弱虫ペダル

弱虫ペダルネタバレ最新602話確定【坂道の選択は・・・】

弱虫ペダル 602
スポンサーリンク
Pocket

2020年8月6日発売の週刊少年チャンピオン掲載漫画『弱虫ペダル』最新602話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

ついにMTB編が終了することになるのでしょうかね?

坂道自身も次のMTB2連戦に関しては、出場しないような雰囲気を醸し出していましたからね。

果たして、この後の展開としてロード編に戻るのか気になる所・・・

それでは、2020年8月6日発売の週刊少年チャンピオン掲載漫画『弱虫ペダル』最新602話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<弱虫ペダル最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

弱虫ペダル最新602話の考察


壱藤は次のレースで坂道にリベンジする気満々でしたが、坂道はあまり乗り気ではなかったのが気になるポイントです!

雉や坂道本人ではなく、壱藤から再戦を申し込んでくるとは予想してませんでした。

これだけ描かれてきて、ひと夏の経験で終わるというのは、かなりもったいない気もします。

今の展開を見る限りでは、ロードとMTBを両立するという流れはあまりイメージできないので、最終的に目指す目標はインターハイ3連覇という所でしょうか?

 

弱虫ペダル最新602話の考察l坂道の選択

坂道の選択次第で、次の展開が決まるので気になりますよね!

やはり引っかかのは、最後のページで見せた坂道の表情。

あの様子を見るに、もうMTBのレースに出るという気持ちは無かったように思えます。

MTBが嫌いと言う訳ではなく、好きな自転車であり、ロードの息抜き的な存在という感じなのかもしれません。

なので、インターハイやレースに出場して、優勝したりトップに立ちたいというつもりはあまり無いのかもしれません。

そうなると、壱藤が9月に再びリベンジレースをしようと約束していましたが、果たすことなく幻に終わってしまう可能性があります。

雉が師匠になって、本格的に練習していけば間違いなく壱藤は強くなるので、今回のように勝利することは難しくなるでしょう。

坂道も本格的なMTBの練習を行っていないので、伸びしろはかなりありますが、本職がMTBではないですからね。

練習できる時間も、機材も限られ、MTBすら自分のものを持っていません。

仮に坂道が今後もMTBレースに出場するならば、「坂道、MTBを買う!」というような回になるかもしれませんよね。

 

弱虫ペダル最新602話の考察lリベンジマッチはどうなる?

坂道は勝利後に大の字になって空を見上げていたのが、非常に印象的なシーンだったと思います。

このポーズを見たことあるなと思っていましたが、鳴子も同じようなポーズをしていました!

ということで、個人的にはそろそろ本格的にロード編に戻って、インターハイ3連覇に向けた準備に入って欲しいと思います。

ただ、壱藤がリベンジマッチを望んだことから、このまましばらくMTBレース編が続いてしまうんでしょうか?

そうなってくると、かなりロード編から脱線していってしまい、サイドストーリーとしてではなく、むしろMTBが本編になるような気がしています(笑)

ということから、壱藤とのリベンジマッチについては、描かれないのではないか?という可能性が高いと思いますね。

この後、番外編などが描かれる時に、この2人の決着が着くのかもしれません。

 

弱虫ペダル最新602話の考察lツイッターの感想・考察

スポンサーリンク

弱虫ペダルネタバレ最新602話の速報


ネタバレ確定後に追記します!!

 

スポンサーリンク

まとめ


ここまで、2020年8月6日発売の週刊少年チャンピオン掲載漫画『弱虫ペダル』最新602話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

次の展開が非常に注目されていますが、これだけMTB編が長く描かれたので、それぞれのキャラクターへの思い入れもあるでしょう。

ですので、MTB編が終わってほしくないという読者もいるかもしれませんよね!

リベンジマッチが実現するのか?次なる坂道の挑戦から目が離せません。

関連サイト:週刊少年チャンピオン公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.