名探偵コナン

名探偵コナンネタバレ最新1058話確定【将棋の駒がキーアイテムに?】

コナン 1058
スポンサーリンク
Pocket

2020年8月5日発売の週刊少年サンデー掲載漫画『名探偵コナン』最新1058話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきますよ。

あっけなく事件は解決しましたが、小五郎の紙問題は解決するのでしょうか(笑)

それよりも、ポアロで安室が見つめていた若狭の写真・・・

顔見知りなのか、それとも何か引っ掛かっているのか?RUMなのか注目ですね。

それでは、2020年8月5日発売の週刊少年サンデー掲載漫画『名探偵コナン』最新1058話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<名探偵コナン最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

名探偵コナン最新1058話の考察


事件が全て解決したわけではありませんが、とりあえず謎は解けた模様です。

皆さんが予想していた通り、犯人は緋美ということでした。

しかし、殺人の動機があったのは2人いたというこの事件。

実行犯は1人ですが、実質2人が犯人だったと言っても過言では無さそう。

緋美が親友のために殺人まで犯してしまった気持ちを考えると、しっかり宝華の遺体については捜索して見つけてほしいですよね。

これまでストーリーにしてはかなり単調でしたが、本当は取材で軽井沢を訪れる予定だったのかもしれません・・・

コロナの影響で取材ができなかったので、作品の内容もトリックもこういう形になった可能性が高いかもしれません。

 

名探偵コナン最新1058話の考察l小五郎のその後

沖野ヨーコの依頼を解いて、無事に事件は一件落着。

なんと事件現場に一度も行くことなく、毛利探偵事務所の中だけでトリックを見破って完結するという、ステイホームな回でした。

トリックに関しても、謎はほぼ暗号のみで少し考えれば誰でも気が付くようなもの。

最近の事件の中ではかなり簡単な推理だったのではないでしょうか。

気になるのは、事件の登場人物たちのその後もですが、何よりトイレの中でトイレットペーパーが無くて出られない小五郎のその後です。

結局どうなったのか・・・

途中で小五郎が出てきて推理するかと思いきや、脇田の登場もあって、結局紙ももらえずトイレから出てこられず終了しています(笑)

あれだけバレたくなかった沖野にもバレるだけでなく、トイレから出てきたころにはすでに沖野が帰ったようで散々でしたね。

 

名探偵コナン最新1058話の考察l将棋の駒

事件の解決に協力した脇田兼則については、気になる点もあり進捗についてもありました。

そのキーアイテムになるのは「将棋の駒」

これが果たして何を意味するのか非常に気になります。

将棋の駒といえば、前のシリーズの時にも出てきたアイテムでした。

若狭が安室を襲ってまで奪ったという謎の将棋の駒が、なにか重要なカギを握っているのは間違いなさそうです。

また、ラストシーンでも安室が意味深な感じで若狭の写真を見ていたことから、この将棋の駒が次回以降も引き続きキーアイテムになるでしょう。

脇田に関しては、自称名探偵の弟子というようですが、それ以外に何か関わりのある人物なのか・・・

コナンに接近してきたような印象も受けるので、黒の組織の人物という可能性もあるので要注意です。

 

名探偵コナン最新1058話の考察l若狭が怪しい?

将棋の駒というのが、羽田浩司殺人事件のキーアイテムだということは上記でも紹介した通りです。

そのアイテムは現在、若狭留美がもっていると思われます。

脇田がなぜ気になっているのか?少し引っかかる部分もあります。

安室が若狭留美の顔写真を何度も見ていましたが、脇田も安室や若狭と繋がりがあるのでしょうか?

今のところ安室の中でも、若狭留美の正体については誰かはわかっていません。

しかしながら、何かを感じ取っていることは間違いなさそうです。

 

名探偵コナン最新1058話の考察lツイッターの感想・考察

スポンサーリンク

名探偵コナンネタバレ最新1058話の速報

警視庁から出てきた工藤優作。

今回の怪盗キッドの犯行は全て狂言だということに、気が付いたようです。

経営が傾いた博物館のオーナーの自作自演。

すでに売却して宝石をキッドに盗まれたと偽り、保険金を得ようとした詐欺容疑。

 

優作が頼まれた事件

警視庁に来た優作は、目暮警部に別件を頼まれました。

それは、1か月の間に起きた連続密室殺人事件についてでした。

連続殺人の被害者はそれぞれ年齢や職業共は共通点がなく、殺害方法も違いまいた。

というこから、これらが同一犯の犯行かどうかも微妙な感じ・・・

しかし、優作は事件の概要を聞いて、現場写真を見ただけで密室トリックを解き明かしたようです。

それを聞いた記者たちも驚きの反応。

ただ犯人までは絞り込めていないので、週末に放送予定の緊急生放送のTV特番までには突き止めると言います。

また、キッドの冤罪を晴らしたことで記者が優作に対して何か一言と求めると、ぜひ自分の小説を購入してほしいと言いました。

謎の人物はそんな優作を不敵な笑みを浮かべながら見つめます。

 

変装作戦

イタリアンの店で優作と有希子が食事をしたところ、優作がお腹を壊してしまい薬局にいました。

TVのスタッフが来るので病院は行けないようです。

有希子が体調の優れない優作に変装し、声については変声機でコナンが喋るようです。

とはいえ、TVスタッフが来る時間は夕方の6時となっており、残り4時間ほどしかありません。

そんなコナンは有希子と共に工藤家にやってきましたが、優作はガッツリ寝込んだまま。

赤井は仕事でいません。

 

事件の詳細

最初の殺人が起きたのは20日前。

殺されたのは遺体の第1発見者である新人アナウンサーの夢川の親友でもある、アパレルメーカーに勤める盛田敦美。

夢川に届いた盛田からの「助けて」というメール。

マンションに駆け付けるものの、チャイムを鳴らしても応答はなく、管理人に合鍵で開けてもらいます。

犯人は合い鍵を持っているという可能性も考えられますが、現場になっていたのは密室のバスルーム。

盛田の死因は突き飛ばされたことによる、後頭部を洗面台に強打が原因。

内側からしか施錠出来ないバスルームの鍵・・・

バスルーム内はかなり荒らされていたようで、争った形跡もあります。

 

優作のドッペルゲンガー?

10日後には、フリーターの桐生泰二31歳が自宅のアパートで殺害されました。

ほとんど親の仕送りで生活していた引きこもりで、アパートの部屋の内側にある玄関口で死んでいたようです。

部屋内はゴミが散乱している状態ですが、そのゴミ袋が開けられて物色したような形跡もありました。

死因としては、スタンガンでによって気絶させられた後に絞殺された模様。

その翌日にも事件が起こります

被害者はパン屋を経営している菅沢惟次。

殺害方法は刺殺で、背中から刺した後、向き直ってお腹を刺したことが死因になるようです。

菅沢は結婚していますが、奥さんとは別居中で九州の実家に帰っていたそうです。

2番目に殺された桐生自身は、親以外に合い鍵を渡すような人ではなかったそう。

ということは、これまで3件の事件はほぼ密室で行われましあ。

 

思わぬ誤算・・・

コナンはすでにトリックの謎を解いている様子。

有希子は安心したところで、工藤優作に変装してくると言います。

ただ、いつまでたっても有希子は部屋から出てこないまま・・・

有希子をコナンが部屋に入ると、有希子は部屋の中でぐったりしたまま。

TVの撮影どころではないので。とにかく一刻も早く病院に連れていった方が良いですよね。

そんなタイミングで、家のインターホンが鳴りました。

TVスタッフが来てしまったみたいで、話して帰ってもらおうと考えています。

そんな人の中になぜか工藤優作の姿がありました・・・

<<名探偵コナン1059話に続く

 

スポンサーリンク

まとめ


ここまで、2020年8月5日発売の週刊少年サンデー掲載漫画『名探偵コナン』最新1058話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

事件については、トリックが簡単で事件の真相についても歯切れが悪かったように思えました。

しかし、黒の組織関係については、少しずつ動いているような印象を受けました。

ですので、次回以降の事件においては「将棋の駒」にも注目しながら見ていこうと思います!

関連サイト:週刊少年サンデー公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク