キングダム

キングダム682話ネタバレ【飛信隊と趙国軍が崖の上で遂にぶつかる!雷土が残酷な罠で龍白公を翻弄!?】

キングダム682話ネタバレ【飛信隊と趙国軍が崖の上で遂にぶつかる!雷土が残酷な罠で龍白公を翻弄!?】
スポンサーリンク
Pocket

2021年6月10日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム682話ネタバレ【飛信隊と趙国軍が崖の上で遂にぶつかる!雷土が残酷な罠で龍白公を翻弄!?】を紹介していきますよ。

やはり飛信隊はこの断崖絶壁を登る作戦に変更は無いようですね!

河了貂も特に奇策は無く、とにかく「最強」の歩兵たちを信じるのみでした。

この断崖を登り切った飛信隊は、間違いなく圧倒するような戦いぶりを見せるに違いないでしょうね。

それでは、2021年6月10日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム682話ネタバレ【飛信隊と趙国軍が崖の上で遂にぶつかる!雷土が残酷な罠で龍白公を翻弄!?】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

スポンサーリンク

キングダム682話ネタバレの考察


キングダム682話以降に起こりうる展開を考察していきます!

 

キングダム682話ネタバレの考察|羌礼がほとんど一人で圧倒?

崖登りの途中では羌礼の姿も出てきていました。

さらに登り切るまで力を温存するように言われていましたね・・・

諦めたと思った飛信隊がまさか登り切り、干斗たちがたどり着いた時には混乱するでしょう。

その混乱によって、これまで落石の計で崖が登れなかった飛信隊が比較的登りやすい場所からドンドン登れるようになります。

やはり歩兵に限って言えば、玉鳳隊にも楽華隊よりも強力な戦力ということ。

どんどん増える飛信隊でさらに混乱している中で登場する羌礼。

羌瘣と同じレベルかそれ以上の強さだと思われ、趙側からすればいきなり現れた得体の知れない敵。

祭というとんでもない戦いを経験した羌礼は、目の前に数の少ない丘上の趙兵は敵ではないでしょうね。

もしかすると、丘に布陣している部隊くらいはすぐさま殲滅出来るかもしれません。

 

キングダム682話ネタバレの考察|龍白公の息子はどうなる?

雷土は龍白公の息子をどのように使うのでしょうか?

間違いなくこれは桓騎の策であり、作戦を聞いた後で雷土が龍白公の息子捕まえたということみたいです。

ちなみに、龍白公将軍は現在雷土側の桓騎軍左翼と戦っていた武将です。

これまでの桓騎軍の行いを見ていると、重要人物が捕えられてまともな扱いを受けたことなど一切ありません・・・

龍白公が息子に対してどれほどの思いを持っているのか?

それによって作戦を変えるほどのものなのかは定かではありませんが、何か交渉に使われるのは確実と言えるでしょう。

とはいえ、龍白公の息子を捕縛できたことが偶然の出来事だったのであれば、事前に策を練れたものではなく偶発的な出来事を鑑みて考えた作戦となるでしょう。

または、雷土が桓騎の策を聞いた時に、その作戦遂行の為に役立てられると判断した可能性もありますね。

 

キングダム682話ネタバレの考察|桓騎は飛信隊が勝つと思っていない?

この戦いにおいて影丘がある左は本当に重要な場所です。

その為、王賁と李信という圧倒的な武力を持っている隊が任命されました。

とはいえ、王賁達の苦戦する様を見ているとさすがの飛信隊も勝つことは難しそうですね。

数的にも圧倒的に負けているのはもちろんのこと、立地に関しても相手の方が圧倒的に有利。

普通に考えると明らかに飛信隊は囮の可能性があります。

ただこ歴史上では桓騎軍が勝利することになっており、結末は判明しています。

考えられることとしては、左に相手の力を集中させることによって、中央もしくは右を攻めやすくするという可能性があります。

ただ、こんな普通な考え方を桓騎将軍がするとは思えません。

 

キングダム682話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

 

スポンサーリンク

キングダム682話ネタバレ


キングダム682話最新話の内容が判明しましたので、こちらに追記していきます。

ここから先はネタバレになりますので、注意してご覧ください!!

 

キングダム682話ネタバレ|崖を登り切った飛信隊歩兵たち!

飛信隊の汗斗が影丘の崖の頂上に手をかけ、ついに登頂します!

趙国の兵たちは次なる落石の計を仕掛けるために崖下を確認していますが、飛信隊が登ってこないとわかると気を抜いている様子。

しかしここで別の場所から登り切った飛信隊が登場!!

突然の飛信隊に趙国側は大きな混乱状態になり、そこを登頂したての汗斗たちが休むことなく攻撃を仕掛けます。

趙国のみならず、飛信隊の本軍も歩兵たちが崖を登り切ったことに驚いています。

飛信隊の歩兵たちは落石の計のために準備されていた岩を破壊し、まだ崖を攻略中の尾平ら他の兵たちに登りやすいルートを指示。

ここで趙国の兵たちが、飛信隊が崖を登ったことで疲れがあるだろうと見越して、一斉に攻めてきました。

飛信隊の歩兵たちが崖を次々と登ってくる中、趙国軍は数で対抗しようとしますが、地形が崖となっているため中々大軍を動かしにくい様子です。

崇源は崖の上の中央の狩場を目指して進軍するように指示を出します。

狩場の趙国兵をこちらに向かせることで信たち騎馬隊と合流する作戦を取りました。

 

キングダム682話ネタバレ|飛信隊の騎馬隊と歩兵隊が合流!

羌礼が崇源の指示を聞いて、馬上から狩場の方に目をやると、すぐ近くに狩場があることに気付きます。

干斗は早まるなと羌礼を制止しますが、もちろん聞くわけはなく、「私の可愛いお尻を追いかけてこい」と言いながら狩場に向けて趙国に攻め込んでいきました。

崇源は羌礼に続くように指示をだし、昴と尾平もそれに続きます。

歩兵隊の動きを確認した信も、ついに騎馬隊を動かしました!

その頃、趙国側の本陣には、歩兵隊が崖を上り切って狩場に進軍しているという情報が伝わり、それを聞いた本陣の趙国兵たちも流石に驚き圧倒されてしまっています。

羌礼は順調に趙国軍を薙ぎ倒しながら、ついに狩場に辿り着きました。

信に合図を出すよう尾平に命令する崇源ですが、信は既に全てわかっていた様子で、騎馬隊を率いて崖を登ってきています。

河了貂と番陽もこれには大歓喜。

崖を登り切った信たちは歩兵隊に「よくやった」と賛辞を送りました。

その一方でついに趙国将軍の岳白公も動きを見せます。

飛信隊が狩場に攻め込んでくるのを防ぐため、予備隊に動くように命を出しました。

まだまだ岳白公も余裕の表情です。

 

キングダム682話ネタバレ|雷土の罠

視点は右翼に陣取っている雷土に移ります。

龍白公が右翼にいる雷土軍に向け急いでいる様子。

これは罠ですと龍白公を制止する部下たちのことも無視して、ただただ進軍し続けています。

彼は息子が生まれた頃のことや、兄弟たちが息子のことを「才能がある」と言って微笑んでいた頃のことを思い返していました。

しかしそんな彼の前に、突如として息子の姿が!

息子はたくさんの槍が体に突き刺さった状態で磔にされているという残酷な状態。

龍白公は絶望に打ちひしがれます。

そんな龍白公のことを、雷土は「本当に罠にかかりにきた馬鹿」と言い、龍白公に向けて周囲から雷土の兵たちが襲いかかります!!!

 

スポンサーリンク

まとめ


ここまで、2021年6月10日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム682話ネタバレ【飛信隊と趙国軍が崖の上で遂にぶつかる!雷土が残酷な罠で龍白公を翻弄!?】を紹介しましたがいかがでしたか?

飛信隊が崖の頂上にたどり着いたことで、秦国側に大きく戦況が傾きそうな予感がします!

一方、雷土がかなり残酷な罠を仕掛けていますが、これが桓騎の作戦なのでしょうか?

以上、キングダム682話ネタバレ【飛信隊と趙国軍が崖の上で遂にぶつかる!雷土が残酷な罠で龍白公を翻弄!?】でした。

スポンサーリンク