キングダム

キングダム677話ネタバレ【趙国の扈輒に苦戦する桓騎軍!飛信隊がいよいよ動く!】

キングダム677話ネタバレ【趙国の扈輒に苦戦する桓騎軍!飛信隊がいよいよ動く!】
スポンサーリンク
Pocket

2021年4月22日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム677話ネタバレ【趙国の扈輒に苦戦する桓騎軍!飛信隊がいよいよ動く!】を紹介していきますよ。

いよいよ桓騎将軍の戦い方が披露されそうですが、この状況から勝利へどのように導くのか気になる所。

また、桓騎将軍について深く掘り下げられそうなので、回想なんかも途中に入るかもしれませんよね!

それでは、2021年4月22日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム677話ネタバレ【趙国の扈輒に苦戦する桓騎軍!飛信隊がいよいよ動く!】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<キングダム最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

キングダム677話ネタバレの考察


キングダム677話以降に起こりうる展開を考察していきます!

 

キングダム677話ネタバレの考察|飛信隊が桓騎軍に組み込まれる

桓騎軍遠征隊として、壁と飛信隊が抜擢される可能性は高いと思います。

王賁と玉鳳隊が桓騎軍に呼ばれており、飛信隊が呼ばれないのはおかしいですからね!

遅れて飛信隊も呼ばれることになるでしょうが、桓騎がどのような指示を与えるのか注目したいと思います。

あれだけ信は行きたくないと駄々をこねていましたが、結局桓騎軍と戦うというオチになりそう。

過去には羌瘣に首に剣を突き付けられた経験の桓騎が、飛信隊を呼ぶのはかなりぶっ飛んでいると思いますがね・・・

それほど深い溝がある両者が円滑な戦いを展開できるのか?

また、ここでは飛信隊だけではなく壁将軍も桓騎軍の戦いの場に召集されるのではないかと考察しています。

最近の壁将軍はあまり登場していなかったので、満を持しての登場です!

 

キングダム677話ネタバレの考察|扈輒将軍の実力はどれくらい?

秦軍の王翦将軍をもってしても、趙軍の扈輒将軍とは拮抗状態・・・

王翦将軍がこれほどまでに戦いが拮抗している様子はあまり見たことないですね!

とはいえ、現在見せている戦略に関しては李牧の策を郭開が盗んで、そのまま流用した策になります。

なので、この状況になってるのは扈輒将軍でも郭開の実力でもないのです。

善戦している様子がこの後どうなっていくのか・・・

これから先の戦いは、王翦将軍の実力により李牧の描いた守備もついに破られるのでは?と考察しています。

流石にずっと同じ状況で手こずるような王翦将軍ではないですからね。

そうすると、これから扈輒将軍の本来の実力が発揮される展開になるでしょうから、戦いぶりも明らかになりそうですね!

これまでの評価としては、守備の達人としての扈輒将軍の実力は評価されていますが、実際に戦うとどれほどのものなのでしょうか?

 

キングダム677話ネタバレの考察|李牧の動きは今後どうなる?

た李牧の動向の最新としては、司馬尚の所を訪れてみようというところが最後でストップしていますよね。

什虎の戦いが終わって、次の戦いへ進んでいるので、止まっていた李牧の動向が明らかになるかもしれませんね。

間違いなく、李牧は動き出していることでしょう。

気になるのは、李牧が司馬尚の下を訪れたのはどんな理由があったからなのか?

力を蓄えるための作戦だと考えるのが妥当で、その詳細も明かされるでしょうね。

また、司馬尚という人物についてもあまり明かされていないので、一体どんな武将なのかも描いてくれるのではないでしょうか?

今後の大活躍に備えて、李牧がさらに強力になって帰ってくる伏線であり、重要な局面が描かれる時に回想されると考察しています。

 

キングダム677話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

 

スポンサーリンク

キングダム677話ネタバレ


キングダム677話の内容が判明しましたのでこちらに追記していきます。

ここから先はネタバレになりますので、注意してご覧ください。

 

キングダム677話ネタバレ|苦戦する桓騎軍

677話は玉鳳隊が影丘を攻めるところからスタートします。

趙国軍の要所である影丘を攻め落とすのは難しいとされていますが、桓騎から命令を受けた玉鳳隊は断りきれずに影丘を攻撃しています。

その様子ですが、戦況は大変苦しいもので王賁も命を狙われ紛糾状態。

扈輒の部隊と桓騎の部隊が戦闘を開始して1週間以上になりますが、流れは趙国の扈輒に傾いており、影丘の玉鳳隊はもちろん、桓騎本隊も劣勢状態となっています。

摩論がかつて危惧していた展開になってしまいました。

そして現状を伝える報告が趙国の郭開の元へ。

扈輒が有利な状況という話を聞きホッとする郭開。

さらに報告は李牧の元へも届きましたが、彼は何やら思うところがある様子。

桓騎がこのような無駄な戦いをするのだろうか・・・と不審に思っているようです。

そして秦軍の飛信隊にも苦しい状況だと伝わりますが、待機の命令を受けている飛信隊は動くことができません。

 

キングダム677話ネタバレ|飛信隊が出陣

未だに戦況が良くならないことを打破するためにも、蒙恬が「飛信隊を動かしては」と王翦に提案。

倉央はそれを見て「蒙恬が進言か、と田里弥が言っている」と茶化します。

ここで桓騎からの伝言が王翦の元に届きました。

それは、飛信隊を中間地点で待機させろという指示でした。

そして飛信隊の元にもその指示が届きます。

信は戦いの状況がどのようなものか把握できていなかったため、伝令役に尋ねたところ「よくない」ということだけ告げられました。

飛信隊は中間地点へ向け、ようやく動きを見せます。

 

キングダム677話ネタバレ|飛信隊の可能性は?

飛信隊が出陣したことが王翦にも知らされます。

飛信隊はたったの一万五千。

そんな兵で状況を好転させることはできるのか、と田里弥は訝しげな様子。

しかし蒙恬は飛信隊の状況を覆すきっかけを作ることができる、と信のことを信じます。

ここで王翦が蒙恬に質問を投げかけました。

桓騎は何を考えているか、と。

蒙恬は「桓騎は無駄な行動はせず、扈輒の首をとる考えだと見ます」と答えました。

その答えに驚きの表情を見せる田里弥を傍目に、王翦は真っ直ぐに蒙恬を見据えています。

 

キングダム677話ネタバレ|王賁はどうなる?

蒙恬は伝令の者に玉鳳隊の状況を尋ね多ところ、大変苦しい戦いをしていると告げられます。

その答えを聞いて、蒙恬は王翦の方に目をやりました。

田里弥と倉央は、王賁を退かせたり援軍を出したりすればかえって子供扱いされるぞ、とたしなめます。

蒙恬もそれは理解していますが、王賁は生まれたばかりの子供にまだ会えていないことが気になっているようです。

そんなのはよくあることだと田里弥は言いますが、蒙恬は納得できません。

そして王翦は仮面の下で何を考えているのかも謎のまま。

結局蒙恬は自分の隊に戻り、「死ぬな王賁、そして可能なら王賁を救え信!!!」と願いを込めました。

 

スポンサーリンク

まとめ


ここまで、2021年4月22日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム677話ネタバレ【趙国の扈輒に苦戦する桓騎軍!飛信隊がいよいよ動く!】をご紹介しましたがいかがでしたか?

桓騎軍は苦戦状態ですが、桓騎の作戦が未だにわからないところがワクワクしますよね!

今後どのようにして趙国を追い詰めていくのか見所になりそうです!

飛信隊も動き出して、いよいよ桓騎本軍も作戦を決行するのでしょうか!?

以上、キングダム677話ネタバレ【趙国の扈輒に苦戦する桓騎軍!飛信隊がいよいよ動く!】でした!

スポンサーリンク