キングダム

キングダム687話ネタバレ最新話確定【桓騎が思わぬ作戦を展開!岳白公の強さの秘密は?】

キングダム687話ネタバレ最新話確定【桓騎が思わぬ作戦を展開!岳白公の強さの秘密は?】
スポンサーリンク
Pocket

2021年7月29日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム687話ネタバレ最新話確定【桓騎が思わぬ作戦を展開!岳白公の強さの秘密は?】を紹介していきますよ。

雷土が予想通り、拷問された末に死んでしまいましたね・・・

そろそろ桓騎に動きがありそうな感じもしますが、飛信隊の快進撃とリンクした動きになってくるのか注目ですね!

桓騎が行う首切りがいつ実行されるのか気になるところ。

それでは、2021年7月29日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム687話ネタバレ最新話確定【桓騎が思わぬ作戦を展開!岳白公の強さの秘密は?】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

この記事で分かる事

スポンサーリンク

キングダム687話ネタバレ最新話の考察


キングダム687話以降に起こりうる展開を考察していきます!

 

キングダム687話ネタバレ最新話の考察|桓騎に弱点はある?

桓騎は何を狙っているのか・・・

扈輒は桓騎と直接勝負をしたことがないので、「頭の良い将軍」という印象しかないので多少の恐れもあるのでしょう。

これまで扈輒将軍が黒羊における桓騎の非情と呼べる異常な策を講じていたのを見ていれば、その印象も多少は変わっていたはずでしょう。

李牧はその黒羊にて桓騎の行動を目の当りにしており、それによって弱点を掴む事が出来ました。

弱点を見つけるのにた慶舎大将軍をも犠牲にする徹底ぶりでしたからね。

扈輒は今の段階では趙軍が勝つことを疑っていませんし、大きな敗北も無い状態です。

しかし、雷土への拷問を見る限りでは不穏な空気を多少は感じているようですね・・・

果たして、李牧が見つけた桓騎の弱点を突くことができるのでしょうか?

 

キングダム687話ネタバレ最新話の考察|桓騎のペースになる?

今までの桓騎の戦いを見れば、正攻法を使わないのは間違いないです。

大きなものでも異質極まる勝負に出ており、その主な成績としては山陽で敵兵に扮して廉頗四天王の玄峰を討ち取りました。

さらに、山陽介子坊を山で翻弄させて総大将の白亀西を裏から討ち取るという大活躍も見せています。

このように、過去の戦いにおいて戦術を駆使した真っ直ぐな戦を仕掛けたことはありませんので、今回もいつの間にか桓騎のペースに飲み込まれるでしょう。

黒桜と本軍を使って通常の武力で扈輒本陣に攻め込むとは到底思えません。

なので、桓騎の考える突破口、作戦は全く別のものであり、すでに扈輒将軍がそれにハマっているかもしれないのです!

 

キングダム687話ネタバレ最新話の考察|岳白公の強さの秘密が明かされる

羌礼が岳白公と戦った時に、「不思議な体術使い」と言っていましたよね?

蚩尤だからこそ分かる雰囲気なのか・・・

岳白公は趙に受け継がれた体術や古武術を駆使した将軍であっても不思議ではありません!

普通の人間が一振りで馬や人を一気に吹き飛ばすのは、人間技とは思えないような戦いぶりですからね(笑)

李信と一騎打ちになれば、その戦いを通してその強さの理由も明らかになるでしょう。

 

キングダム687話ネタバレ最新話の考察|扈輒軍の本陣はどこ?

扈輒軍の本陣が平陽なのか、それとも武遂なのかが気になるところですね。

仮に雷土が拷問された場所が平陽であれば、すでに平陽が陥落している考察はあり得ません。

平陽にくらべて可能性は低いですが武遂という場合もあるでしょう。

そうなれば、史実通り扈輒将軍が桓騎に討たれる流れになっていると思います。

しかし、史実を鑑みて考察すると、首斬り桓騎へこの後発展すると考えた場合、扈輒本陣は平陽であり、雷土が死ん後に扈輒将軍が武遂に呼ばれて討ち取られるのではないでしょうか?

 

キングダム687話ネタバレ最新話の考察|桓騎が作戦変更?

オギコから桓騎の策を聴いていた雷土。

その雷土が相手の武将首である龍白公を討ったのは想定内だったのか?

いなくなった事で確かに桓騎軍としては少し楽になるのかもしれませんが、雷土が生け捕りにされたということは、策が漏洩した可能性を示唆します。

なので作戦遂行そのものに穴があいたのは確実。

そもそも桓騎の策がどういうものなのか分からないですが、誰も想像していなかった方法で相手大将を討つような策なのかもしれません。

桓騎将軍は雷土が拷問されて死んだと聞いてどう動くのか?

作戦変更などに注目です。

 

キングダム687話ネタバレ最新話の考察|関常は生きている?

