キングダム

キングダム680話ネタバレ【桓騎がついに動き出す!飛信隊も趙国撃破に向け険しい地形を進軍!】

キングダム680話ネタバレ【桓騎がついに動き出す!飛信隊も趙国撃破に向け険しい地形を進軍!】
スポンサーリンク
Pocket

2021年5月27日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム680話ネタバレ【桓騎がついに動き出す!飛信隊も趙国撃破に向け険しい地形を進軍!】を紹介していきますよ。

王賁が無事に救出されてよかったですが、戦況としては不利な地形であることは変わりません。

飛信隊も王賁達と同じように一方的に倒される可能性を含んでいるのです・・・

果たして、戦況を打開する方法はあるのでしょうか?

それでは、2021年5月27日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム680話ネタバレ【桓騎がついに動き出す!飛信隊も趙国撃破に向け険しい地形を進軍!】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<キングダム最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

キングダム680話ネタバレ最新話の考察


キングダム680話以降に起こりうる展開を考察していきます!

 

キングダム680話ネタバレの考察|兵糧攻めを行う可能性も?

趙軍の兵糧を桓騎将軍が狙っている可能性もあります。

現在の戦いを見ていると、恐らく平陽か武城のどちらかには趙軍の兵糧があるでしょう。

裏の手回しが上手な桓騎将軍であれば、すでに趙軍の兵糧についての情報を持っていてもおかしくありません。

場所さえ確定すれば、兵糧を狙って桓騎将軍が軍の一部を動かして城に忍び込ませ、容易に趙軍の兵糧を焼いてしまうことが可能ですからね。

趙軍は24万という大軍であるがゆえに、兵糧が一度尽きてしまえば補給するのは容易ではなく、数が裏目に出てくることになります。

そうなると、扈輒軍としては平陽か武城の城に後退する可能性が非常に高いです。

そうすることによって、桓騎軍は扈輒軍に数で劣りますが、背を追う形で戦いを有利に進めることが可能になります。

 

キングダム680話ネタバレの考察|三大天VS六大将軍?

これまで三大天の一角だった龐煖は、鄴攻めの時に信に討たれてしまいました。

また、李牧に関しては反逆罪で中央を追われて、もはや亡命するような身となってしまいました・・・

そして、三大天は元々1つ空席だったということを考えると、現在は誰も座っていない状況になっており機能しておらず、事実上は廃止されています。

そんなタイミングで秦が、王翦や桓騎が任命されて六大将軍が復活ので、趙は対抗する為に三大天を再び組織するかもしれません。

もちろん、そのメンバーを決めるのは郭開になるでしょう。

彼の鶴の一声によって、趙の三大天も形上の復活をすると思われます。

しかしながら、李牧の名前はもちろん無いでしょう・・・

1人は扈輒自身で確定としても、新敵将が2人くらい出現する感じでしょうか?

とはいえ、人材難は間違いないので六大将軍に比べると見劣りするでしょうね。

 

キングダム680話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

スポンサーリンク

キングダム680話ネタバレ最新話の確定速報


キングダム680話の内容が判明しましたので、こちらに追記していきます。

ここから先はネタバレになりますので、注意してご覧ください。

 

キングダム680話ネタバレ|桓騎本軍では厘玉が奮闘中

飛信隊が王賁を助け出し、改めて陣形を整え直している一方で、桓騎はどうなっているのかが描かれています。

秦の中心都市・咸陽にも趙国との戦いでなかなか勝機を掴めていない桓騎たちのことは伝わっていました。

そんな桓騎たちの動きですが、桓騎軍のど真ん中で戦いを繰り広げている厘玉は趙の虎白公の軍と交戦中。

厘玉の相手をしている虎白公軍は趙国軍の真ん中に陣取っていて、桓騎軍をそのまま真っ二つに割るという役割を任命されているようです。

中央の厘玉たちの戦況は苦しい展開ですが、厘玉が戦っているということは桓騎のところへはまだ趙国の兵士たちはたどり着いていないということでもあります。

厘玉と桓騎の元にいる黒桜は、今後桓騎がどんな策で趙国に対抗していくのかに期待を寄せているようです。

 

キングダム680話ネタバレ|桓騎軍の弱点

苦しい戦いを強いられている桓騎軍の兵士の中には、戦いを放棄して逃亡する兵が現れています。

桓騎軍に所属している兵士は野盗だった者たちが多く、桓騎のリーダシップに魅了されて集まってきた者、桓騎の側にいれば得をするだろうと考えてやってきた者など様々。

その中でも己の利益だけを考えて桓騎についた者たちは、自分たちが不利になればあっという間に逃亡するのが当然のこと。

厘玉もそれは重々承知済み。

桓騎の軍の力が強い一方で、兵たちが寄せ集めであることであっという間に崩れてしまうかもしれないという危うさも持っていたのです。

 

キングダム680話ネタバレ|桓騎軍の驚きの策とは

桓騎軍の軍師である摩論は、自軍の現状を見て逃亡することを考え始めています。

他の隊から情報を伝えにやってくる伝令役たちも切羽詰まっている状況のため、手助けは期待できません。

そうして逃げ出そうと画策し始めた摩論ですが、「ちょっと話がある」ということで桓騎に呼び止められました。

この苦しい状況だからこそ生きる作戦だと考え、いよいよ桓騎が作戦を行動に移そうとしているようです。

雷土の所には桓騎からの策を伝える伝令としてオギコが向かいます。

オギコ自身も既に消耗している状態ですが、桓騎から「敵に捕まっても口を割らず、死んでも伝令としての役割を果たせる」と信頼を置かれた上での役目だと明かしたオギコ。

桓騎からの伝言を聞いた雷土は驚愕し、表情を一変させます。

苦戦している戦況でも時には無理をして攻撃を仕掛けなければならないと桓騎は考え、雷土に作戦を伝えることを決意。

作戦を知った雷土は後退りしながらも、軍を仕切り直ししようと動き始めます。

その時、「坊ちゃん」と呼ばれている趙国の兵を生け捕りにしたという話が雷土に伝わりました。

 

キングダム680話ネタバレ|飛信隊が作戦を開始!

その頃、飛信隊は変わらず影丘での戦いを繰り広げています。

趙国の厚い守備に対して、騎馬隊で対抗する信たち。

そして前話で出た王賁のアドバイス通り、地形の厳しい方から攻めるため崖を登る歩兵隊。

彼らはその険しい崖にたじろいでいる様子を見せていますが、飛信隊で長年活躍している崇源は信や河了貂を信頼して、ひたすら上へ上へと進んでいきます。

 

スポンサーリンク

まとめ


ここまで、2021年5月27日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム680話ネタバレ最新話確定【桓騎がついに動き出す!飛信隊も趙国撃破に向け険しい地形を進軍!】をご紹介しましたがいかがでしたか?

いよいよ桓騎が動き出しましたね!

策の細かいところはまだ分かりませんが、苦しい状況をあえて待っていたかのような事が言及されていましたよね!

これからどのように巻き返していくのでしょうか!?

以上、キングダム680話ネタバレ最新話確定【桓騎がついに動き出す!飛信隊も趙国撃破に向け険しい地形を進軍!】でした!

関連サイト:週刊ヤングジャンプ公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク