弱虫ペダル

弱虫ペダル642話ネタバレ【杉元と川田がラストスパート!今泉が川田との過去を語る】

弱虫ペダル642話ネタバレ【杉元と川田がラストスパート!今泉が川田との過去を語る】
スポンサーリンク
Pocket

2021年6月10日発売の週刊少年チャンピオン掲載漫画弱虫ペダル642話ネタバレ【杉元と川田がラストスパート!今泉が川田との過去を語る】を紹介していきますよ。

ヒートアップする川田と杉元の戦いは、自制が効かないような状況まで陥りつつあります・・・

両者とも怪我無く無事にゴールまでたどり着いてほしいですが、もちろんしっかり杉元に勝利してもらいたいと思います。

このレースを見てキャプテン坂道は何を思うのか?

それでは、2021年6月10日発売の週刊少年チャンピオン掲載漫画弱虫ペダル642話ネタバレ【杉元と川田がラストスパート!今泉が川田との過去を語る】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<弱虫ペダル最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

弱虫ペダル642話ネタバレの考察


弱虫ペダル642話以降に起こりうる展開を考察していきます!

 

弱虫ペダル642話ネタバレの考察|考えられる最悪の展開とは?

左側通行というルールはご存知の通り、交通事故を防ぐためのもの。

このまま川田が右側を走って逆走すると、車と正面衝突して負傷もしくは最悪の場合は死。

杉元はルールを守って走っているものの、右側を走ってる川田を避けようとして接触という可能性もありますよね・・・

この場合は杉元も大怪我する可能性が高いですので、インターハイ出場が叶わないということになりかねません。

さらには、交通事故を起こすことで総北高校自転車部の責任が追及されて、インターハイ出場停止のような処分もあり得るので心配ですね。

 

弱虫ペダル642話ネタバレの考察|杉元が負けるフラグ?

普通であれば、このようなパターンだと杉元が確実に圧勝しますが、どうも勝つとは思えない雰囲気が漂っています。

何が起こるか分からないですが、しっかり差をつけて勝利しなければ負けに等しいです。

同時のタイミングで山頂に到着したパターンだと、負けたわけではないので、特に敬うこともなくこれまで通りだという感じになりそう。

さらに杉元がもし負けてしまって、手嶋から受け継いだジャージが川田に奪われるということになれば、部内の雰囲気が最悪になるでしょうね・・・

 

弱虫ペダル642話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

スポンサーリンク

弱虫ペダル642話ネタバレ


弱虫ペダル642話最新話の内容が判明しましたので、こちらに追記していきます。

ここから先はネタバレになりますので、注意してご覧ください。

 

弱虫ペダル642話ネタバレ|雑草魂を見せる川田

川田は対向車線にはみ出すというルール違反を犯しながら杉元を突き放していきます。

段々と足の筋力にも限界を感じ始める川田。

しかしそれでも「絶対に負けない」という気迫を全面に押し出していきます!

自転車だけではなく、テニスにおいても負け続けてきた・・・川田はその時の悔しさ、悲しさ、焦りを全て自分で背負って戦ってきたという自負があります。

これまでの辛かった経験に比べたら今の痛みなんてどうってことないというように、ひたすら自転車を漕ぎ続けます。

自分は雑草であり、踏まれて千切られて強くなると川田は語ります。

 

弱虫ペダル642話ネタバレ|杉元と川田のぶつかり合い

川田は坂をひたすら加速していきます。

本峰山のラストにあるこの坂はコースの中でも最大斜度となっているのに、それを物ともせず加速する川田に杉元も流石に驚きます。

ゴールまで500メートル。

杉元もついに本気を出します。

下りは体を伏せ空気抵抗を限りなく少なくし、登りは一気にペダルを踏み込みます。

本気のラストスパートで杉元はついに川田を射程圏内に。

「もうルールを破らないと誓え!!」と叫ぶ杉元。

追いつかれて冷静な川田ですが、杉元の叫びを無視してまたも反対車線にはみ出しルール違反の走りをしてしまいます。

彼が冷静だったのは、ルールを無視して反対車線を走ればまた差を広げられることがわかっていたから。

杉元は川田の振る舞いに激昂。

コーナーは残り3つ。

「何があっても必ず追い抜かす!!」

「必ず勝つ!!」

杉元と川田の気迫がぶつかり合います。

レースはついに残り300メートルを切っています。

 

弱虫ペダル642話ネタバレ|川田の武器は負けず嫌いな性格?

その頃、今泉が鳴子に川田との出会いを語っていました。

今泉よりも1日早く入部した川田は、先輩たちに挨拶を終えて今泉の元へやってきます。

この時、今泉は川田のことをガン無視していたと言います。

強気な川田はそれでも今泉に話しかけ続け、今泉の通る道を塞いででも話しかけ続けます。

それでも無視を決め込む今泉の手を無理矢理握った川田は、最大の握力で握りながら「無視するな」と脅してきたと言います。

その後も川田はどうすれば上手くなるか、どうすれば早くなるか、強くなるかということを聞くために今泉に絡み続けたようで、あまりのしつこさに根負けした今泉は一つだけ彼にアドバイスをしたそうです。

「もしゴール前まで勝負をもつれさせることができたなら、お前の負けず嫌いは最大の武器になる。」

 

スポンサーリンク

まとめ

ここまで、2021年6月10日発売の週刊少年チャンピオン掲載漫画弱虫ペダル642話ネタバレ【杉元と川田がラストスパート!今泉が川田との過去を語る】をご紹介しましたがいかがでしたか?

ひたすらルール無視をし続ける川田ですが、とりあえず2人とも交通事故なく走り切って欲しいです。

そして今泉と川田にそんな過去があったんですね。

川田がこんなにヒール役になってしまったのは周りのせいでもあるのでは・・・と思ってしまいました(笑)

以上、弱虫ペダル642話ネタバレ【杉元と川田がラストスパート!今泉が川田との過去を語る】でした!

スポンサーリンク