キングダム

キングダム676話ネタバレ【桓騎の狙いは?王翦と扈輒は互いに動きを見せず戦いは膠着状態に!】

キングダム676話ネタバレ【桓騎の狙いは?王翦と扈輒は互いに動きを見せず戦いは膠着状態に!】
スポンサーリンク
Pocket

2021年4月15日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム676話ネタバレ【桓騎の狙いは?王翦と扈輒は互いに動きを見せず戦いは膠着状態に!】を紹介していきますよ。

玉鳳隊をかなり冷たくあしらっている桓騎将軍ですが、軍師ですら撤退を進言する状況で、どのような狙いがあるのか・・・

この戦いで玉鳳隊を失うのはあまりに代償が大きいと思うので、何とか生き延びてほいいと思います。

それでは、2021年4月15日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム676話ネタバレ【桓騎の狙いは?王翦と扈輒は互いに動きを見せず戦いは膠着状態に!】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<キングダム最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

キングダム676話ネタバレの考察


キングダム676話以降に起こりうる展開を考察していきます!

 

キングダム676話ネタバレの考察|六大将軍の仲間割れ?

六大将軍は戦争の自由を手に入れたことによって、お互いの戦い方が合わないのではないでしょうか?

王翦・桓騎・楊端和はそれぞれ戦争を進める明確なビジョンがすでにあるはずです!

最初の方はお互いが気を遣うかもしれませんが、そのうち険悪な雰囲気になるかもしれません・・・

そもそも、桓騎については調子に乗って残虐な行為をする可能性もありますし、王翦については意思疎通が難しそうですからね(笑)

そんな状況で、楊端和が桓騎と王翦に意見を言って、仲間割れという展開も考えられます。

三者の実力は高く、戦争の自由を手にしていたとしても、同じ国を攻めているので連携が崩れると、思わぬところで足元をすくわれる原因になりそう。

 

キングダム676話ネタバレの考察|昌平君が膠着状態を打破する一手を打つ

これまで昌平君は、秦魏同盟によって楚、什虎を攻めるという作戦を立案して、実行してきました。

その秦魏同盟軍の戦いも無事に勝利で終わりましたが、今後のビジョンとして昌平君は何を考えているのか気になる所ですよね。

思い出してみると、元々秦魏同盟という作戦は趙を攻めるための提案でした。

ということを鑑みると、昌平君としては秦魏同盟に代わる趙攻略の一手をすでに考えていると思われます。

可能性としては、これまで魏を相手に戦っていた軍勢が、趙攻略の戦いにおいては援軍として参戦するような展開も考えられます。

または騰将軍や録鳴未将軍といった、癖強めな武将が趙攻略の戦いに参戦する可能性も捨てきれません。

呉鳳明が登場するような展開だと、かなり面白い感じになってきますよね!

 

キングダム676話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

 

スポンサーリンク

キングダム676話ネタバレ


キングダム676話の内容が判明しましたので、こちらに追記していきます。

ここから先はネタバレになりますので、注意してご覧ください

 

キングダム676話ネタバレ|混乱する趙国の邯鄲

趙国の王都である邯鄲では、秦国が侵攻してきたことで住民たちは混乱状態。

何より彼らが一番動揺しているのは、英雄三大天のうちの一人である李牧が追放され、いなくなってしまったことです。

このままではやがて住む場所も、食料も失ってしまうだろうと考えた邯鄲の住民たちは次々と自分たちの住処を投げ捨て、北へと逃げていきます。

 

キングダム676話ネタバレ|扈輒の作戦は?

シーンは秦軍の王翦。

趙国の扈輒も、そして自国の王翦も桓騎の行動を把握しきれておらず、現状は様子を見ることしかできていません。

ただ、扈輒が動きを見せたことで趙の本陣は弱くなっている状態ですので、この弱みをついて秦が武城と平陽を一気に攻め登ることもできます。

しかしそこに扈輒の15万の兵が戻ってきたら?という不安から、王翦たちはなかなか攻勢に出ることができないでいました。

こうして不安を煽ることが扈輒の策なのか?と疑い始めるものまで出てきてしまいます。

秦国の兵たちにとっては、扈輒という人物があまりに謎で考えを推し量ることができないのでした。

 

キングダム676話ネタバレ|静観を決める王翦

王翦の部下は、桓騎の作戦を推察します。

最初に王翦が動き、扈輒の部隊と趙国本陣を挟み撃ちにしているところを桓騎が攻め込んでくるのでは?と考えました。

もしそうなら扈輒もあまり動かず王翦の動きを見てすぐに平陽に戻れる位置に潜んでいるはずだ、と議論をかわします。

桓騎は自分の手柄だけ考えて楽な役割ばかりするのではと疑い始める部下たちを傍目に、王翦は桓騎のことについては手を出さず、完全に見守ることにしたようです。

 

キングダム676話ネタバレ|本来の扈輒

一方趙国の平陽では公孫龍が扈輒のことについて言葉を交わしています。

秦国の桓騎については油断するなと釘を刺しつつも、秦が扈輒のことを軽んじているのだと怒りを見せました。

扈輒は今でこそ趙を守るために駆り出されていますが、元々は軍の前線で最も力を発揮できる人物。

過去の燕国との戦いでは前線で猛威を振るったほどの勇敢な将であり、李牧の代わりに趙軍をまとめているほどの器量の持ち主なのです。

 

キングダム676話ネタバレ|桓騎の異変に気づく雷土

周囲を惑わせている桓騎軍の内部では、軍師の摩論が焦りを見せ始めています。

「このままでは8万の桓騎軍が壊滅してしまう」「退くしかない」と、すぐそこまできている扈輒を前に退くことばかり考える摩論。

そんな摩論に対して、雷土が苛立ちを隠せずにいます。

さっさと作戦を考えろ、戦って勝つだけだ。

今まで何度も勝ってきたじゃねぇか。

そう発破をかける雷土に対して、「その時は奇襲を使える程度だった」と摩論はまだ及び腰。

摩論のこの態度に、「それでも桓騎軍か!!」雷土が声を荒げます。

しかし当の雷土も、桓騎の様子がおかしいことに気がついている様子。

桓騎は渇きに飢えているようだ、何のために戦っているのか、と桓騎の異変を疑問に思う雷土でした。

 

スポンサーリンク

まとめ


ここまで、2021年4月15日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム676話ネタバレ【桓騎の狙いは?王翦と扈輒は互いに動きを見せず戦いは膠着状態に!】をご紹介しましたがいかがでしたか?

史実に基づいた展開であれば、桓騎将軍が勝利することになります!

とはいえ、玉鳳隊が厳しい状態にあるのは間違いないので、大きな犠牲を出しつつ勝利するのか?それとも作戦があるのか気になる所ですね。

以上、キングダム676話ネタバレ【桓騎の狙いは?王翦と扈輒は互いに動きを見せず戦いは膠着状態に!】でした!

関連サイト:週刊ヤングジャンプ公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク