか互角程度にダンテとバトルを繰り広げる可能性はあります。

ただ、限界に近い80%を解放したダンテに対しては、ヤミ団長の背筋にも悪寒が走るでしょうね。

ただ、ヤミも本気を出すというようなことを言っていたので、何か秘策があると思いたいです!

 

スポンサーリンク

「ブラクロ ネタバレ 最新 確定」まとめ


ここまで、2020年7月6日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ブラッククローバー(ブラクロ)』最新256話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

ノエルの正体がバレて作戦変更されたのは、予想外でしたね・・・

そして、漆黒の使徒があのように簡単に切り捨てられるとは、ヴァニカ恐るべし!

ダンテとヤミの戦いになりそうですが、果たしてヤミがどこまで戦えるのか注目ですね。

関連サイト:少年ジャンプ公式HP/ブラッククローバー公式HP/ウィキペディア

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.