キングダム

キングダム673話ネタバレ【六大将軍の復活で中華諸国が揺れる!信と羌瘣の悪い予感が当たる?】

キングダム673話ネタバレ【六大将軍の復活で中華諸国が揺れる!信と羌瘣の悪い予感が当たる?】
スポンサーリンク
Pocket

2021年3月18日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム673話ネタバレ【六大将軍の復活で中華諸国が揺れる!信と羌瘣の悪い予感が当たる?】を紹介していきますよ。

六大将軍が本格的に復活し、それぞれの戦いも激しくなってくるのではないでしょうか?

秦国以外の動向も非常に気になる所で、中華統一を防ぐべく立ち上がる新勢力の登場もあるかもしれません!

それでは、2021年3月18日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム673話ネタバレ【六大将軍の復活で中華諸国が揺れる!信と羌瘣の悪い予感が当たる?】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<キングダム最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

キングダム673話ネタバレの考察


キングダム673話以降に起こりうる展開を考察していきます!

 

キングダム673話ネタバレの考察|新たな敵将が立ちはだかる?

現在、秦国が置かれた状況については、扈輒軍と王都軍の混合軍VS王翦率いる秦軍という形になっています。

とはいえ、秦国では六大将軍が正式復活したこともあり、王翦以外の桓騎や楊端和といった将軍が自由に戦える権利を持つことになりました。

どれだけ守備に定評がある扈輒とはいえ、王翦・桓騎・楊 端和に対抗するにはかなり難しい戦いになるでしょう。

仮に上記の面々が参戦した場合、三者三様の攻め方を扈輒一人でさばいて防ぎきることは不可能に近いでしょう。

となると考えられるのが扈輒以外の新敵将の登場ではないでしょうか?

強力な新キャラの登場によって形勢逆転するような展開になると面白いですね。

 

キングダム673話ネタバレの考察|飛信隊の戦力が高まる

羌礼が飛信隊、もしくは羌瘣隊に入る事になればかなり戦力アップするでしょう!

現状の流れを考えると、飛信隊のどこかに加入するよりも、まずは羌瘣の部隊に入って学ぶという選択肢が妥当と言えるでしょうね。

そして、戦を積み重ね飛信隊の信頼を取り戻した後では、羌礼も羌瘣と同レベルの軍長の一人として君臨しているのが想像できますね!

羌瘣ほどの頭脳は無いとしても、武力に関しては同等かそれ以上のものを持っていると考えても良さそうです。

というのも、禁術である力を呼び戻しの術で信を生き返らせるのに使ってしまったことによって、全盛期の羌瘣ではないのです。

羌瘣が失った武力を補う存在として羌礼が活躍することになりそうですね。

そうなれば飛信隊の戦力もかなりアップするのは間違いないでしょう。

また、一時は殺そうとさえした昴との間が心配ではありますが、特別な感情が芽生えるか?

それとも、最初から犬猿の仲の干斗との間で喧嘩を繰り返しながら愛情に発展していくのか注目していきましょう。

 

キングダム673話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

 

スポンサーリンク

キングダム673話ネタバレ


キングダム673話最新話の内容が判明しましたので、こちらに追記していきます。

ここから先はネタバレになりますので、注意してご覧ください!!

 

キングダム673話ネタバレ|呉鳳明が什虎城に入る

前回では全ての六大将軍が判明し、政によって今後の秦国の方針などが語られていましたね。

673話では、他国の状況が詳しく描かれています。

まずは魏から。

秦国との同盟軍によって魏は楚国を破り、見事什虎城を落としました。

そして空いた什虎城には呉鳳明が入城し、今後の他国との戦いに向けて準備を始めていました。

これからの国々に何が起きるか、呉鳳明は既に理解している様子。

 

キングダム673話ネタバレ|韓の戦力は?

続いては韓の様子。

韓は領土自体がとても小さく、秦に対抗できる戦力もありませんでした。

しかし韓は地理的に重要な場所で、韓が滅ぼされると他国へ攻め入ることが容易になってしまうのです。

そのため、他国も韓の動向については注視している模様。

斉国の王建も呉鳳明と同じように、中華全体が今後どのように変化していくか既に理解できているようです。

なお史実によると、韓は秦国の謄によって滅ぼされています。

 

キングダム673話ネタバレ最新話の確定速報|動揺が広がる燕

続いては燕です。

秦が六大将軍を復活させたことで、燕では大きな動揺が駆け巡っています。

王喜はオルドと太子丹をすぐに呼び出しました。

太子丹とはのちに政の暗殺を企図する人物。

燕がこれからどのように戦っていくのか見ものです。

 

キングダム673話ネタバレ|六大将軍について分析する楚国の媧燐とバミュウ

楚国の様子はどうでしょうか。

媧燐とバミュウは秦国の六大将軍について話をしています。

媧燐は六大将軍が復活したことで、戦争がより早いスピードで進んでいくことを警戒。

しかし六大将軍といってもメンバーは今までの秦国の大将と変わらない、と話すバミュウ。

六大将軍はより機敏に動くことができる一方で、コントロールが効かなくなり破綻していくのではと二人は予想。

そして一番最初に滅ぶのは趙だと考えているようです。

 

キングダム673話ネタバレ|大混乱に陥る趙国

そして趙国では、六大将軍の復活により激しい混乱状態となっていました。

まずは軍備を厚くしようと言う声には「既に行っている!!」との返答。

肝心の趙国の王は人間を足蹴にするだけで、このことについて特に何も考えていない様子。

趙国の今後は将軍たちの手に委ねられているようです。

 

キングダム673話ネタバレ|信と羌瘣の悪い予感が当たる

六大将軍の任命式から趙国との戦に帰還した王翦、楊端和、桓騎の三人。

彼らが戻ってきてから場の雰囲気が大きく変化したと羌瘣は言います。

それはいい変化ではなく、悪い変化でした。

信と羌瘣はこれから悪いことが起きるのではないかと感じ取っていたのです。

実際に、三人が戻ってきてから趙国との戦いが進みどんどんと前線を押し上げていきます。

そしていよいよ恐れていたことが起ころうとしていました。

 

スポンサーリンク

まとめ


ここまで、2021年3月18日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム673話ネタバレ【六大将軍の復活で中華諸国が揺れる!信と羌瘣の悪い予感が当たる?】をご紹介しましたがいかがでしたか?

六大将軍が復活して、中華諸国もいよいよ動き出しましたね。

混乱が広がっている燕と趙が気になりますがどのように秦に対抗していくのでしょうか?

以上、キングダム673話ネタバレ【六大将軍の復活で中華諸国が揺れる!信と羌瘣の悪い予感が当たる?】でした!

スポンサーリンク