新テニスの王子様

新テニスの王子様325・326・327話ネタバレ【赤也は闘志を燃やすも倒れる!種ケ島VSビスマルク始まる!】

新テニスの王子様325・326・327話ネタバレ【赤也は闘志を燃やすも倒れる!種ケ島VSビスマルク始まる!】
スポンサーリンク
Pocket

2021年3月4日発売のジャンプSQ.掲載漫画新テニスの王子様325・326・327話ネタバレ【赤也は闘志を燃やすも倒れる!種ケ島VSビスマルク始まる!】を紹介していきますよ。

赤也の集中爆発はかなり強力な能力ではありますが、いかんせん使用できる時間があまりにも短いので、相手も対抗策が見つけやすいという弱点があるようです。

また、ジークの過去が明かされましたが、手塚とかなり試合していたようなので、プレースタイルが手塚のようなタイプになっているかもしれませんよね!

そうなるとかなり日本代表コンビは面倒なことになりそうです・・・

それでは、2021年3月4日発売のジャンプSQ.掲載漫画新テニスの王子様325・326・327話ネタバレ【赤也は闘志を燃やすも倒れる!種ケ島VSビスマルク始まる!】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<新テニスの王子様最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

新テニスの王子様325・326・327話ネタバレの考察

それでは、新テニスの王子様325・326・327話以降に起こりうる展開を考察していきます!

 

新テニスの王子様325・326・327話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

 

スポンサーリンク

新テニスの王子様325・326・327話ネタバレ

 

新テニスの王子様325・326・327話ネタバレ|攻めてくる赤也にジークは・・・

赤也は奇妙な笑みを浮かべ奇声をあげながらボールを打ち返しています。

それを見たジークフリートは、赤也は昔の俺にそっくりだ、自信家で嫉妬を隠すことが出来ないところがと思っています。

そしてゲーム日本4-4。

同点になり観客は盛り上がりを見せていますが、一方の赤也は明らかに疲れてきている様子。

にもかかわらずジークが攻めない理由がわからない観客たち。

赤也は「追いついた」と笑いつつも息が上がっています。

一方のジークはビスマルクに言われた赤也は挑発に乗ってくること、そして使命を思い出していました。

 

新テニスの王子様325・326・327話ネタバレ|ドイツの作戦に気が付いた日本!

赤也を挑発し、シングルスに持ち込みジークが赤也の体力を削り試合を終わらせるそれが狙いです。

種ケ島の鉄壁の守備力と赤也の攻撃オンリーの二人が合わさるとその最強な部分をお互いに発揮されてしまうことを恐れていたドイツ側。

二人のハウリングを起こすことを阻止するために試合をしているジーク。

ドイツの狙いは・・・日本も気が付きました!

赤也を挑発させ力を引き出し、疲れさせたところで攻撃に切り替え赤也を脱落させるのが狙いだということに。

 

新テニスの王子様325・326・327話ネタバレ|ファーストセットを取られた赤也

赤也は勝つために立海に入りましたが、そこには既に3人の化け物が居ました。

赤也はそこで自分なりのテニスを発見し、進歩していました。

が、そう思っていたのは自分だけなのかと悔しがる赤也。

15-40のドイツ側のマッチポイントになったとき、ついに赤也は体力の限界で倒れてしまいます。

しかし負けたくない赤也は必死に立ち上がろうとします。

その様子を見ていたジークはその執念に感心していました。

ジークはもうすぐ10秒、もう集中爆発は終わりだとわかっています。

そして赤也はジークの球を何とか打ち返したもののアウトになってしまいました。

ゲームセット!

ドイツ7-5!

ファーストセットはドイツに取られ、赤也は倒れてしまいました。

 

新テニスの王子様325・326・327話ネタバレ|処刑法其の零“介錯”

倒れこんだ赤也にジークは「もう終わりだ、おれの勝ちだな」と吐き捨てました。

が、倒れた赤也は「処刑法其の零“介錯”」とつぶやいています。

そしてアウトボールが何故かジークにあたり、そこを動けません。

実は赤也は悪魔化して攻めたフリをしていただけだったのです。

そして攻撃を13の刑法に当てはめていました。

「切原にしては上出来だな」という遠野に「遠野先輩あざーす」と倒れたまま言う赤也。

するとどこからか”早く解放しろ”という声が聞こえてきました。

そして「お前のテニスはもう終わりなのか?」と誰かが問うてきたのです。

 

新テニスの王子様325・326・327話ネタバレ|赤也は一人で戦うつもりだった

一方のドイツサイド。

ジークはフランケンに抱えられベンチまでたどり着きました。

体力はまだまだあるのにも関わらず体を動かすことが出来なくなってしまったジーク。

「すまない」というジークに「このシングルスは痛み分けだ、後はビスマルクに・・・」と話しています。

と、そこへ赤也が立ち上がってきて「次はアンタの番だ!」と言い放ちビスマルクを睨みつけています。

その様子にどうやら赤也は鼻から一人で戦う気だったのだと種ケ島は気が付いたのでした。

 

新テニスの王子様325・326・327話ネタバレ|ラケットを落とした赤也

「なぜ立っているんだ?」と驚くジークにボルクが「今は休んでおけ」と言います。

いよいよドイツのサービスで開始したセカンドセット。

明らかにおかしい雰囲気で立っている赤也。

赤也はラケットを持って立っていましたが、ラケットを落とし倒れてしまいました。

飛んできたボールを背後から突然現れた種ケ島が”己滅無”で打ち返しました!

その種ケ島のプレーに日本はホッとしたのでした。

そして倒れた赤也はベンチへと運ばれていきます。

ビスマルクと種ケ島はネット越しでラケットをカツッと併せました。

赤也が倒れたことがきっかけでNO2同士の戦いの火蓋が切って落とされたのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

ここまで、2021年3月4日発売のジャンプSQ.掲載漫画新テニスの王子様325・326・327話ネタバレ【赤也は闘志を燃やすも倒れる!種ケ島VSビスマルク始まる!】をご紹介しましたがいかがでしたか?

赤也もどうやら体力の限界だったようです。

しかし、ここに来て種ケ島とビスマルクのNO2同士の戦いに発展しました。

次回どんな戦いを見せてくれるのでしょうか?

以上、新テニスの王子様325・326・327話ネタバレ【赤也は闘志を燃やすも倒れる!種ケ島VSビスマルク始まる!】でした!

関連サイト:ジャンプスクエア公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク