名探偵コナン

名探偵コナンネタバレ最新1056話確定【トランプのメッセージとは?】

コナン 1056
スポンサーリンク
Pocket

2020年7月15日発売の週刊少年サンデー掲載漫画『名探偵コナン』最新1056話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

久しぶりに連載が再開されて、怪事件に早速巻き込まれることになりました・・・

黒の組織にも関係してきそうな事件なので、事件解決と黒の組織の解明に期待しながら見ていこうと思います!

それでは、2020年7月15日発売の週刊少年サンデー掲載漫画『名探偵コナン』最新1056話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<名探偵コナン最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

名探偵コナンネタバレ最新1056話「謎が多い怪事件・・・」


毛利探偵事務所で小五郎は、トイレットペーパーが切れて悩んでいる所から始まります。

しかも、探偵事務所にいるのは沖野ヨーコだけ・・・

小五郎は蘭に電話で呼ぼうとしますが、あれこれ想像して結局、蘭はだめだという結論。

残った頼りの綱はコナンだけでした!

実は今から2時間前のこと、毛利探偵事務所で小五郎が最後のバターサンドは消費期限で2日も過ぎていることが判明します。

蘭は「もっと早く捨てておけばよかったね!ホントごめんなさい!」と言いますが、小五郎は2日ぐらい大したことが無いと気にしません。

 

沖野ヨーコの依頼

今回の依頼人である沖野ヨーコは、一人で訪れているようです。

依頼したい事件については、マネージャーからも関わらない方が良いと言われていました。

そんな相談を受ける小五郎はいつも以上に男前で、デレデレしている小五郎に怒っています(笑)

その現場は、ロケハンで軽井沢でした。

沖野ヨーコとプロデューサーの2人で、ロケハンとして軽井沢に行ったようです。

いくつかの候補があって、その中の1つを選ぶという目的で、いわば下見の下見。

沖野ヨーコが演じる役は、別荘に棲みつく幽霊の役。

そのロケ地候補である、不気味な別荘へ。

その場所は、TVプロデューサーの塀島湾也が知っていたスポットで、実際に奥さんが失踪した不気味な別荘なのだそう。

沖野ヨーコはその不気味な別荘に向かうことにします。

実はその別荘で失踪したのは、塀島のお姉さんだったのです!

別荘について様子を見てみると、ただならぬ不気味な雰囲気が漂っていて、訳あり物件なのは素人目にも明らか。

当初は日帰りのつもりでしたが、興味が湧いてきて泊まりたくなったそうです。

 

別荘で事件発生!?

別荘に泊まることになったのは、塀島と沖野だけではなく、避暑に来ていた塀島のお姉さんの主人である馬場貫康、貫康さんの弟である馬場風悟、弟の妻である馬場緋美の3人もいました。

事件が発生したのは、寝ている夜中の零時・・・

誰かのうめき声が零時に聞こえてきて、さらに廊下を走る音が響き渡ります。

驚いて廊下を見てみると、廊下にあったのは血痕。

その血を辿って廊下の角を曲がったらなんと、と言った時に蘭が発狂(笑)

蘭は勝手に行方不明になった幽霊が出てきたと勘違いしたようです。

事件は幽霊が出たのではなく、血が途切れて誰もいないバスルームだったのです。

近くに外に出られる扉とか階段もありません。

バスルームにも何もなく、そうこうしているうちに全員集まってしまったとのこと。

全員がバスルームに集まりましたが、長男の貫康だけがいません。

全員が手分けして探すことになりますが、沖野ヨーコの話によると五体満足なのは彼女だけだったようです。

他の3人は何かしらの怪我を負っていたようで、弟の風悟は左手首を脱臼し腕を吊っている状態。

緋美さんはヘルニアで車イスに乗り、塀島さんは右足を捻挫して松葉杖をついていました。

 

密室殺人のトリックは?

そんなタイミングで、見つからない貫康から弟の風悟へスマホに画像が届きます。

その画像はというと、何枚かのトランプが束になっていました。

何かのメッセージのようですが、弟も解読できず・・・

弟は何度も貫康に折り返し、電話やメールをしますが一向に繋がる気配はありません。

別荘の周りの森の中にもいませんでした。

捜したけどみつからず…。

結局、翌日になっても沖野ヨーコと塀島も、ほっといて帰ることができず、仕事をキャンセルして別荘にいました。

4日目の朝に風悟は子供の時に、屋根裏で遊んでいたことを思い出します。

屋根裏部屋を探そうとしますが、階段は内側から鍵が掛かっており入れません。

ということで、警察を呼ぶことになり、屋根裏部屋の窓から侵入します。

すると、中には貫康が背中にボーガンの矢が刺さった状態で亡くなっているのが発見されました。

内側から鍵が掛かっており、この事件は「密室事件」に。

 

RUM候補も参加?

ボーガンは森を捜索した時、別荘のそばで発見されていました。

犯人は屋根裏部屋に貫康をどのように閉じ込め、トランプの画像を送信したのか?

気なって眠れない沖野ヨーコは、この事件については毛利小五郎に相談しに来たのです。

小五郎はかっこよく答えようとしますが、消費期限切れのバターサンドが原因でお腹を痛め、トイレへ直行!

小五郎がトイレへ退場したタイミングで、探偵事務所にやって来る人物がいました。

それは、脇田兼則でした!

どうやら話を聞いていたようで、面白そうだから推理に参加するようです。

RUM候補の脇田兼則が登場し、事件はどのようになっていくのか?

 

スポンサーリンク

名探偵コナンネタバレ最新1056話「メッセージの解読成功!?」


犯人は逮捕されていないということから、次の殺人が起きる可能性もあります。

普通に考えて、犯人だと思われる人物はプロデューサー、風悟、緋美の誰かであるでしょうね。

犯人が誰にせよ、貫康の妻の死が関係しているのは間違いなさそうです。

 

怪しい人物は誰?

謎が多く、分かっていることも少ないので、なんだか難しそうな事件です。

おそらく、廊下に垂れた血に関しては、被害者である馬場貫康のものでしょう。

もし屋根裏に運んだと考えると、大人の男一人を運ぶのは難しいですよね。

ただ、馬場緋美の車イスを使って遺体を運んだと考えると、力も必要ないので容易に動かせますよね。

しかも、ヘルニアというのは嘘だという可能性も残されており、犯行を行うためのカモフラージュかもしれません。

 

スマホ画像のメッセージとは?

被害者のダイイングメッセージなのか不明な点が多いですが、犯人に繋がる手がかりには間違いないでしょう。

トランプのマークとアルファベットを関連付けて考えてみたいと思います。

方法としては、ハート・ダイヤ・スペード・クラブを英語読みにします。

例えば、heartの1というトランプなら1番目の「h」、2番目なら「e」というように解読した行きます。

というルールに乗っ取って解読していくと「help attic ni iru hannin ha himi」となります。

atticは屋根裏という意味で、「助けてくれ屋根裏にいる、犯人は緋美」という言葉になります。

これは偶然ではないと思ので、このメッセージ通りなら馬場緋美が犯人でしょう。

ただ、現時点ではこの画像を犯人が送った可能性もあると思われ、馬場緋美に罪をなすりつけようとしたことも考えられます。

<<名探偵コナン1057話に続く

 

スポンサーリンク

「名探偵コナン ネタバレ 最新 確定」まとめ


ここまで、2020年7月15日発売の週刊少年サンデー掲載漫画『名探偵コナン』最新1056話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

画像のメッセージについては解読できたと思いますが、それを誰が送ったのか?というのがポイントでしょう。

それぞれが親戚だったようなので、何かしらの確執があった可能性も否定できません。

ということから、動機もきになりますね・・・

名探偵コナンネタバレ最新1056話確定【トランプのメッセージとは?】でした。

関連サイト:週刊少年サンデー公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク