キングダム

キングダム684話ネタバレ【亜花錦の作戦で巻き返していく飛信隊!白岳公がいよいよ出陣?】

キングダム684話ネタバレ【亜花錦の作戦で巻き返していく飛信隊!白岳公がいよいよ出陣?】
スポンサーリンク
Pocket

2021年7月1日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム684話ネタバレ【亜花錦の作戦で巻き返していく飛信隊!白岳公がいよいよ出陣?】を紹介していきますよ。

龍白公と雷土の戦いはまさに互角ともいえる展開で、龍白公は死んだものの雷土も捕虜として捕まりました・・・

影丘の戦いにおいても、玉鳳隊の亜花錦が登場したことによって、一気に決着がつく可能性も高まってきましたね。

それでは、2021年7月1日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム684話ネタバレ【亜花錦の作戦で巻き返していく飛信隊!白岳公がいよいよ出陣?】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<キングダム最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

キングダム684話ネタバレの考察


キングダム684話以降に起こりうる展開を考察していきます!

 

キングダム684話ネタバレの考察|亜花錦の実力が凄い?

亜花錦はというと、王賁が朱海平原で出会った人物。

最初は父親でもある王翦の第一軍において、亜光軍の中にいた千人将でした。

何と言っても、戦局を見極める視野の広さや度胸はまさにトップクラスであり、王賁が亜花錦に救われる場面も見られます。

玉鳳隊に移籍してからは三千人将にまで成長しており、その実力をいかんなく発揮し始めています。

命令無視をする可能性もある亜花錦ですが、あえて統率を緩める事によって自由が利くことが王賁軍の戦力を向上させていると言えます。

恐らく今回の右から上げていく展開も、亜花錦の自由意志で今のタイミングだったことでしょう。

間違いなくこの影丘での戦いを左右する人物でしょうし、岳白公軍に大きな痛手であることは間違いないでしょう。

 

キングダム684話ネタバレの考察|玉鳳隊と飛信隊の共闘

地形的に圧倒的有利な場所ということで、岳白公が一方的な戦いを展開してきました。

しかし、飛信隊が左の急斜面を登りきったところから形勢が傾き始めました。

ここにきて亜花錦の部隊が登場し、一気に岳白公はピンチに陥りそうですね。

これまでの地理的優位が消滅し、逆に崖を背にした不利な状態で李信と亜花錦の挟撃を食らう形です。

亜花錦と李信の共闘は予想してなかったと思いますので、岳白公も作戦の転換が必要になるでしょう。

兵士がこれまでの優位から、逆境に陥りながら戦うのでは士気も大幅に下がっていきます。

玉鳳隊と飛信隊がどのような連携を見せながら戦うのか、非常に気になるところですね!

 

キングダム684話ネタバレの考察|オギコが大活躍?

オギコの姿は見えませんが、雷土が捕まり雷土軍も壊滅状態。

つまり、右翼軍は雷土を失い戦力ダウンしており、伝令のオギコを残しておくという選択肢も大いにあり得る話だと思います!

龍白公については雷土が倒したので、大きな武将もいない状況ですから、オギコでも十分に勝算はあります(笑)

ただ、なにをしてくるかは本当に予想ができませんから油断は禁物。

個人的にオギコが大活躍を見てみたい気もするので、今後の作戦において活躍の場がたくさん見られるかもしれませんよね!

 

キングダム684話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

スポンサーリンク

キングダム684話ネタバレ


キングダム684話最新話の内容が判明しましたので、こちらに追記していきます。

ここから先はネタバレになりますので、注意してご覧ください。

 

キングダム684話ネタバレ|亜花錦と王賁の作戦

684話は回想から始まります。

王賁と亜花錦は影丘での苦しい戦いを巻き返すために、挟撃をする作戦を検討していました。

亜花錦は王賁の反対側から崖を登り、騎馬隊として待機。

王賁側も崖を登ったところに拠点を築き、そこを攻めの起点にしながら攻め込んでいくというものです。

しかし亜花錦としては、騎馬隊を連れて秘密裏に登るには最低でも3日かかるという話を王賁にしていました。

さらに亜花錦は、登っていくポイントについても深く考えます。

趙国兵にバレないよう慎重に3日で登り切った亜花錦ですが、なんと彼は玉鳳隊と趙の戦いを崖の上から見ているだけ。

あわや全滅と思われた玉鳳隊を助けにいきましょうという部下の声も徹底的に無視。

亜花錦は自分たちがここに潜んでいることが、趙国を打ち倒すために何よりも重要なことだとわかっていたのです。

そこに飛信隊が現れ、亜花錦が登場したというわけでした。

 

キングダム684話ネタバレ|亜花錦が森の中へ

番陽が亜花錦が王賁たちを助けなかったことに納得がいかない様子ですが、河了貂は亜花錦をこう評価します。

「信じられない男」か、「戦術を深く理解している天才か」

しかしそれは、趙国との戦を見れば明らかに後者だと分かります。

突如として出現した亜花錦部隊ですが、すぐに森の中へ姿を消してしまいます。

趙兵もすぐに追いかけるものの、彼らは歩兵隊であり、騎馬隊の亜花錦たちに追いつけるわけもありません。

その様子を見て、飛信隊の中には亜花錦たちが逃げたと批判する者も現れますが、それは違います。

趙国にとって見れば、飛信隊の逆サイドに強力な敵が現れたなら、そちらにも戦力を割かなくてはいけません。

 

キングダム684話ネタバレ|白岳公がいよいよ出陣?

この策のおかげで、飛信隊もようやく勢いを取り戻し、羌礼や信たちが押し返していきます。

羌瘣も逃げようとする敵を薙ぎ倒し、いよいよ飛信隊は趙国に切り込むことができそうです!!

そしていよいよ白岳公も自身が前線に打って出ようと準備を開始。

今回はここまで!

 

スポンサーリンク

まとめ


ここまで、2021年7月1日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム684話ネタバレ【亜花錦の作戦で巻き返していく飛信隊!白岳公がいよいよ出陣?】をご紹介しましたがいかがでしたか?

いよいよ秦国のターンになりそうですね!!

白岳公も準備を始めたということで、信との一騎打ちになるのでしょうか?

以上、キングダム684話ネタバレ【亜花錦の作戦で巻き返していく飛信隊!白岳公がいよいよ出陣?】でした!

関連サイト:週刊ヤングジャンプ公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク