キングダム

キングダム678話ネタバレ【影丘に到着した李信は王賁の元へまっすぐに向かう!】

キングダム678話ネタバレ【影丘に到着した李信は王賁の元へまっすぐに向かう!】
スポンサーリンク
Pocket

2021年5月6日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム678話ネタバレ【影丘に到着した李信は王賁の元へまっすぐに向かう!】を紹介していきますよ。

王賁が討たれるような煽りがありましたが、本当に死んでしまうとは思いませんね・・・

そう簡単に死ぬキャラクターではないと個人的には思っています。

では、影丘での戦いをどのように進めているのか?李信を驚かせたその戦況にも注目ですね!

それでは、2021年5月6日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム678話ネタバレ【影丘に到着した李信は王賁の元へまっすぐに向かう!】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

スポンサーリンク

キングダム678話ネタバレの考察


キングダム678話以降に起こりうる展開を考察していきます!

 

キングダム678話ネタバレの考察|王賁は本当に討たれる?

朱海平原においては、王賁はかなり大敗していました・・・

その戦いに続いて、またもや王賁が瀕死という状況になるのはあまり想像できませんね。

史実を調べてみると、先般の戦いにおいて王賁の討ち死にするという情報はありませんでしたが、実際には朱海平原で戦闘不能というまさかの状態に・・・

そして、王賁が討たれてしまう予告がはっきり書かれていましたが、本当に死んでしまうのでしょうか?

これまでの王賁率いる玉鳳隊が、飛信隊が先導する形をとっていきますが今回もそのパターンなのか。

 

キングダム678話ネタバレの考察|玉鳳隊が桓騎の期待に応える

桓騎軍本陣は前に出る余力を持っています。

しかしながら、玉鳳隊が入った場所というのは趙軍が圧倒的有利な場所であり、負け戦になるのは明白。

少し登った丘上の場所に陣取る趙兵によって、桓騎軍左翼が壊滅してますしね・・・

飛信隊と同レベルともいえる玉鳳隊が、強い軍だとしても突破して桓騎将軍の期待に応えるのは容易ではありません。

桓騎軍の軍師である摩論も言う通り、突破した後に中央と右翼を攻める趙に対しての挟撃という作戦は無理があります。

そんな状況でも桓騎は落ち着いており、まるで玉鳳隊がどう動くのか予想できているみたいです。

もしかすると、玉鳳隊の動きというのが今後作戦が進むにつれて、完全に蚊帳の外となる可能性があります。

すなわち、玉鳳隊と桓騎軍の左翼はあくまで扈輒将軍をおびき出す為の罠の一つということですね。

 

キングダム678話ネタバレの考察|影丘での決戦は幻に?

攻め込むほうが不利と言われる影丘に進軍する桓騎。

不利的な地形は間違いなく桓騎も知っているはずなので、最初から攻略する気はないのかもしれません。

影丘での戦いが勝敗を決する戦いにならないとすれば、残された可能性は「扈輒を前線に引きずり出すこと」でしょうね!

というのも、現在の趙において扈輒を越える将軍は皆無・・・

彼さえいなくなれば、一気に総崩れという展開もあり得るでしょう。

もしこのような作戦を桓騎が考えているとしたら、奥に構えた本陣を狙うより自ら前線に来てもらったほうが自軍の犠牲も最小限に抑えられます。

とはいえ、玉鳳隊はこの作戦を成功させる為に、巻き添えを食らう格好になるのは間違いなく、桓騎のねらいも頭の良い王賁ならすぐに汲み取りそう。

 

キングダム678話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

 

スポンサーリンク

キングダム678話ネタバレ


キングダム678話の内容が判明いたしましたので、こちらに追記していきます。

ここから先はネタバレになりますので、注意してご覧ください!

 

キングダム678話ネタバレ|飛信隊が王賁の元へ

前回、影丘での戦いで苦戦していた王賁。

しかし桓騎の命令により飛信隊全軍が王賁のもとへ向かいます!

影丘へ向かう道すがら、伝令から影丘での戦況について聞く信。

彼は影丘へ到着した後もすぐさま王賁の居場所を認識し、なんとか飛信隊の半分だけでも王賁の元へ送ろうと必死になっています。

 

キングダム678話ネタバレ|信に厳しい戦況が伝えられる

さて、影丘への道中で信への伝令役を務めていたのはどうやら摩論軍の兵のようです。

その者によると、桓騎軍がかなりの苦戦を強いられていることが伝えられました。

右翼の雷土の軍が二万、中央は黒桜たち四万、そして左翼は王賁たちの二万という陣で戦いが始まりましたが、どの部隊も戦況が悪く、中央が分断されてしまったという報告も。

桓騎の本隊は中央に陣を構えていて、王賁たち左翼に至っては被害が大きく具体的な状況もわからないまま。

軍として機能しなくなったか、あるいはどれくらい兵が生き残っているか、それすらもわからないほどでした。

 

キングダム678話ネタバレ|影丘を突破できるか

そして摩論から伝えられたのはただ一つ。

この非常に苦しい戦況を打破できるのは左翼のみ。

影丘を突破して趙国の本軍を突くことが、この戦いに勝利できる唯一の勝ち筋だと摩論は考えていたのでした。

元々飛信隊は8日の間じっと動かず控えていたため、やっと来た戦いのチャンスに気合たっぷり。

影丘に布陣している趙国の将が明かされ、岳白公であることが判明。

崩れた玉鳳隊の生き残りの兵士たちを次々と倒しています。

桓騎の元には信が影丘に到着したことが伝えられ、余裕の表情を浮かべています。

 

キングダム678話ネタバレ|飛信隊が影丘に到着

影丘で戦っていた玉鳳隊の王賁ですが、追い込まれながらも彼はまだ生きていました。

彼は兵が次々と散っていく中でもなんとか戦い続けています。

王賁の近くで指示を出している番陽は「咸陽に子供が待っているのだ。」となんとか王賁を奮い立たせます。

そんな中、王賁の目には飛信隊が駆けつけてくるのが見え、そして信も王賁の元へ向かおうと丘を一人で攻め上っています。

 

スポンサーリンク

まとめ


ここまで、2021年5月6日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム678話ネタバレ【影丘に到着した李信は王賁の元へまっすぐに向かう!】を紹介しましたがいかがでしたか?

飛信隊が影丘に到着しました!!

これでなんとか王賁も生き残って欲しいですよね。

桓騎はまだ余裕を見せているようですが、そろそろ作戦が明かされる時が来るのでしょうか?

以上、キングダム678話ネタバレ【影丘に到着した李信は王賁の元へまっすぐに向かう!】でした。

スポンサーリンク