関常はが戦死している可能性については捨てきれません・・・

関常が生きていて最初から別動隊として動いていてるのであれば、玉鳳隊が危機に陥った時に迷わず救出を最優先するでしょう。

亜花錦の場合では、崖上に到達するまでに3日も時間をかけ険しい道のりを踏破しています。

ですので、亜花錦が玉鳳隊の危機を救うとしても、騎馬の多い亜花錦隊では同じ道のりで3日かかることは確実でしょう。

ということから亜花錦としては簡単に崖の下に戻らなかったのかもしれません。

しかし、ご存知の通り亜花錦隊では関常は登場しておらず、別動隊ということは確定しています。

関常の進むルートが平坦な道だとしたら、間違いなく玉鳳隊の危機に駆け付けたことでしょう。

それでも現れないということは、やはり何か良からぬことが起きていたのか・・・

 

キングダム687話ネタバレ最新話の考察|さらなる武功を挙げる李信

王賁と李信の2人はやはりライバルであるものの、これまで数々の戦場や修羅場を経験しており、お互い認め合っているように感じました。

当初は飛信隊をバカにしていた番陽ですらも飛信隊、そして李信を認めているようです。

そんな王賁が瀕死状態になりながらも、李信に助言をしていました。

この王賁の言葉を李信が無駄にするはずが無いでしょう。

完全に油断している岳白公軍に対して圧勝してくれることだと思います!

飛信隊の戦闘力もかなり向上しているようなので、飛信隊はここでもさらなる武功を挙げてると思います。

 

キングダム687話ネタバレ最新話の考察|千斗がこの戦いで急成長?

崖上での戦いは、羌礼の活躍が目立っていましたが、同じくらい千斗の活躍も大きいと思います。

羌礼の実力についてはこれまで予想していた通りなので驚きはないですが、干斗がここまで成長してさらに覚醒する兆しが見られますね!

干斗は飛信隊に対して思い入れが強く、さらには亡き松左から意思と槍を受け継いでいます。

李信が王騎に矛、そして麃公に盾をもらったように、松左も干斗に何かを見出していたからこそ。

果たしてどんな展開が待っているのでしょうか!

 

キングダム687話ネタバレ最新話の考察|ついにゼノウ軍が現れる?

桓騎将軍はこれまで摩論に何かを話していた描写がありました。

ということは、大きく動き出す指示を出したと考えるのが普通。

また今までの戦いでは桓騎軍の中で最も暴力的で、最も強いとされているゼノウ軍が登場していません。

ゼノウ軍の実力派分からないですが、そのゼノウ軍がどこかに加勢することができれば今回の戦の勢力図が大きく変化し、勝利が見えてくるのかもしれません。

ゼノウ軍と飛信隊には共通点があり、それが歩兵の軍の強さが最強クラスということ。

もしかすると飛信隊の歩兵すら超えるかもしれません・・・

そのような軍が投入されれば、いくら地形で有利だとしても関係なくなりますからね!

これで全体的にも勝利が見えてくるのではないかと考えられます。

 

キングダム687話ネタバレ最新話の考察|扈輒将軍の身内が人質?

桓騎将軍は扈輒将軍の家族を狙っていてもおかしくないでしょう。

平陽または武城に扈輒将軍の身内がいる可能性が高いですからね!

桓騎将軍ならそのような作戦を使う可能性もあるのかもしれません。

ただ、この作戦については扈輒将軍は趙の軍総司令という立場なので、例え自らの家族の命と引き換えになってもこの戦いで負ける訳にはいかないと考えるはずでしょうから、交渉材料としては少し弱そうです。

家族を人質に取られて屈するような気持ちでは、総司令のポジションは務まりません。

 

キングダム687話ネタバレ最新話の考察|扈輒将軍の自信が裏目に?

蜘蛛の巣の如くワナを張り巡らせる慶舎は、万全の戦いができると自負していることでしょう。

そんな相手に「最終的に俺の手のひらで踊ってクソを漏らす」と言い放った桓騎将軍。

この状況下においてもこう言える理由があるはずです。

扈輒将軍は前線でも活躍していていた猛将。

それ故、桓騎軍を仕留める自信は間違いなくあり、自信過剰になっている可能性も。

その自信が桓騎から見ると付け入る弱点と言えるかもしれません。

 

キングダム687話ネタバレ最新話の考察|桓騎将軍の回想シーンがある?

一応、桓騎軍の軍師を務める魔論。

しかしながら、その言葉は全く無視して作戦を続行し焦っていますが、雷土は桓騎軍の基本姿勢はどんな相手だろうが兵力差があろうが「戦って勝つ」ただそれだけと言いました。

確かにこれまで、奇策が功を奏して勝利を続けてきた桓騎軍ではありますが、魔論の言う通り今までとは戦いの規模が違うのも事実。

そもそも桓騎将軍が戦において考えている事、それが何の為なのか?というのは雷土にも分からないようです。

とにかく結果を出し続ける桓騎将軍を信じて、ここまでついてきたわけです。

しかし、桓騎将軍の側近と思える雷土ですらも桓騎将軍という男の「怒り」というものの本質については理解していないと思います。

ですので、このあたりで一度桓騎将軍に関する回想シーンが入ると予想します!

 

キングダム687話ネタバレ最新話の考察|扈輒が討たれる

扈輒と桓騎の戦いというのは、史実にも残る有名なものです。

それに、桓騎が10万の趙兵の首をはねたという行為もこの戦。

ということからも、この戦の勝敗は史実に従うのであれば、桓騎軍の勝利が確定しています。

どのように史実では桓騎が扈輒を討ち取ったのかというと、おびき出しに成功して討ち取ったようです。

また、この敗北によって趙の幽繆王はそれまで北で匈奴と戦っていた李牧を呼び寄せる事態に発展します。

影丘の桓騎の様子を見ている限りでは、扈輒のおびき出しによる「扈輒討ち」の策がすでに進んでいるのは間違いなさそう・・・

 

キングダム687話ネタバレ最新話の考察|魏・楚でも六大将軍に対抗する枠組みが誕生?

魏といえば、魏火龍という称号がありましたよね。

もともと一世代前は、魏火龍七師と呼ばれており、強い武将が多かった時代があったようです。

魏火龍の称号を持つ武将が7名もいて、十分に六大将軍に対抗できると思われますが、現在の魏において有力な武将は少ないです・・・

有名どころでは、呉鳳明・凱孟・乱美迫の3人といったところでしょうか?

また、楚においても新たな地位が創設される可能性はありますよね。

楚についてはかなりの大国ですので、人材難という点については問題無さそう。

ということから、楚でも武将の新たな称号が創設されるかもしれません。

楚のような大国であれば、5人くらいの大将軍を組織してもおかしくないです。

項燕・満羽・千斗雲・玄右・項翼あたりが有力でしょう。

 

キングダム687話ネタバレ最新話の考察|羌瘣と李信は結婚する?

羌瘣は想いを伝えましたが、2人の間柄はまだまだ発展途上でしょう。

ラブストーリーとしては一旦「おあずけ」といった感じではないでしょうか?

それに、羌瘣自身も好きという感情に実感が無いようで、今はそれ以上は求めていないようでした。

すぐに結婚への発展は残念ながらあり得ないでしょう。

とはいえ、羌瘣が李信の子供を産みたいという爆弾発言をしていることを考えると、長期的に見れば2人は結婚するとは思います。

タイミングについては、秦の中華統一後、または李信が大将軍になった時ではないでしょうか。

 

キングダム687話ネタバレ最新話の考察|趙を制圧した後の展開はどうなる?

このまま順調に行けば趙を滅ぼせることは、史実でも明らかになっています。

それによって秦としても、天下統一に向けての動きが加速していき、次の国を侵略開始することになるでしょう!

ではどこの国を攻める可能性が高いのでしょうか?

個人的な考察では、隣接している韓である可能性が高いと考察します。

そもそも、魏とは鄴攻略において同盟のように戦った関係なので、このタイミングで攻撃をする可能性はかなり低いと思います。

また、燕と斉に至っては直接隣接してないことから、遠征することが難しいでしょう・・・

とにかく、まずは隣接している趙を安定させ、長期的に統治していく事が最優先でしょうね。

これらの理由から消去法で、次に攻める国は韓ということになります!

 

キングダム687話ネタバレ最新話の考察|昌平君は楚に戻るのか?

秦国で現在司令塔として活躍する昌平君は、元々は楚国の出身で、人質として秦にやってきています。

昌平君が秦に来たことが自身の意思ではないことから、彼はいずれ楚国に帰ってしまうことも考えられるのではないでしょうか?

現に、史実の昌平君は紀元前266年に秦を出て、楚に帰国しているんです。

趙国との戦が始まる際には、何やら考え込んでいるような表情がありましたが、キングダムでの昌平君はこれからどんな行動を見せるのでしょうか。

秦国の司令官を務めているため、昌平君が抜ければその穴を埋める存在も必要になってきます。

昌平君の今後の動きは要チェックです!!

 

キングダム687話ネタバレ最新話の考察|ツイッターの感想・予想


 

スポンサーリンク

キングダム687話ネタバレ最新話の確定速報


キングダム687話最新話の内容が判明次第こちらに追記していきます。

次回のキングダムはヤングジャンプ発売日の週の火曜日、水曜日には確定するかと思いますので、こちらのページをブックマーク等をして再度訪問ください。

 

スポンサーリンク

まとめ


ここまで、2021年7月29日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム687話ネタバレ最新話確定【桓騎が思わぬ作戦を展開!岳白公の強さの秘密は?】をご紹介しましたがいかがでしたか?

雷土の死がきっかけになり、扈輒将軍は討たれる可能性が高まりました・・・

桓騎将軍の作戦が判明していないので、どのような展開になるのか分からないですが、間違いなく側近である雷土を殺された怒りによって暴走するでしょう。

以上、キングダム687話ネタバレ最新話確定【桓騎が思わぬ作戦を展開!岳白公の強さの秘密は?】でした。

スポンサーリンク