キングダム

キングダム675話ネタバレ【桓騎の軍師摩論が登場!王賁へ桓騎の作戦を伝える!】

キングダム675話ネタバレ【桓騎の軍師摩論が登場!王賁へ桓騎の作戦を伝える!】
スポンサーリンク
Pocket

2021年4月1日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム675話ネタバレ【桓騎の軍師摩論が登場!王賁へ桓騎の作戦を伝える!】を紹介していきますよ。

いよいよ桓騎軍の動きが活発化してきており、その戦いぶりにも注目が集まっていますが、影丘という最悪な条件でどのような戦いを展開するのでしょうか?

玉鳳隊がかなり大変な場面を任されるみたいですが、なんとか無事に帰還することを祈っています。

それでは、2021年4月1日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム675話ネタバレ【桓騎の軍師摩論が登場!王賁へ桓騎の作戦を伝える!】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

スポンサーリンク

キングダム675話ネタバレの考察


キングダム675話以降に起こりうる展開を考察していきます!

 

キングダム675話ネタバレの考察|扈輒を引きずり出す?

守りに長けている扈輒との戦においては、桓騎がどのように戦うのか注目です。

ポイントとしては、扈輒将軍とその本隊をどうやって戦場に引きずり出すかということが重要になりそうですね。

趙軍として最優先に重要視すべきは、秦軍の侵略を止めるということ。

それは言い換えると、自軍の拠点を落とさせないということを意味します。

これまで、鄴と平陽の位置関係については詳しく明かされていないですが、どちらも重要な拠点であることは間違いないでしょう。

扈輒将軍としては、自軍の両方の軍事拠点を守ることを目標にしているはずです。

となれば、河了貂が言っていた地理的有利な趙軍が満を持して迎え撃つ展開も予想できますよね。

そうなってしまえば、扈輒将軍と本陣を引き出すのは不可能なので、王翦と桓騎がやるべきことは、ただ秦軍の物量と勢いを頼み攻め続けるしかないのです。

どれだけ被害を被ろうとも、趙軍の迎撃に対処しながら愚直に進むのです。

 

キングダム675話ネタバレの考察|趙攻めの作戦会議は開催される?

趙攻略が始まったわけですが、羌瘣たちの件が落ち着いたら、戦いに関わるイベントが生じる可能性は高いと考えています。

まず考えられるのは、趙攻めを率いる王翦・桓騎・楊 端和と軍師参謀の昌平君のトップ会談ではないでしょうか?

戦い方の行方を占うような大きな軍事会議になるのは間違いなし!

特に守備の硬い趙を破る一手が、どのような手法に決まるのか注目です。

現在の戦況としては、趙との戦いが拮抗しているところで止まっており膠着状態。

趙攻略の戦いが再び動き出すとしたら、可能性が高いのは桓騎将軍が平陽に戦いに出るという展開ではないでしょうか?

この予想については、これまでも紹介してきました。

注目して見ていきたいのは、その桓騎将軍の遠征隊に因縁のある飛信隊も一緒に任命されるのでは?という可能性ですね!

桓騎将軍と飛信隊といえば、黒羊の戦いで生じた因縁があります。

その因縁を晴らすため、将軍として桓騎と同じ立場になった信はどのような行動を見せるのか?将軍としての器量が問われるような気がしますよね。

趙攻略という戦いにおいては、桓騎将軍と主人公である信がどのような関係性になるのかということが、物語の展開に大きく影響するかもしれませんね!

 

キングダム675話ネタバレの考察|桓騎将軍は平陽の戦いへ?

これまでキングダムの展開においては、王翦将軍が総大将を務めた鄴攻略の戦いにおいては見事勝利を納めたものの、その後の趙攻略の戦いではかなり苦戦しています。

互いに実力が拮抗している状況で、全く進展がありません。

そこで注目されるのが史実でも登場する、平陽の戦いです。

史実に基づいた展開になるのだとすれば、桓騎将軍が大活躍する平陽の戦いが描かれるのではないでしょうか?

趙攻略においても総大将は王騎将軍が務めており、総大将が桓騎将軍に平陽を攻めるよう命じる可能性が非常に高いでしょう。

桓騎将軍はこの拮抗した状況を打破できる実力と勢いがありますから、どのように平陽を攻めていくのか、奇抜な作戦を期待しています。

 

キングダム675話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

スポンサーリンク

キングダム675話ネタバレ


キングダム675話最新話の内容が判明しましたので、こちらに追記していきます。

ここから先はネタバレになりますので、注意してご覧ください!!

 

キングダム675話ネタバレ|大軍師・摩論登場

可愛らしい女性と結婚し、子供が産まれたと明かされた王賁。

彼は幸せに浸ることなく、激戦地の影丘で戦いを繰り広げていました。

影丘は趙国にとって守りの要所であり、現在も趙国有利の状態が続いています。

秦国はそんな影丘の堅い守りを崩すことができず、秦国側の被害も拡大。

しかしそこに、桓騎から影丘に出陣するよう言われたというある男が登場します。

彼の名は摩論といい、桓騎のもとで大軍師として活躍していると語りました。

 

キングダム675話ネタバレ|摩論が王賁に伝えた内容は?

桓騎の大軍師である摩論は、桓騎からの作戦を王賁に伝えました。

その内容は影丘を王賁が突破せよというもの。

その場にいた玉鳳隊の関常は「危険すぎる」と、その作戦に反対。

王賁も桓騎の援軍を寄越せと納得いかない様子です。

しかし桓騎の策としては、王賁軍と玉鳳隊で影丘を撃破せよという命令なのです。

影丘を突破したら、その後は玉鳳隊と桓騎軍の本隊で挟み撃ちにするという案を桓騎は考えているようです。

 

キングダム675話ネタバレ|王賁が作戦を聞き入れる

それでも王賁は納得せず、桓騎軍の本隊から援軍を出すように要請。

この戦力の偏りは差別だと王賁は憤ります。

しかし摩論がこれに反論。

差別をしているのは玉鳳隊ではないか。

これが王翦からの命令なら無理な内容だとしても聞き入れただろう。

そう言われた王賁は何も言い返すことができず、摩論の伝令を聞き入れるしかありませんでした。

 

キングダム675話ネタバレ|桓騎軍が前進!!

桓騎のもとに帰還した摩論は影丘の状況を伝えます。

影丘を突破することはできないかもしれない、前線が上がりすぎているので後退した方がいいのでは?

そのように進言された桓騎は「かもしれない」と返しますが、それでも退くことはしないようです。

扈輒軍は平陽と武城の中間に15万の兵力で布陣しています。

それは楊端和と桓騎の軍、どちらも迎え撃てるような位置となっているのでした。

そしていよいよ扈輒が動き出し、狙いは桓騎軍だと判明。

これは退かざるを得ないかと摩論を含め誰もが思う状況でも、桓騎は一言「前進」と言います。

桓騎はただ趙国軍の方を真っ直ぐに睨みつけているのでした。

 

スポンサーリンク

まとめ


ここまで、2021年4月1日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム675話ネタバレ【桓騎の軍師摩論が登場!王賁へ桓騎の作戦を伝える!】をご紹介しましたがいかがでしたか?

影丘で激しい戦いをしている王賁ですが、桓騎からの指示をどのようにこなしていくのか注目ですね。

またひたすら前を見続ける桓騎も15万の大軍とどう戦っていくのか、目が離せません!!

以上、キングダム675話ネタバレ【桓騎の軍師摩論が登場!王賁へ桓騎の作戦を伝える!】でした。

スポンサーリンク